Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ゆるくまにあ!

ゆるくまにあ! 《第32話》

JUGEMテーマ:ものがたり


前回のあらすじ》

笠間稲荷神社のキツネ兄弟から、栗拾いに誘われたケルくんとウメッピ。
イナリくんとキツネの兄者が懸命に作った、無農薬の美味しい栗をたくさん拾って大満足! 大量の栗を見たウメッピが、シーちゃんにお裾分けしてあげることを提案して・・・



 ピンポーン


「はーい!!」 ガチャッ


玄関を開けたシーちゃんは、
満開に咲いたコスモスの花壇のお手入れの真っ最中だったようです。


「あら、ケルくんに、うめぼしじゃないの!」

「シーちゃん! 今日は笠間でたくさん栗を拾ったから、
シーちゃんにプレゼントしに来たんだクマ!!」

「そうなんす!」


「まあ!! これは、美味しそうだわ!!」

カゴいっぱいの栗を受け取ると、シーちゃんは鼻歌を歌いながらキッチンへ。

紙芝居1.jpg


 ジャー  ジャー


「お裾分け、どうもありがとう!
でも、ごめんなさいね・・・ 私、今日はもうすぐ紙芝居の読み聞かせの会に行かなくちゃいけないのよ」

キッチンの方から、水音にかき消されることのない綺麗な発声で
シーちゃんの声が聞こえてきます。



「・・・ウメさん、《カミシ倍》って、一体何クマ?」

「紙芝居というのはだな、物語を何枚かの絵にしたためて
それを観客に見せながら、演じ手が物語を語って進めるというものだ!」

「面白そうクマ〜」

紙芝居2.jpg

慌しくキッチンから出てきたシーちゃんは、エプロンを外しながらリビングを通過。

「ケルくんたち、よかったらだけど・・・
終わるまでここで待っていてくれないかしら? お礼もしたいし」

今度はクローゼットを開け閉めする音に混じって、声が聞こえてきました。


「えっ! シーちゃんのお部屋に、いてもいいのかクマ!?」

「・・・変なことをしたら、殴り倒すわよ!!!」


 ◆◆◆


「じゃあ、お留守番頼むわね!
全く頼りになりそうもないけど!!!」

着替えたシーちゃんは、大きな紙芝居セットを抱えると、
谷の図書館へと出かけていきました。


シーちゃんの足音が遠ざかっていくのを確認して、
ホッと背筋の緊張をとくウメッピ。

「紙芝居か・・・ やっぱり王道は、日本昔話だろ!!
『桃太郎』とか、最高だよな!!! ”勧善懲悪”ってな!!!」

「シーちゃんの紙芝居、見てみたいクマ〜」


(待てよ?
シー姐さんの、紙芝居・・・・・!?) ハッ

紙芝居3.jpg

《「今日もいい天気じゃのう」》

《ある日、川でおばあさんが、洗濯をしていると・・・》

紙芝居4.jpg

《それはそれは大きな桃が、どんぶらこ〜 どんぶらこ〜》

《「まあ! なんて美味しそうな桃なんじゃろう!!」》

《おばあさんは、瞬時に高く跳躍すると、木々にぶらさがる蔦を伝って
下流に先回りすることに成功しました。》

(おばあさん!!?!?!)

紙芝居5.jpg

《「愚かな桃め!!
この私に見つかったことを、後悔するがいいわ!!!」》

《おばあさんは、岩から岩へと飛び移り、愛用しているフック・ガンを構えると、ターゲットに狙いを定めました。》

《青春時代、グリーンベレーの特別プロジェクトチームで活躍していた
おばあさんの血が、滾り始めたのです。》

(ばあさんヤベー!!!!)

紙芝居9.jpg

《「くらえー!!!」 バシュッ》

《おばあさんのフック・ガンから勢いよく放たれた鉤爪は、
流れていく桃に見事命中し、深く刺さりました。》

《「ふんっ!!!」》

《おばあさんが、力いっぱいワイヤーをたぐりよせると
大きな桃は川面から離れて、ぽーんと飛んできました。》

《大漁です。》

(どんなサバイバルばあさんだよ!!!!)

紙芝居6.jpg

《大きな桃を抱えて、ほくほくと家に帰ったおばあさんは、
屋根裏から一振りの刀を取り出してきました。》

《「手に馴染むこの感触・・・
昔の私が目を覚ますようじゃ!」 コォォォ》

《居合道において最高位である”範士”の称号を取得していたおばあさんは、
冷たく光る刀身と、それ以上に爛々と輝く双眸を》

(も、桃--------------------!!!)

紙芝居7.jpg

「や、やめだやめだ!!
こんな紙芝居、子どもに見せられるかー!!!」

(この先、鬼が出てくることを考えると、
どうみても嫌な予感しかしないぞ・・・)

強烈なハイパー婆さんの登場する桃太郎を、
頭から消し去ろうとするウメッピ。


「そうだな・・・
『さるかに合戦』なら、鬼も出てこないし、安心だろう!!」

紙芝居8.jpg

《昔々、あるところに・・・》

気を取り直したウメッピは、
今度は『さるかに合戦』の話を思い浮かべてみることにしました。



《第33話へつづく!》


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.10.10 Friday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback