Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ゆるくまにあ!

ゆるくまにあ! 《第45話》

JUGEMテーマ:ものがたり


萩の花が咲き始め、大分秋めいてきた偕楽園。

「今日も爽やかな朝だクマ〜」

「こんな日には、何か新しいことを始めたくなるな」

雨戸を開け放ち、板張りの廊下に雑巾をかけ終えたウメッピは、
とんとん、と羽で腰をたたいて伸びをしてから
縁側でお茶をすするケルくんの方を振り返りました。


「知ってるかケル坊!! 異国の《ひじゅら暦》という暦では、
 9月は《らまだ庵》と言って、断食をする月らしい」

「ラ、ラマダーン!!!??
 なんか強そうな響きだクマ!!」

ラマダーン1.jpg


「そこでだ、ケル坊!!
 我々も、らまだ庵にあやかって、夏太りを解消しようではないか!!」

「そ・・・ それって、
 ごはんを食べないってことかクマ!?」


「安心しろケル坊! 断食は日没までらしい!
 つまり、日が沈んだら、どれだけ食べても構わないということだ!」

「どうしてそんなことをするのかクマ〜」

「飢えを体感することで、食への恵みを感謝するというものらしいぞ!」

「わかったクマ!!
 スリムクマになって、もっとかっこよくなるクマ!!」

「いいぞケル坊! その意気だ!!!」




〜〜 数時間経過 〜〜




「うう・・・ シュワッとキンキンに冷えたコーラが飲みたいクマ・・・
 チーズたっぷりのピザも食べたいクマ・・・」

「見苦しいぞ、ケル坊!
 『武士は食わねど高楊枝』という言葉があってだな・・・」

「おなかぺこぺこクマ・・・
 思えば、短い熊生だったクマ・・・」

おなかが空きすぎて、朦朧としてきたケルくんの頭の中へ
まるで走馬灯のように、美味しそうな食べ物が浮かんでは消えていきます。

ラマダーン2.jpg

ラマダーン3.jpg

ラマダーン4.jpg

ラマダーン5.jpg

ラマダーン6.jpg

ラマダーン7.jpg

ラマダーン8.jpg

ラマダーン9.jpg

ラマダーン10.jpg

ラマダーン11.jpg

ラマダーン12.jpg

ラマダーン13.jpg

ラマダーン14.jpg

ラマダーン15.jpg

ラマダーン16.jpg

ラマダーン17.jpg

ラマダーン18.jpg

ラマダーン19.jpg

ラマダーン20.jpg

ラマダーン21.jpg

ラマダーン22.jpg

「ジューシィな大盛りのカツ丼・・・
 クリームたっぷりのロールケーキ・・・」

(う、うう・・・ 
 オレまで、段々腹が減ってきた・・・) グー

楊枝をくわえて澄ましていたウメッピでしたが、
ケルくんの呟きを聞いている内に、おなかが小さな音をたてました。


「よし、今日は特別に出前をとってやるから
 もう少し、日が沈むまでの我慢だ!!」

「えぇっ!! やったクマ!!!
 なんでもいいのかクマ?」

「うむ! 朝昼食べない分、食費がかなり浮くはずだ!!
 好きなものを頼んでいいぞ!!!」


目を輝かせるケルくん。
後ろに反り返るほど胸を張るウメッピ。


「じゃあ、まず極盛りトリプルチーズピザ5枚とコーラのLL!!」

「うんうん」

「わらじカツ丼キャベツ増量を2杯、大盛りもやし味噌ラーメンに
 ジャンボ餃子3皿、特上寿司《巨匠》に蟹のお味噌汁もつけて・・・」

「うん、うん・・・」

「あとダブルベーコンチーズBIGバーガーに、
 シャカシャカポテトのバーベキューに、テリヤキチキンバーガーに・・・」

「う、うーん・・・ 武士に二言はない!」




〜〜 1週間後 〜〜



 コンコン!


「ケルくん! 梅干し! 来たわよ!!!」


(・・・変ね、誰も出てこないなんて)


依頼されていた、ウメッピとケルくんの秋冬用の寝巻きを作り終えて、
久しぶりに好文亭を訪れたシーちゃんは、頭のリボンの位置を直し、咳払いをしてから、再度呼びかけようと息を吸い込みました。



 ガラッ・・・


「何よ、いるなら出てきなさいよね!
 頼まれていたものを、届けに来・・・ キャッ!!??」


扉を開けた先には、
はちきれんばかりにまるんまるんとしたフォルムに変わり果て、
畳に転がるケルくんとウメッピの姿が・・・



「ラマダーンを始めたら、なぜか
 扉から出られなくなっちゃったんだクマ〜」 タプタプ

「不思議でならないぞ・・・
 1日の食事の回数は、減っているはずなんだがなあ」 ポヨポヨ


「嫌い・・・」


「えっ?」



「暑苦しいわね!! 肥満体は嫌いなのよ!!」


 ドムッ!!


「クマァ〜」

シーちゃんの、W杯でMVP受賞歴もある黄金の右足に蹴り飛ばされ、
天井に激突して勢い良くバウンドしながら、なぜか満足気な表情のケルくん。

ラマダーン23.jpg


「バカなことはやめて、今日から正しいダイエット開始よ!!!」 ビシッ


極端な断食を繰り返した分、
乾いたスポンジが水を吸収するように、ぐんぐん脂肪を蓄えた2匹は、

シーちゃんのスパルタダイエットにより、秋冬用の寝巻きに体が収まるまで
しばらく泣きを見ることになったのでした。


《第46話へつづく!》


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村 (ブログランキングサイトです)

  • 2015.09.04 Friday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback