Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【夜の大人の遊宴地 居酒屋 うぶ】

JUGEMテーマ:グルメ


下北沢編 その5

〜 前回のあらすじ 〜

探している古本があったウメッピは、ケルくんを連れて世田谷区にある本の町 下北沢で古書店巡りをすることに。

カナダのフライドポテト、味付け自由のスティック唐揚げ、カレー専門店のカレーパンを平らげ、うさぎカフェで楽しい時間を過ごしたケルくんたちは・・・


「少し暗くなってきたな」

「活字を見ていると、おなかが空いてくるクマ!」

「『歴史読本』、さっきの店は惜しかった・・・
 4月号まではあったんだよな・・・」

「なかなか見つからないクマ〜」


「仕方がない、もう少し探して、今日はもう終わりにするか!
 とりあえず、どこかに入って晩飯にするぞ」

「やったクマ〜!!」

「昼間は、驚異的な揚げ物オンパレードだったから、和食にしようぜ!」


居酒屋が立ち並ぶ通りをとことこ歩くケルくんたちは、
ふと看板の前で立ち止まりました。

うぶ1.jpg



「『うぶ』!?」


「妙な名前だな・・・」

「一体、何屋さんなのかクマ〜」

「興味をそそられるな・・・」

うぶ2.jpg

「ここを登っていくのか?」

「階段を登るお店が、本当に多いクマ〜」

「都会だから、仕方がないよな」

うぶ3.jpg

階段を登りきると、物が溢れ雑然とした空間が現れました。
まるで、店舗のバックヤードのようです。

「うっ・・・ これは、本当に営業しているのか??」

「ウメさん! イサムって、誰クマ!?」

うぶ4.jpg

「こっちから入るみたいクマ!」

「ま、待てケル坊!」


(この店は、大丈夫なのか・・・?)

ウメッピの胸によぎる、一抹の不安。

うぶ5.jpg

「いらっしゃい!!!」

店内に入ると、ケルくんたちは威勢のいい声で迎えられました。

うぶ6.jpg

席は、カウンターと座敷、テーブル席もある
うぶ7.jpg

入ってみれば、明るく綺麗な店内です。

(あの空間は、一体何だったんだ・・・)

とりあえず、ホッとするウメッピ。

「僕、お座敷がいいクマ!」

ちゃっかり席に着いているケルくん。

うぶ8.jpg

座敷の席からは、眼下に下北沢の通りを眺めることができる
うぶ9.jpg

さりげなくWi-Fiのルーターも完備、快適なネット環境である
うぶ10.jpg

こじんまりとした店内には、著名人のサインも
うぶ11.jpg


早速メニューを広げるケルくんたち。

「なかなか味のある字だな! どれどれ・・・」

うぶ12.jpg


うぶ13.jpg


うぶ14.jpg


うぶ15.jpg

「絶対の逸品!? 僕、これが食べたいクマ!!」

「どれだ?」

「3つ全部クマ!!」

「欲張りすぎだろ・・・」

うぶ16.jpg


うぶ17.jpg


うぶ18.jpg


うぶ19.jpg


うぶ20.jpg

馬肉という変わり種も・・・
うぶ21.jpg


うぶ22.jpg

好きな組み合わせでオーダーできる
うぶ23.jpg


うぶ24.jpg

地酒も豊富うぶ25.jpg

「お待たせしました〜!!!」

ケルくんたちが眼下を通る人の流れを見ているうちに、
料理ができあがったようです。

「これが、名物の一つ目、白レバーかクマ!!」


-----------------------------------------------------------------------

白レバーとは、栄養を蓄えた雌鳥の脂肪肝のことで、
フォアグラと同じようなものである

レバーが食べられない人でも、白レバーは食べられることが多い
とろっとしていて、脂がのっている部位である。

----------------------------------------------------------------------


「これは、ごま油の風味が香ばしいクマ!」

「柔らかいな・・・
 初めて食べるものだが、白レバーとは、一体何なんだ?」

「ウ、ウメさん! 次の料理が来たクマ!!」

白レバーのたたき
うぶ26.jpg

「あれ? 炙り〆サバを頼んだのに・・・」

テーブルに置かれたのは、普通の〆サバです。


「じゃあ、ファイヤーしますね! 
 僕、これかなり得意なんで、任せてください!!」

にっこり笑った店員さんは、ハンドバーナーで
お皿の上の〆サバをファイヤー!!!

うぶ27.jpg

「すげえ!」

「かっこいいクマ〜!!!!」

シュゴォォォォォ!
うぶ28.jpg

慣れた手つきで、見事に炙り〆サバが完成!

「これは旨い!!」

「パリッと香ばしく、身は脂が溶け出してふっくらクマ!」

炙り〆サバ
うぶ29.jpg

次にやってきたのは、タルタルソース大サービス!のチキン南蛮。

「む・・・ これは、白米が欲しくなるぞ・・・」

「店員さん、ごはんくださいクマ!!」

チキン南蛮
うぶ30.jpg

夢中で白米をかきこんでいる2匹の前に置かれたのは、マルチョウの味噌焼き。

甘辛い味噌と、マルチョウの脂が絡み合って
ケルくんたちは、さらにごはんをおかわり!!

マルチョウ(ホルモン)の辛味噌焼き
うぶ31.jpg

次は、チーズのたっぷり乗った肉厚のチヂミ。

「とろけるチーズ、たまらないクマ!」

「酒だ! 今日は飲むぞ!!」

チーズチヂミ
うぶ32.jpg

「今日は、オレのおごりだぁぁああ」

ほろ酔いで、いい気分になったウメッピ。

実は、既に2品も鶏肉料理が混ざっていたことは、
この機に乗じてごまかしてしまおうと、こっそり思ったケルくんだったのでした。


(下北沢編 その6へつづく!)


気さくでフレンドリーな店員さんのいる小さな居酒屋

物が雑然と積まれ少し不安になる外観だが、
料理のレベルが高く、どれを食べても美味しいため、
食通から隠れ家的な人気を博しているお店である


名物のひとつ白レバーは、入荷の少ない希少部位であり
癖もなく、非常に柔らかい

炙り〆サバは、脂の乗ったサバを目の前で炙ってくれる
炙りたてなので、皮が香ばしい

チキン南蛮はごろっとした大きめの唐揚げに、
たっぷりのタルタルソースが嬉しい


マルチョウとは、ホルモンのこと

モツと違い、焼いたり煮込んだりしても
脂が中に閉じ込められているので非常にジューシーな部位で、
コラーゲンも豊富である

また、モツよりも新鮮な状態でなければ食べられないので、
マルチョウをちゃんと出せるお店は、
いい肉を仕入れられる店ともいえるらしい

お刺身も、築地からの産地直送である



【夜の大人の遊宴地 居酒屋 うぶ】

アクセス:東京都世田谷区北沢2-33-8 第2片柳ビル2F
      下北沢駅から徒歩3分

営業時間:17:00〜翌2:00(L.o翌1:30)
定休日:年中無休

TEL:03-5454-5919
http://r.gnavi.co.jp/ga7w400/


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.07.14 Monday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback