Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

爽健美マニア

【大子温泉 森林の温泉】

JUGEMテーマ:日帰り温泉


大子編 その2


〜 前回のあらすじ 〜
久しぶりに休暇のとれたウメッピと、交通量調査のお給料を受け取ったばかりのケルくんは、温泉に入って疲れを癒すべく大子の地に降り立った!
大子の特産である奥久慈りんごのアップルパイを堪能した2匹が次に向かったのは・・・



「ふう、ふう・・・ 大分歩いてきたクマ〜」

「確か、ここら辺に・・・ おっ!ここか!?」


袋田の滝でマイナスイオンをたっぷりと浴びた後、
山道をとことこ歩いて、坂道を登ってきたケルくんたち。

目の前に現れた建物からは、何やら ほこほこと湯気が立ち上っています。

森林の温泉1.jpg

「車がたくさんクマ〜」

「こんだけ広い駐車場が満車になるとは・・・ なかなかやるな!」

森林の温泉2.jpg

「ケル坊! 早速オレたちも、ひとっ風呂浴びてこようぜ!!」

てぬぐい片手に、そわそわと浮き立つウメッピ。


「えぇっ!! ここは、お風呂屋さんなのかクマ!?」

「今知ったのかよ!!
 何を目指して歩いてるつもりだったんだよ!!!」

森林の温泉3.jpg

「じゃあ、早速汗を流させてもらうクマ!!」

「ま、待てケル坊!! これをよく見ろ!!」

「?」

ケルくんは、『営業のご案内』と、時計を交互に見ているウメッピに首を傾げます。

森林の温泉4.jpg

「休日料金だと1,000円だが、17時からだと半額の500円になるぞ!!」

「ウメさん、やり手の主婦みたいクマ〜」

森林の温泉5.jpg

割引料金に切り替わる17時まで、あと30分をきっています。

ケルくんたちは、温泉に入るまでに館内で時間をつぶすことにしました。


「たのもー!!!」

 
ガーッ


自動ドアの向こうには、なんともローカルな光景が広がっていました。
和やかで、とても落ち着く雰囲気です。

森林の温泉6.jpg

100円リターン式の、良心的な靴箱ロッカー
森林の温泉7.jpg

館内ロビーは、大子の特産物の直売所も兼ねており
入湯の際はフロントで料金を支払う

森林の温泉8.jpg

直売所で、奥久慈りんごが、残り1袋なのを見つけたケルくん。
脳裏に蘇る、アップルパイ売り切れの悪夢・・・

森林の温泉9.jpg

大子の特産品といえば、こんにゃくも有名である
森林の温泉10.jpg

他にも、お茶やお米、野菜などたくさんの特産品が並ぶ
森林の温泉11.jpg

「お魚さんたちも、水中で気持ちよさそうクマ〜」

「おっ! そろそろ17時だぜ!!」

待ちに待った時間がやってきて、ケルくんたちは
握り締めていた500円玉を、フロントのおじさんに渡しました。

森林の温泉12.jpg

温泉の入り口には、赤いのれんと青いのれん。

「僕は、紋章と同じ色を・・・ ・・・!」

思わず赤いのれんをくぐりかけたケルくんの脳裏に、
再びよぎる悪夢・・・

森林の温泉13.jpg

「おーいケル坊、何してんだ! 早く入ろうぜ!!」

「デジャヴュだったクマ! 危ない危ない・・・」

「???」

すんでのところで、
ケルくんは無事、青いのれんをくぐることができたようです。

森林の温泉14.jpg

それぞれ、ポシェットや刀、花飾りなどを脱衣ロッカーに預けたケルくんとウメッピは、湯気の もうもうと立ち込める大浴場へとやってきました。

「あっ! あっちに、露天風呂があるクマ!!」

森林の温泉15.jpg

ガラス戸の向こうに露天風呂があるのを見つけたケルくんは、
大喜びで、とっとこと走っていきます。

やはり、温泉といえば露天風呂、そこは譲れないのです。

森林の温泉16.jpg

「あれっ!? ウメさん、いつの間にここに・・・」

「ケル坊よ、まだまだ甘いな!!」

大事な、頭の花飾りが紛失しないか心配で、何度も鍵を確かめ、
ケルくんより後に脱衣所を出たはずのウメッピが、打たせ湯からドヤ顔をしています。

「す、素早いクマ・・・」

森林の温泉17.jpg

「気持ちがいいな!」

「生き返るクマ〜」

木々の緑を眺めながら入る温泉は、格別です。

森林の温泉18.jpg

大露天風呂は、いくつもあり、隣の人も気にならない広さ
森林の温泉19.jpg

「こりゃあいいな・・・ 絶妙な湯加減だぜ」

文字通り羽を伸ばして、ウメッピもご機嫌です。

森林の温泉20.jpg

「今度は、こっちのお風呂に入るクマ!」

いい気分で、長唄『勧進帳』の練習を始めたウメッピを残して、ケルくんは
あちこちのお風呂を行ったり来たり。

森林の温泉21.jpg

「大自然の中で、温泉につかっていると
 心が満たされていくようクマ〜」


ググ〜


「そういえば、おなかが満たされていないクマ・・・」

森林の温泉22.jpg

ケルくんは、ダムが決壊したようにぐうぐう鳴るおなかを抱えて
ごぼごぼとお湯の中に沈みました。

(温泉に入ったまま、
 おなかいっぱい食べられたらいいのにクマ〜)


ゴボゴボ・・・


そろそろ長唄のクライマックスに差し掛かったであろうウメッピに、
食事処に行く提案をしようと、ケルくんは、お湯から顔を出しました。


ザバッ


「・・・あれれ!?」


ケルくんの目の前に 突如現れたのは、
ぷかぷかと浮かぶ、たくさんのりんごたち・・・

「こ、これは・・・ 食べ放題クマ!?」

森林の温泉23.jpg

ケルくんは、夢中になってかき集めると、りんごをかじります。

「甘くって、美味しいクマ〜!!!」

ぷかぷか流れてくるりんごに、腹ペコだったケルくんは大喜び!


しかし、後から後から、どんどん押し寄せてくるりんごたち・・・
次第に、ケルくんの居場所がなくなってきました。

「えっ! さすがにここまでは・・・」

りんごで埋め尽くされていく大浴場。

さらに、温泉の温度がぐんぐん上がっていき、
やがてグツグツと煮えたぎるような熱さへと・・・

森林の温泉24.jpg

「う、う〜ん・・・
 りんごは、もう食べられないクマ〜」

「ケル坊! しっかりしやがれ!!」


気が付くと、そこは広々とした休憩室。

おなかが空きすぎて、あのまま露天風呂に沈んでいたケルくんは、
すっかりのぼせて茹でダコのようになり、
間違ったりんご風呂の夢に、うなされていたのでした。


「な〜んだ、夢だったのかクマ〜」

ほっとしつつも、『温泉でりんご食べ放題』が夢だったことを、
ちょっぴり残念に思ったケルくんだったのでした。

森林の温泉25.jpg


その頃、女湯では・・・

森林の温泉26.jpg


(大子編 さらにつづく!)



 ◆◆◆



売店の隣には、大広間の休憩所があり、自由に使用できる
森林の温泉27.jpg

大子の雄大な自然を眺められる、人気の大露天風呂
森林の温泉28.jpg


森の中にある、大子町営の温泉保養センター
森林の温泉と書いて、もりのいでゆと読む


大自然の中で、大露天風呂を始め、気泡風呂、打たせ湯、
サウナなどを楽しむことができる


10月から1月にはりんご風呂、6月の新茶の時期にはお茶風呂、
さらに毎週土曜には、女湯限定でバラ風呂も実施しており、
なんとも優雅で贅沢な気分を満喫できる


館内には、地域の特産品を販売しているスペースや

広々とした大広間の休憩室もあり、家族連れもゆったりと過ごすことができる


泉質はナトリウム硫酸塩泉

無色かつ無味無臭なので、
温泉!という感じはしないが、癖がなく入りやすい

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、くじき
慢性消化器病、冷え性などの効能がある




【大子温泉 森林の温泉(だいごおんせん もりのいでゆ)】

アクセス:茨城県久慈郡大子町矢田15-12
 (車)常磐自動車道「那珂IC」から118号を通り、1h程で大子
 「道の駅だいご」を通過、「池田北」交差点を左折、久慈川を越えて突き当たりを右折、次のT字路を左折して道なり
 (電車・バス)JR水郡線「常陸大子駅」下車、「森林の温泉行き」バスで15分

営業時間:10:00〜19:30(閉館20:00)

入浴料:(平日)大人700円 小人350円
    (土日祝)大人1,000円 小人500円
    (17:00以降〜)大人500円 小人250円

定休日:第1、3水曜日

TEL:0295-72-3200
http://www.morinoideyu.com/#cover
 
記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.05.30 Friday
  • 08:00

Comment
私もお風呂大好きです♪
健康ランドに
よく出没してます(笑)
水戸のラドンとか行ってた
お芝居見るのも好き(*´ω`*)
  • あみ
  • 2014/06/02 6:39 AM
>あみさん

風呂は日本人が誇る素晴らしい文化だよな!
水戸のラドン温泉は、閉館してしまったのが
本当に悔やまれるな・・・

芝居の心がわかるとは、粋なもんだ!
いつか、オレの長唄の舞台でも、観に来てくれよな!
  • ウメッピ@ゆるくまにあ!
  • 2014/06/02 10:20 AM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback