Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【新感覚なのに懐かしい味! 揚げまんじゅう 浅草 九重】

JUGEMテーマ:グルメ


浅草の雷門をくぐり、きびだんご餅ドッグ黒毛和牛カレーパン高座豚のメンチカツちょうちんもなかアイスと、順調に下町の食べ歩きフードを満喫中のケルくんとウメッピ、そして飛び入り参加した、ハタラク谷の長老。

おなかいっぱいアイスを頬張ったケルくんたちが、次に向かったのは・・・



「むむっ!! この香ばしい揚げ物の匂い・・・」

「まだ食うのかよ!!」

ケルくんは人混みをかきわけながら、クンクンと匂いをたどって
ちょこちょこ歩いていきます。


「あっ! あそこだクマ!!
 えーっと・・・」

美味しい匂いの発生源をつきとめたケルくんでしたが、
看板の不思議な文字をみて、目を白黒!


「こ、これは・・・」



「じゅう・んまげあ!!!??」

ドドゥーン
九重.jpg

「不思議な響きじゃのう」

「ちょんまげの仲間かクマ?」

「やはり・・・
 ちょんまげが10人並んでいる光景に、驚いているのかのう」 オフォフォ

「それは確かに、びっくりしちゃうクマ〜」 ウッフフ


「逆だ!! 《 あげまんじゅう 》 だろ!!!」

(もうほんとやだこの2人・・・)


お店の前は、あげまんじゅうを買い求めるお客さんで、いっぱいです。

「すごい人気だクマ!!」

「どれどれ・・・ あげまんじゅうとは、
 一体どのような食い物なんだ?」

九重2.jpg

「あげまん、黒ゴマまん、抹茶まん・・・」

「どれも美味しそうだクマ〜」

九重3.jpg

ガラスケースの中には、あげまんじゅうがずらり!

「まるでお惣菜コーナーみたいクマ!」

「確かに、まんじゅうには見えない見た目だな・・・」


「食べたいクマ! 食べたいクマ!!」

「わかった、わかった」

九重4.jpg

「ここは漢らしく、どーんと1万円だ!!」

(饅頭に1万とは、結構痛い出費に思えるが、最初から上限を決めておけば、
 それ以上頼まれることはあるまい!!! 我ながら、なんと素晴らしい作戦であることか!!!)

九重5.jpg

「はいよ、熱いからね!」

おばちゃんから、耐油紙で挟まれたアツアツのあげまんじゅうを受け取るケルくんたち。

九重6.jpg

「わあ、こんがり黄金色だクマ〜」

天ぷらのように、カリカリ香ばしい衣をかじると・・・

九重7.jpg

「ふんわり柔らかいクマ! おまんじゅうクマ!!!」

「サクサクふわふわじゃのう〜」

九重8.jpg

「ウメさんは、何を食べているのかクマ?」

「ふふふ・・・ 聞いておどろくなケル坊よ!
 なんと、もんじゃまんだぜ!!!」

「も、もんじゃまん!!!??!??」 ピシャーン


「中に、甘い餡の代わりに、もんじゃが入っているあげまんじゅうだ!!」

「す、すごいクマァ〜!!!」

ドヤァ
九重11.jpg

「えぇーっ! でも、
 そんな面白いもの、メニューになかったクマ!!」

「まだまだ修行が足りないようだなケル坊!!
 これを見ろ!!!」

「こ、これは・・・ さっきの・・・」

九重50.jpg

「ずるいクマ!! ずるいクマ!!」

「ケルよ、そう地団太を踏むでない、
 焦らずとも今日はびっぷ待遇だからのう、ほれ!」 ドサッ

「わあ、もんじゃの美味しそうな匂いクマ〜」 ガサガサ


「おい、まさか・・・」

「ちょっと、そこの赤い小さいの!!
 あんたの連れが食べ尽くした饅頭代、キッチリ払ってってもらうよ!!!」



お店のおばちゃんが示した額に、腰を抜かしそうになりながらも、
律儀に会計を済ませてしまう、自称上級武士のウメッピだったのでした。



 ◆◆◆



浅草の揚げまんじゅうとは、ふかふかのおまんじゅうに衣をつけて揚げたもの
九重9.jpg

秋らしいかぼちゃあげまんじゅうは、しっとりとした甘さのかぼちゃあん
九重10.jpg 



浅草寺から3軒目にある、あげまんじゅう屋さん
昭和37年創業の老舗である

あげまんじゅうは、浅草ならではの食べ歩きフードで
お店は他にも複数存在するが、ここがダントツで種類豊富である


全体がカリカリサクサクとした《かりんとうまんじゅう》とは別物で、
あげまんじゅうとは、カリカリした衣の中に、ふかふかのおまんじゅうという、おまんじゅうの天ぷらとでもいうべきものである


材料は全て国産のものを使用しており、
最高級ごま油等、ブレンドされた高級油でカラッと揚がったあげまんじゅうは
しっとりしたあんと、カリカリふわふわの皮の食感がベストバランスの逸品

常に5種類以上のあげまんじゅうを販売しているが、

プレーンはこしあん、抹茶は抹茶あん、ごまはつぶあんなど
中身の餡はそれぞれ異なる

もんじゃまんという、餡の代わりにもんじゃが入った
甘くないあげまんじゅうもあるので、甘いものが苦手な方にオススメ


あげたてのあげまんじゅうが1番美味しいのは言わずもがなだが、
お土産として持ち帰りたい場合は、保存のきくパック入りも販売しており
トースターまたは電子レンジであたためると、風味よく楽しむことができる

賞味期限は、
揚げたてのものが24時間、お土産用のパックは2週間となっている



【浅草 九重(あさくさ ここのえ)】

アクセス:東京都台東区浅草2-3-1

営業時間:9:30〜19:00

定休日:無休

TEL:03-3841-9386
http://www.asakusa.gr.jp/shop/kokonoe.html


みんなの応援がハタラク谷を救う!クリックしてくれると嬉しいクマ〜
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村 (ブログランキングサイトです)
  • 2015.10.02 Friday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback