Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【洞窟のような地下空間! 老舗喫茶 くぐつ草】

JUGEMテーマ:グルメ


「キチジョウジの街も、大分慣れてきたクマ〜」

「そうだな! 前にメンチカツやら絵本屋やら巡ったからな!」

「まぁ、僕ぐらい洗練されたシティボーイなら
 キチジョウジくらいは、家の庭の一角のようなものだクマ」

「ケル坊よ・・・ 洗練されたしてぃぼーいは、
 カステラを下の紙ごと食ったりはしないと思うぞ!」

「ここがカステラの1番美味しいところなのに、
 ウメさんは全然わかってないクマ〜」 ムシャムシャ


ここは、吉祥寺駅から程近い場所にある商店街。

ポシェットに入れてきた駿河屋のカステラの、最後の一切れを紙ごと口に放り込んだケルくんは、まだ物足りない様子で、辺りをキョロキョロしています。

くぐつ草1.jpg

「ややっ!? 見ろケル坊!
 なんとも珍妙な看板が立っているぞ!」

商店街の中で、異彩を放ち一際目を引くその看板に
ケルくんたちは思わず足を止めました。

くぐつ草2.jpg

「くぐつ草って、一体何クマ?」

「わからん・・・
 店か何かだろうが、怪しい雰囲気だ!」

くぐつ草3.jpg

「おいしいコーヒー・・・ チーズケーキ・・・
 えっ! もしかして、食べ物屋さんクマ!?」

「そのようだな・・・・・・」

くぐつ草4.jpg

「ここから地下に降りると、
 食い物屋があるらしい・・・ 行ってみようぜ!!」

「えぇ-------------!?」

くぐつ草5.jpg

「どうしたケル坊!
 食い物屋だってのに、やけに消極的だな!!」

「だって・・・ なんだか不気味な雰囲気クマ!
 一度入ったら、出てこられなそうクマ!!」

「漢気を見せろケル坊!!
 あの桜新町の坦々麺の店の異様な雰囲気に比べたら、可愛いもんだろ!!」

くぐつ草6.jpg

「うぅ・・・ 食べ物屋さんと見せかけて、
 やってきたお客さんをマインドコントロールしちゃうお店なんじゃ・・・?」

不安げにおそるおそる、階段を降りていくケルくん。

わりと急な階段を下っていく
くぐつ草7.jpg

「見ろケル坊! ぱんぷでぃんぐだぞ! ふわふわだとよ!
 ちっとも怖い店じゃないだろ!!」

「あの不気味な看板からは、全く想像もつかない
 ポップなメニューだクマ・・・」

くぐつ草8.jpg

ゴツゴツした石壁、異国風の置物
くぐつ草9.jpg

「何か見えてきたクマ」

「もう少し進むみたいだな」

くぐつ草10.jpg

「何やら、少し暗・・・

 ぶぎゅっ!!??!」 ドムッ

ケルくんの後に続いて、パタパタ飛んできたウメッピは、
立ち止まったケルくんの背中に、強かに顔面を打ちつけてひっくり返りました。

くぐつ草11.jpg

「ウメさん見て! すごいクマ!」

「いててて・・・
 急に止まるんじゃ・・・ ややっ!?」

じんじんする鼻をさすりながら起き上がったウメッピも、その光景には
思わず目を見開きました。

くぐつ草13.jpg

「何だここは、洞窟の中か・・・!?」

「不思議な空間だクマ〜!!!」

岩肌を丸くくりぬいたかのような
細長い空間に、木の椅子とテーブル。

くぐつ草12.jpg

最低限の照明のみで、落ち着いた雰囲気の店内
くぐつ草14.jpg

「まだ明るい真昼間で、階段のすぐ上が
 賑やかな商店街だなんて、うっかり忘れてしまいそうだな!」

くぐつ草15.jpg

外の喧騒も届かない、まさに隠れ家の風情
くぐつ草16.jpg

「僕、この席にするクマ!!」

「うむ、オレもここにしようと思っていたぞ」

くぐつ草17.jpg

「ほう・・・ 木のテーブルに、これまた木の椅子か!
 なかなか味わい深いな!!」

「なんだか、レトロな雰囲気だクマ〜」

椅子はひとつひとつ、違うデザインで彫られている
くぐつ草18.jpg

オシャレなカウンターも、もちろん木製
くぐつ草19.jpg

店名の入った、あたたかみのある小物たち
くぐつ草20.jpg

シュガーポットにも、傀儡(くぐつ)のイラスト
くぐつ草21.jpg

興味津々で店内を見渡していたケルくんたちでしたが、
どうやら不思議なものを発見したようです。


「あ、あの本は一体何だ!?」

「まさか、アレは・・・・・!!」 ゴクリ

くぐつ草22.jpg

カウンターに積み上げられた、分厚い秘書の正体は一体!?


《くぐつ草 後編へつづく!》


 ◆◆◆


吉祥寺駅から歩いてすぐの場所にある、
昭和54年創業の老舗の喫茶店

創立380年の長い歴史を持つ人形劇団
「江戸糸あやつり人形劇団 結城座」が立ち上げたお店なので、
傀儡(くぐつ=あやつり人形)が看板のモチーフになっている

店名の『くぐつ草』は、造語であり、
草という字を添えたのには
地下の店内に緑が少ないことや、お店が吉祥寺の街に根付くようになど、
様々な願いがこめられているという


実はこの喫茶店、意外なものが名物である・・・
答えは次回の更新で!!



【COFFEE HALL くぐつ草 (こーひーほーる くぐつそう)】

アクセス:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-7-7 島田ビルB1F
吉祥寺駅北口から徒歩4分、サンドラッグ向かい

営業時間;10:00〜22:00

定休日:年中無休


TEL:0422-21-8473
http://www.kugutsusou.info/


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村 (ブログランキングサイトです)
  • 2015.05.15 Friday
  • 08:00

Comment
お久しぶりです。
吉祥寺のくぐつ草、東中野に住んでいる時に1度行きました。洞窟みたいでワクワクしました。
  • stk
  • 2015/05/15 9:04 PM
>stkさん

いつもコメントありがとうクマ!

商店街の地下に、あんな場所があるなんて
すごくびっくりしたクマ〜
  • ケル@ゆるくまにあ!
  • 2015/05/19 5:16 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback