Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【1日3,000個も売れるメロンパン!? 浅草 花月堂】

JUGEMテーマ:おいしいパン


浅草の雷門をくぐり、きびだんご餅ドッグ黒毛和牛カレーパン高座豚のメンチカツちょうちんもなかアイス揚げまんじゅうと、順調に下町の食べ歩きフードを満喫中のケルくんとウメッピ、そして飛び入り参加した、ハタラク谷の長老。

本堂まで続く仲見世通りも、そろそろ終わりに近付き・・・



「もうすぐ、浅草寺の本堂だな!」

「えーっ! まだ食べ足りないクマ!」

「あと5kmくらい、続けばいいのにのう」

(いつになったら寺に着くんだ!?)



「全く、信仰より食い意地かよ・・・ ん?」

本堂に背を向けて、商店街に戻ろうとするケルくんの耳の毛を
くちばしで引っ張りながら、ふと、脇道に異様な光景を見つけたウメッピ。


「一体、なんだこの行列は・・・!?」

花月堂1.jpg


「こ・・・ これは、


元祖ジャンボ めろんぱん!!!??」

花月堂2.jpg

本業は浅草そば、創業昭和20年の老舗お蕎麦屋さんである
花月堂3.jpg

しかし、並ぶ人のお目当ては、9割方ジャンボめろんぱん
花月堂4.jpg

「メロンパン!! ソフトクリーム!!!」 キラキラ

「めろんぱんとは、浅草にしては西洋風というか
 ハイカラなものを売っているんだな・・・ おっ?」

花月堂5.jpg

「この写真の数々・・・
 これは、ただことではないぞ!!!」

「相当ウマイめろんぱんに違いないのう」

ガッキーや、きゃりーぱみゅぱみゅなど、有名人が来店
花月堂6.jpg

メディアにも多数取り上げられている
花月堂7.jpg

「しかし、この看板に書かれた《浅草そば》というのは・・・」

「えっ、ここ
 お蕎麦屋さんなのかクマ?」

「パン屋じゃなかったのかのう?」

(まあ、そうなるよな・・・)
 


「あっ! あった!!
 あるにはあったが・・・」

(蕎麦の、存在感の薄さ!?)

店の敷地の端に、こじんまりと並ぶお蕎麦のサンプルに、
ウメッピは目を白黒。

花月堂8.jpg

ケルくんたちが並んだ後も、行列はどんどん長くなっていきます。

「メロンパンは、こんなにたくさんあるのに
 どうして並んでいるのかクマ?」

見える場所にパンがあるのに、
なかなか行列が動かないことに、首を傾げるケルくん。

花月堂9.jpg

「ほっほっほっ・・・
 ケルよ、近寄って、よーく見てみんか」

「あーっ!!!
 作り物だったクマァ〜!!!」

「なるほど、普段は店頭に見本を置いておいて、
 客には焼きたてを提供するすたいるの店なのだな!」

浅草を訪れる外国のお客さん向けに、外国語表記がされている
花月堂10.jpg

しばらくすると、メロンパンが焼きあがり
少しずつ行列が進んでいきます。

「ケル坊! どうやら買うときに、2種類から選ぶらしいぞ!!
 できたてのアツアツと、持ち帰り用に少し冷ましたものらしい!!」

「それは、できたてアツアツに決まってるクマ!!」

「持ち帰り用も、欲しいのう」

花月堂11.jpg

メロンパンは、1つずつ紙袋に入れて手渡される
花月堂12.jpg

「おお! まだあったかいな!!」

体より大きな袋を抱えて、幸せそうに膨らむウメッピ。

「中で座って食べていくクマ!!」

花月堂13.jpg

昭和レトロな店内では、昔懐かしい玩具も販売
花月堂14.jpg

「僕、ここがいいクマ!」 ムギュ

「こりゃケルよ、席は他にもあるじゃろ」 ムギュギュ

「何だ何だ、押し競饅頭か!!??」 ギュギュウ


「ママ〜! 僕、あの太ったぬいぐるみがいい!!」

「しっ!! あれは売り物じゃないから、目を合わせちゃダメよ!!」

花月堂15.jpg

テーブル席の他に、カウンター席も
花月堂16.jpg

「よし、では袋から出してみるぞ!!」

「せーの!!!」



ドン!
花月堂17.jpg

ドドン!
花月堂18.jpg

バーン!!!
花月堂19.jpg

「何だか、ケル坊のめろんぱんの方が、大きいんじゃねーか!?」

「本当かクマ!? ラッキークマ!!!」

「いや、あっちの方が大きい!!?」

「やらんぞ〜」 フォホホ



「じゃあ、冷めないうちに・・・」


「「「 いただきまーす!!! 」」」




 サクッ 


 ふわあ・・・




「おほぉお!? この食感は!!??」

「手で持ったとこが、ぺちゃんこになるくらい
 中のパンが柔らかいクマ〜!!!」

「こんなめろんぱんは、初めてじゃあ〜」


「これは、並ぶだけあるぞ!!!」

「ふわふわというより、ふあふあだクマ〜」

「皮のカリカリも、相性抜群なんじゃ〜」


大きなメロンパンを、あっと言う間に平らげてしまったケルくんたち。

テーブル席からは、パンを焼くオーブンが見えます。


「なるほど、ここで焼いているのだな!!」

花月堂20.jpg

1日3,000個売れるともいわれるメロンパンを、ここで絶え間なく焼いている
花月堂21.jpg

「めろんぱんは、お土産に袋一杯買うとして、
 ここで食べられるめにゅーを見てみるとしよう」

(今この熊、サラッと勝手なこと言わなかった!?)

「そうするクマ!!!」

(えぇ・・・・)

花月堂22.jpg

1番人気メニューはもちろん、ジャンボめろんぱん
花月堂23.jpg

昭和懐かしのドリンクということで、フロートなどのラインナップ
花月堂24.jpg

下町らしい、抹茶の甘味
花月堂25.jpg

かき氷は、定番から変り種まで
花月堂26.jpg

トッピングも至れり尽くせり
花月堂27.jpg

「かぁ〜!! 日本に生まれてよかったぜ!!」 シャクシャク

「最初にかき氷に練乳をかけた人は、天才クマ!!」 ザクザク

「次は全部のせで頼むかのう〜」 シャリシャリ

抹茶あずきミルク
花月堂28.jpg

ソフトクリームは、誰でも必ず食べたい味が見つかりそうな種類の豊富さ
花月堂29.jpg


かき氷とソフトクリームを片っ端から食べ尽くし、
お土産のジャンボめろんぱんの入った袋を両手に抱えたケルくんたちは、
満足気な様子でお店を後にしました。


「はあ、はあ・・・ 次こそは、本堂に・・・・」

大きなメロンパンが2つも入った袋を抱えたウメッピは、
前が見えずに少しふらついています。


「あーっ! あそこのぬれせんべい!!
 美味しそうクマ!!」 トコトコ

「浅草といえば、人形焼じゃ!!」 トットコ 


(おかしい・・・ 本堂は、すぐそこに見えているというのに、
 全く辿り着ける気がしないぞ・・・)

仲見世通りから漂う香ばしい匂いに引き寄せられて、
本堂から遠ざかっていくケルくんたちに、思わずため息をつくウメッピだったのでした。



 ◆◆◆



発酵前の生地はこのくらい
無題4jpg.jpg

焼く直前には、こんなに膨れてジャンボに!
無題5jpg.jpg

焼きあがると、外はサックリ、中は衝撃の柔らかさ
花月堂30.jpg

持ち帰るとぺちゃんこになってしまうので、是非、できたてを味わいたい
花月堂31.jpg


1日3,000個販売されるという超有名メロンパンのお店

サクサクの皮の中はしっとりふあふあで、
半分に割るのも困難なほどの柔らかさ

通常パンは60〜90分の発酵を行うが、花月堂のジャンボめろんぱんは
約3時間、じっくりと低温で長時間発酵させることにより、
他には見られないほど、きめの細かいふわふわの生地に仕上げている

できるだけ焼きたてを提供できるように、
焼き置きはしていない

夕方4時には売り切れてしまうことが多いので、
早めの来店が◎


※花月堂本店は、取材当時の仲見世通り終点右側の場所から、
現在は、本堂前を左折した、西参道商店街入口に移転となっています
(下記アクセスは、移転後の現在の本店の位置です)

無題3jpg.jpg

現在の本店の様子
無題1jpg.jpg

2階建ての和風カフェに
無題jpg.jpg


【浅草 花月堂(あさくさ かげつどう) 本店】

アクセス:東京都台東区浅草2-7-13
浅草寺本堂前を左折、五重塔横を通過して
西参道商店街の入口左側

営業時間9:00〜ジャンボめろんぱん完売次第閉店


定休日:無休

TEL:03-3847-5251
http://www.asakusa-kagetudo.com/


みんなの応援がハタラク谷を救う!クリックしてくれると嬉しいクマ〜
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村 (ブログランキングサイトです)
  • 2015.10.16 Friday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback