Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

お散歩マニア

【縁結び祈願の聖地! 招き猫発祥の地 今戸神社】

JUGEMテーマ:東京のアレ


浅草の雷門をくぐり、きびだんご餅ドッグ黒毛和牛カレーパン高座豚のメンチカツちょうちんもなかアイス揚げまんじゅうジャンボめろんぱんお濃茶アイス、そしてむぎとろバイキングと、浅草グルメを満喫したケルくんたち。

帰りの浅草駅で、何やらすごい神社があるらしいと小耳に挟んだケルくんたちが、ジェラートを食べながら向かった先は・・・・・・


「これは、先程むぎとろ屋からも見えていた、隅田川だな!」

「スカイツリー、本当に大きいクマ〜」

今戸神社1.jpg

「その神社とやらは、この川沿いを歩いていけば着くのか?」

「緑がいっぱいじゃのう〜」


川沿いの道は、公園やオブジェがあったりと、なんだかのどかな雰囲気です。

「一体、どんな神社なのかクマ〜」 トコトコ

今戸神社2.jpg

「あっ! 何か、鳥居みたいなものが見えてきたクマ!!」

今戸神社3.jpg

「どれどれ・・・
 ふむ、《今戸神社》だそうだ」

「やったクマ! 着いたクマ〜!!!」

今戸神社4.jpg

関東でも有数の縁結びパワースポット、今戸神社
今戸神社5.jpg

新撰組の沖田総司が、その若い晩年を過ごしたとされる場所は、
各地に存在するが、この辺りの地域も、その候補のひとつである

今戸神社6.jpg

「社殿、授与所、御朱印所・・・ なで猫??」

「女の子たちが見ていた猫の像は、きっとこれクマ!!」

今戸神社7.jpg

「境内の地図じゃ!」

「う、うーん・・・
 わかりやすいような、そうでもないような・・・」

「味のあるイラストだクマ」

今戸神社8.jpg

「あっ! すごいクマ!
 ジンリキシャで、ここまで来た人がいるクマ!!」

「今朝通った雷門のあたりから走ってきたのか?
 確か相場は、2名で30分9,000円とかだったよな・・・」

「ブルジョワじゃのう〜」

今戸神社9.jpg

鳥居をくぐって、まず最初に見えてきたのは、
たくさんの絵馬を吊るした絵馬掛け!

今戸神社10.jpg

「なんだか、丸いクマ!」

「円と縁を、かけてあるのじゃな〜」 フォホホ

今戸神社11.jpg

「いろんなお願い事があって、面白いクマ〜」

「恋愛の願掛けばかりじゃのう」


「どれどれ・・・
 『おじいちゃん、いつもありがとう』?」

(敬老の日じゃねーか)


「『これ以上髪が抜けたら、生きていけません』
 だってクマ!」

(切実だな・・・・・・) ホロリ

1ヶ所では吊るしきれないほど大量の、真新しい絵馬がずらりと並ぶ
今戸神社12.jpg

「よく見たら、絵柄が2種類あるクマ!」

「手招きしている方は、《願いをかけるとき》、
 雛の方は、《その願いが成就したとき》、お礼参りで吊るすのじゃな」

「ええっ! お雛様の絵馬、ものすごくたくさんあるクマ!!!
 それだけ幸せになった人がたくさんいるってことかクマ!?」

絵馬は、願掛けと成就の2種類
今戸神社13.jpg

「では、早速絵馬を・・・・・ うっ!!!??」

「ウメさん、どうしたクマ!?」


「ぐぬぬ・・・・・
 じぇらぁとの食いすぎで、腹が冷えたようだ・・・」 ギュルル

「境内には、設置されてないようじゃぞ」

「な、何ィ・・・!!!??」 グルギュゥゥ

今戸神社14.jpg

「緊急事態だ!! やむを得ん、行ってくるぞ!!!」 バビュン

「トイレ、さっき通ってきた道沿いにあったんだクマ〜」

「間に合うといいのう」 ホホホ


ウメッピを待つ間、ケルくんたちは、近くに置かれていたベンチに腰掛けることにしました。ベンチには参拝客が代わる代わる座り、マジックで絵馬に願いを書き込んでいきます。

今戸神社15.jpg

こじんまりとした、気軽に参拝できる神社である
今戸神社16.jpg

「そういえば、さっきからあちこちに猫の置物がたくさん・・・」

「絵馬も招き猫だし、猫だらけじゃのう」

今戸神社17.jpg

ここにも
今戸神社18.jpg

ここにも
今戸神社19.jpg

こんなところにも
今戸神社20.jpg

とにかく猫だらけ!
今戸神社21.jpg

「あっ!! これクマ!!!
 女の子たちが見ていた、猫の石像だクマ!!!」

「ぴちぴちのぎゃるに全身撫でまわされるとは、うらやまけしからんのう」

「長老?」

「い、いや・・・ ゴホンゴホン!
 ここに、説明が書いてあるようじゃ」

今戸神社22.jpg

「なるほど、祀ってあるイザナギ・イザナミに、ちなんだものなのじゃな」

「カップルだったんだクマ〜」

模様がある方が男の子のナギくん、ない方が女の子のナミちゃん
今戸神社23.jpg

なで猫の名のとおり、撫でながら願をかけたり
今戸神社24.jpg

待ち受けにすると、いいことがあるらしい
今戸神社25.jpg

「あれっ! この石像だけじゃなくて
 あっちにも招き猫がいるクマ!?」

「大きな招き猫じゃのう」 ホホゥ

今戸神社26.jpg

「うわわ、よく見たら3匹もいるクマ!! 三角関係かクマ!?」

今戸神社27.jpg

本堂の招き猫は、外国人観光客が大喜びで写真を撮っていく光景も
今戸神社28.jpg

「ケルよ、こっちにはおみくじがたくさんあるようじゃぞ」

「わーっ! いっぱい並んでるクマ!
 でも、後ろに飾ってあるのは、一体何クマ?」

今戸神社29.jpg

戸焼きの招き猫や、吊し雛から、アニメのキャラクターまで、
豊富な招き猫コレクションが展示
今戸神社30.jpg

「どれから引こうかクマ〜」

おみくじは、それぞれに招きねこの人形など、御利益のあるおまけ付き
今戸神社31.jpg

「わわっ! こんなところにも猫が!!!」

境内の中は、ちょっとした小物も猫づくしである
今戸神社32.jpg

「まずは、これから引こうかクマ?」 チャリーン

「ふむ・・・ 色と、上げている手によって
 御利益が変わってくるのじゃな」

「ピンク当たれクマ〜!!!」 ガサガサ

今戸神社33.jpg

おみくじの袋の中には、おみくじと、お財布に入るほどの小さな薄型の招き猫
今戸神社34.jpg


 ガサガサッ


「あーっ!! グレーだったクマ!!!」

「ほほう・・・ 家内安全、厄難消除とな」


「家内の前に、まずは縁結びクマ!!
 ピンクの猫が出るまで、引くクマァ!!!」 チャリーン チャリーン

「それだけ集まったら、MKN(招き猫)48が結成できそうじゃな」

招き猫の色によって、御利益が違う
今戸神社35.jpg

「さらに、どのおみくじが当たるかわからないから、
 片っ端から引くクマ!!!」

「もはや、恥も外聞もないのう」

おみくじには、神で作られた巫女姿の招き猫のお守りが同封されている
今戸神社36.jpg

「おみくじの後は、お守りを買わなくちゃクマ!!
 すごく効くって、女の子たちが話していたクマ〜!」


お守りの授与所には、お守りを選ぶ人や、絵馬を買い求める人で
人だかりができています。

「わっ! カラフルなお守りがたくさんあるクマ!」

今戸神社37.jpg

今戸神社のお守りは、女性向けで、可愛らしいデザインのものが多い
今戸神社38.jpg

神社のパワーを込めた、天然石ブレスも販売
今戸神社39.jpg

様々な表情、色、形の招き猫
今戸神社40.jpg

「この丸い巾着が、1番よく売れているようじゃのう」

「きっと、これが最強のお守りなんだクマ!!!
 これの、1番ききそうなやつ、ひとつ下さいクマ!!」

中でも人気が高いのは、かなり効くという、招き猫の巾着型お守り
今戸神社41.jpg

季節限定で、お花やハート柄なども販売される
今戸神社42.jpg

「これで、恋愛成就間違いなしクマ!!!」 ハフーン

ほくほく顔でお守りを受け取ったケルくん。ポシェットの中では、大量のおみくじの招き猫がジャラジャラと音をたてています。


「そういえば、さっきから
 手書きの張り紙が多い気がするんだクマ〜」

「同一人物が描いたものに見えるのう」

「みんな、可愛いクマ〜」

今戸神社43.jpg

境内で見られる説明書きや案内は、
イラストレーターでもある女性神主の、市野智絵さんの作品

今戸神社44.jpg

時々境内に現れる白猫のナミちゃんは、目撃すると幸せになれるという
今戸神社45.jpg


「それにしても、梅の精は
 一体どこまで飛んでいったのかのう」

「間に合わなかったのかクマ〜」

「悲劇じゃのう」


帰りが遅いウメッピのことを思い出し、鳥居の方を気にして見たケルくんは、
招き猫の看板があることに気付きました。 

「ここにも招き猫が! 一体何を指差しているんだクマ?」

今戸神社46.jpg

「おお、これはよい語呂合わせじゃな〜」

「いい、ご夫婦・・・」


夫婦と聞いたケルくんの頭の中に、
フリフリエプロン姿のシーちゃんの姿がよぎります。



「し、シーちゃんと夫婦・・・!」 ブバァ

なんと、神社の住所は、《いいご夫婦》という縁起の良さ
今戸神社47.jpg


「ふう・・・ やれやれすっきり・・・って
 ケ、ケル坊---------------------------ッ!!!?!?!?」


手拭いで羽先を拭きながら、トイレの旅から戻ってきたウメッピが見たのは、
ポシェットから散らばった大量の招き猫と、自らの鼻血にまみれて境内に転がる、ケルくんの壮絶な姿だったのでした。



 ◆◆◆



《東京下町八社参り》は、八つのお社を参拝して、八つの御利益を受けるというもので、今戸神社の御利益は、もちろん縁結びである
今戸神社48.jpg

浅草の名所を巡回するパンダバスは、なんと無料!
今戸神社49.jpg


浅草駅から徒歩15分ほどのところにある、
縁結びのパワースポットとして有名な神社

カップルで寄り添う、ちょっと変わった招き猫がトレードマーク

《招き猫発祥の地》というだけあって、境内は、ひたすら猫だらけ!
招き猫のお守りは、「かなり効く」と評判で、遠方からはるばる訪れる参拝客も多く、ハート柄など、限定の色柄が販売されることもある

招き猫の石像は、撫でたり、携帯の待ち受けにすると
御利益があるといわれている

婚活イベントを行ったり、『福よ来い来い招き猫』というテーマソングもあり
現代のニーズに合わせてかなり積極的に活動しているのだが、きちんとした伝統のある神社である


祀ってある御祭神は

應神天皇(おうじんてんのう)、
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の夫婦神
福禄寿(ふくろくじゅ)…七福神の内の一神

應神天皇というと難しく思えるが、
八幡神・八幡さまという別称で親しまれることもある

イザナギ、イザナミは、天神の命を受けて2人で日本の国土を創成し、
たくさんの神々や山海・草木を産み出した「神産み」「国産み」の神様であるが、男女であって結婚をしており、最古の夫婦とされている

このため「縁結び」だけでなく、「夫婦和合」「安産」「子孫繁栄」などの
御利益もあるといわれている

縁結びの人気が高すぎて、多少影が薄くなってはいるが
福禄寿は、福(幸福)と禄(生活・経済の安定)と寿(健康にして長命)との
3つの福徳を授ける、非常にありがたい福の神である


縁結びの神社なのだが、その人の本当の幸せの妨げになるような縁は
本人の希望に関わらずバッサリと切られるとも言われており、
「参拝直後に恋人と別れたが、直後に、もっと素晴らしい縁に恵まれた」
といった報告が、数多く存在する不思議な神社である


歩きで行く場合は、スカイツリーを眺めながら
隅田川の堤防沿いを歩いていくルートがオススメ


また、無料のパンダバスが浅草内を巡回しているので、
多少遠回りにはなるが、浅草の街並みを楽しみつつ、のんびりと巡ることができる

敷地内には、駐車場やお手洗いがないので
参拝の際には、注意が必要だ



【今戸神社(いまどじんじゃ)】

アクセス:東京都台東区今戸1-5-22
(徒歩)浅草駅から、隅田川沿いの通り(都道314号)を15分ほど歩き
リバーサイドスポーツセンター前のY字路を左に入る

(バス)浅草駅から都営バス「南千住行」に乗車、
「浅草七丁目」で下車して徒歩5分、
または、「リバーサイドスポーツセンター」で下車して徒歩2分

参拝時間:9:00〜17:00
(※御祈祷は事前予約制)

年中無休

TEL:03-3872-2703
http://members2.jcom.home.ne.jp/imadojinja/T1.htm


みんなの応援がハタラク谷を救う!クリックしてくれると嬉しいクマ〜

にほんブログ村 (ブログランキングサイトです)
  • 2015.11.20 Friday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback