Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

お散歩マニア

【奥久慈りんごの焼きたてアップルパイ 豊年万作】

JUGEMテーマ:スイーツ


ゴトンゴトン・・・


ゴトンゴトン・・・


今日は、待ちに待ったお休みの日です。

ゆっくりと水郡線に揺られて、
ケルくんたちがやってきたのは・・・

豊年万作1.jpg

大子市にある、袋田駅!

「着いたクマ〜」

「空気が綺麗で、気持ちがいいな!」


温泉蕎麦屋袋田の滝と、
ケルくんが大子市を訪れるのは、初めてではありません。

やっと講演会の日程を終了したウメッピと、交通量調査を終えてクタクタのケルくんは、温泉に入って体を休めるべく、大子の地へとやってきたのでした。

豊年万作2.jpg

早速、袋田の滝までの道を、とことこと歩き始めたケルくん。

「この前来たときは、滝のライトアップがすごかったクマ!」

「そうだったな!
 ケル坊が、売店の団子を食べ尽くした時の、アレな・・・」

豊年万作3.jpg

歩いていたケルくんの鼻が、突如
ピクピクと動き始めました。

「むむ!? この匂いは・・・」

ケルくんは、すんすんと鼻から大量に空気を吸い込みながら
道の端に吸い寄せられていきます。


「ケル坊、どうした??」

見ると、ケルくんは温泉旅館の看板の前で立ち止まっています。

「なんだ? 確かに甘い匂いが漂っているな」

豊年万作4.jpg

「あっ!」

看板の隣にある小さな小屋に、小さく『アップルパイ』の文字!!

豊年万作5.jpg

『せせらぎ屋』と書かれた、小さな木造の小屋
豊年万作6.jpg

小さく可愛らしい売店の中では、
オーブンから取り出されたアップルパイが、パックに詰められる作業中です。

「すごいクマ! お団子と鮎の塩焼きだけじゃなくて、
 アップルパイまで売っているクマ!?」

「そういえば、奥久慈りんごは大子の特産品だったな」

豊年万作7.jpg

「やや!? ケル坊、これを見ろ!!」

「王様のブランチ!?」

テレビで紹介された、という貼り紙に、
ミーハーなウメッピのテンションも急上昇です。

豊年万作8.jpg

「早く買おうぜ!! 店主、1つ頼む!」

「はいよ〜」

豊年万作9.jpg

「おお・・・ これは、旨そうだな!!」

パックに入った四角いアップルパイは、まだ温かい状態です。

豊年万作10.jpg

蓋を開けると、こんがりとした分厚いパイが4つ、
行儀よく並んで顔を出しました。

豊年万作11.jpg

パリパリ

ザクッ・・・


ジュワッ


バターの香りのパリパリした皮の中には、ジューシーな厚切りりんごがたっぷり!

「うま!!!」

「これは、旨い!!!」

豊年万作12.jpg

「これなら、いくらでも食べられそうクマ〜!」

あっという間に、4切れのパイを食べてしまったケルくんたちは
おかわりを求めて、売店に走ります。

「あと5パック下さいクマ!!!」

お給料が出たばかりのケルくんは、少し強気です。


しかし・・・

「ごめんねえ、さっき売り切れちゃったわ〜」

「!!!!!!」


売店の前で、口の周りにパイくずをつけたまま
数分を争う競争社会の厳しさに、打ちひしがれるケルくんだったのでした。


〈大子編 つづく!〉


 ◆◆◆


アップルパイは毎朝売店の中のオーブンで、数量限定で焼かれている
豊年万作13.jpg

休日は行列ができることもあり、すぐに売り切れてしまう
豊年万作14.jpg

見落としそうな小さな小屋だが、道沿いにあり『豊年万作』の看板が目印
豊年万作15.jpg

『豊年万作』は、袋田の滝のそばにある温泉旅館だ
豊年万作16.jpg

日帰り入浴で、効能豊かな袋田温泉につかることができる
豊年万作17.jpg


袋田の滝入口から3分のところにある温泉旅館の
駐車場の一角で営業しているアップルパイ屋さん

奥久慈りんごの自家製アップルパイ
1個(4カット)650円

美味しい大子のりんごとバターをたっぷり使用して
毎日数量限定で焼き上げられるアップルパイ

午前中でほぼ売れてしまうので、
焼き立てを食べたい&確実に買いたい場合は、早めの来店が◎


館内にはカフェ&ライブラリーや、効能豊かな袋田温泉もあり
温泉は日帰り入浴も可能で、ゆったりくつろげる
(日帰り入浴は10:00〜16:00)


【滝味の宿 豊年万作 (たきみのやど ほうねんまんさく)】

アクセス:茨城県久慈郡大子町袋田169-3
(車)常磐自動車道「那珂IC」より国道118号線で50分
(電車)常磐線「水戸駅」から水郡線で「袋田駅」まで約75分、駅から2km


販売時間:朝8時に焼き上がり〜売り切れるまで

日帰り入浴料金:大人 1,000円、小学生〜 700円、2歳〜幼稚園 500円

TEL:0295-72-3011
http://www.fukuroda.co.jp/index.html
 
記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.05.26 Monday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback