Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【缶詰とお酒を楽しめるお店 缶詰BAR mr.kanso】

JUGEMテーマ:グルメ

下北沢編 その6

〜 前回のあらすじ 〜

探している古本があったウメッピは、ケルくんを連れて世田谷区にある本の街
下北沢で古書店巡りをすることに。

カナダのフライドポテト、味付け自由のスティック唐揚げ、カレー専門店のカレーパンを平らげ、うさぎカフェで楽しい時間を過ごし、大人の遊宴地ですっかりできあがったケルくんたちは・・・



「うぃ〜 ケル坊よぉ、もう一軒行こうぜ!」

「ウメさん、お酒くさいクマ〜」

『うぶ』を出て、歩き出した2匹。
居酒屋の立ち並ぶ通りは、まだ明るく賑わっています。

mr.kanso1.jpg

「飲みすぎクマ!」

「じゃあ、ちょこっとだけ飲もうぜ!!」

「ウメさんの、ちょこっとは信じられないクマ〜」

mr.kanso2.jpg

「大体、ちょっとだけ飲むなんて
 そんなお店が、どこに・・・・・・・ 


 あったクマ!!!!」

mr.kanso3.jpg

大喜びで、ビルの中に入っていくウメッピ。

「エレベーターで、4階だな」

「ちょっとだけって、どんなお店なのかクマ〜」


チーン


「おっ! 着いたぞ!
 かん、そ・・・? 不思議な名前だな」

mr.kanso4.jpg

店内に入り、まずケルくんたちの目に飛び込んできたのは
大きな缶詰の棚!

「いらっしゃいませ〜」

居酒屋というより、おしゃれなカフェのような店内に
思わず、髪飾りの乱れを直すウメッピ。

肉、魚、野菜、パン、デザートまで、メニューは全て缶詰
mr.kanso5.jpg

まるでカフェのような店内
mr.kanso6.jpg

小さなお店だが、席数が少ないため窮屈さは感じない
mr.kanso7.jpg

高級感漂うシャンデリア
mr.kanso8.jpg

「カウンター席と、テーブル席か・・・」

「僕、ソファの席がいいクマ!!」

mr.kanso9.jpg

「あぁぁ〜 ふかふかクマ〜」

「奥行きがあって、なかなか贅沢な座り心地だな!」

mr.kanso10.jpg

お冷を運んできた店員さんが、メニューを渡してくれました。

「ご来店は初めてですか?
 当店のシステムについて、ご説明いたしますね!」

「うむ、頼む!」


1、棚から好きな缶詰を好きなだけ選ぶ
2、カウンターでドリンクを選び注文
3、食べる

「面白いクマ〜」

席につくと、システムを説明してくれる
mr.kanso11.jpg

「早速、食べる缶詰を選ぶクマ!!」

席を離れ、缶詰の並ぶ棚へと向かうケルくん。

mr.kanso13.jpg

「すごい量の缶詰クマ!」

「見たことがないものばかりだな!」

mr.kanso14.jpg

パンの缶詰や・・・
mr.kanso15.jpg

カレーの缶詰
mr.kanso16.jpg

おつまみ専用缶
mr.kanso17.jpg

人気の出し巻き卵
mr.kanso18.jpg

定番の焼き鳥
mr.kanso19.jpg

「見ろ、ケル坊!
 たこ焼きの缶詰なんてものまであるぞ!」

「もう、何でもアリなのかクマ〜」

mr.kansoのプライベート缶詰も販売中
mr.kanso20.jpg

「僕は、これにするクマ!!」

手が届かず、ぴょんぴょんとジャンプするケルくんに、
店員さんが缶詰を取ってくれました。


「次は、飲み物を決めるクマ!!」

お酒のメニューはかなり豊富である
mr.kanso21.jpg

世界各地のワインやビール
mr.kanso22.jpg

カクテル類もこの通り
mr.kanso23.jpg

一足先にメニューを決めたウメッピは、
注文をケルくんに任せ、トイレを済ませます。

「なんとも愛らしい厠だな!」

トイレの中までオシャレ
mr.kanso12.jpg

ウメッピが羽を拭きながら戻ってくると、
ケルくんに頼んでおいたメニューがちょうど来たところでした。

「おお、これはつまみに最高だな!!」

早速グラスをあけた後、つぼ焼きの缶詰に舌鼓をうつウメッピ。

mr.kanso24.jpg

ヒューガルデンホワイトは、苦味が少なく爽やかでフルーティ
ベルギービール入門には最適なホワイトビール

mr.kanso25.jpg

「お待たせいたしました! こちらたこ焼きの缶詰です!」

テーブルに置かれたお皿を見て、ケルくんはびっくり仰天!
青のりとマヨをかけられたアツアツのたこ焼きの上で、かつお節が踊っています。

「本当に、たこ焼きが缶詰に入っていたクマ!!」


ケルくんは、少し半透明になってとろとろしているたこ焼きを
お箸ですくうようにして口に運びます。

「たこ焼き!? なんとも不思議な食べ物クマ!」

たこ焼きの缶詰も、マヨネーズを添えられアツアツに
mr.kanso26.jpg

スパムやソーセージ等、肉系の缶詰は、両面を焼いて提供してくれる
mr.kanso27.jpg

1番人気の、出し巻き卵の缶詰
mr.kanso28.jpg

ケルくんとウメッピが、デザートタイムに桃の缶詰や杏仁豆腐の缶詰を満喫していると、大きな荷物を抱えた男の人が、お店に入ってきました。

「いらっしゃいませ〜」

「こんばんは!
 今日は、これとこれで・・・ それにジントニックで」

男の人は、手際よく缶詰を渡すと、大きな荷物を床に置き
美味しそうにカクテルを飲み始めました。



「常連さんかクマ?」 ヒソヒソ

「それにしても、大きな荷物だな・・・
 ん? 皆、本か??」

そのとき、隙間から覗く本の表紙を見たウメッピの目が、
大きく見開かれました!

「あ、あれは・・・!!!!」

桃缶なども、おしゃれに盛り付けてくれる
mr.kanso29.jpg

「?」

ウメッピの様子に気付いた男の人が、視線の先を辿ります。

「あぁ、これですか!
 すみません、荷物が多くて・・・」

男の人は、紙袋からチラリと本を取り出してみせました。

「全部、本なんです。
 今流行の『断捨離』ってことで、本を売ろうと思って来たんですよ」


「そ、それは・・・ 全部売るのか?」

「えぇ、そのつもりですが・・・
 とても捌ききれなくて・・・ あの、何か??」


男の人が偶然取り出した一冊が、まさか今日一日中探しても見つからず
諦めかけていた『歴史読本』2011年5月号だとは、
全く予想だにしていなかった幸運に、ますますお酒が進んでしまうウメッピだったのでした。



 ◆◆◆



眼下に、下北沢の通りを眺められる
mr.kanso30.jpg

家に帰る前に、ちょっと一杯
mr.kanso31.jpg


『缶詰とお酒が楽しめるお店』をテーマにした
日本最大の缶詰バー

オリジナル缶詰、馴染み深い日本の缶詰、
世界各国の缶詰を取り揃えている


精算はキャッシュオン(都度精算)
缶詰はお土産販売もある


缶詰の人気は

1位・・・出し巻き卵
2位・・・いわしのオイルサーディン
3位・・・鯨の大和煮

缶詰のままではなく、缶詰を渡すと
温めたり切ったり調味料をかけたり、調理して出してくれる

塩気のあるものだけでなく、
プリンやフルーツ系も充実している

軽くもう一杯だけ、というときにピッタリのお店である



【缶詰BAR  mr.kanso (かんづめばー みすたーかんそ)】

アクセス:東京都世田谷区北沢2-1-7 ハウジング北沢ビル4F

営業時間:18:00〜翌2:00
TEL:03-6805-2825
定休日:火曜日

http://mr-kanso-shimokita.com/
 
記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.07.21 Monday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback