Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【全国初の梅専門カフェ! ume cafe WAON】

 
JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

めんたいパークで明太子を爆買いし、かじまのカニコロッケをつまんでから
大洗の港で生しらす丼を堪能、さらに高級ソフトクリームを全身で味わったウメッピと、まだ少し物足りなそうなケルくんは、水戸方面に戻る道をトコトコと歩いていました。

「全く!繊細で敏感肌なこのオレ様を、海中に放り投げるとは、
一体、どんな神経をしていやがるんだ!!!」 ヒリヒリ

「だって、ウメさんが『乳臭い』とか『べたべたする』って・・・」

ソフトクリームまみれになった体を、海水でじゃぶじゃぶ洗ったケルくんに
ウメッピはすっかりお冠です。

「親の顔が見てみた・・・・」



《お隣さんからさつまいもを頂いたんだけど、
パパとママは早速体重が2倍に増えて、家中の椅子がみんな壊れちゃったわ!オーホホホホホ!》

《何!崎陽軒のシュウマイがひとつ足りない!? 
私たちも心苦しいが、ケルの健康には変えられないからな!ハッハハハハハ!》

《オーホホホホホ!》

《ハッハハハハハ!》



ウメッピの脳裏をよぎる、豪快なケルパパとケルママの姿。

(・・・あの父ちゃん母ちゃんなら、仕方がないな!)


ガックリと肩を落とすウメッピ。




「ウメさん、なんだかこの辺り、いい匂いがしないかクマ?」 スンスン

「いい匂いだと?
・・・そういえば、何やらカレーのような・・・」

WAON1.jpg

「こっちクマ!」

「お、おい待てケル坊!」

くんくんと匂いを辿るケルくんを慌てて追いかけるウメッピの目に
飛び込んできたのは・・・




「こ、これは・・・・!!!!!!」

WAON2.jpg


「梅専門かふぇだと!?」

「初めて聞いたクマ!!」


茨城のブランド梅《常陸乃梅》を広めるために設けられた
WAON3.jpg

表通りから少し奥まった場所の、隠れ家的カフェ
WAON4.jpg

「こここ、このような素晴らしい場所があるとは、
微塵も知らずにいた・・・ 何ということだ・・・!!!」

「わわっ! しかも、和食じゃなくて
オシャレなメニューばっかりクマ!!」

WAON5.jpg

「早速入ってみるクマ!!!」 トットコトコ

WAON6.jpg

「うう・・・
 天保13年、梅の精霊として偕楽園の開園と共にうまれ170余年・・・」

「観賞性の高さでは、どうやっても桜に及ばず、食用としても
 若者世代には受け入れられ難かった梅が、現代においてこのような・・・ オ、オレは嬉しいぞ!」

WAON7.jpg

ウメッピが梅の暖簾に感動している間に、店内に足を踏み入れたケルくん。

「こんにちわクマ!」 ガラガラ

WAON8.jpg

店内は、こじんまりとしていて
木製のテーブルと椅子が、いくつか置かれています。

「よし、ここにするぞ!
・・・って、ケル坊、何故こっちに来るんだ、狭いだろ!!」 ムギュギュ

WAON9.jpg

木目と白で統一されたモダンな店内は、どこか和の雰囲気
WAON10.jpg

「この店の品書きはどこだ!?」 キョロキョロ

「もしかして、この本なのかクマ〜?」

ケルくんが、テーブルの上にある小さな本を開いてみると・・・

メニュー表は、まるでフォトブックのよう
WAON11.jpg

お店のロゴにも、五弁の梅のデザイン
WAON12.jpg

ローズポークなどと同様の、茨城県のブランド梅《常陸乃梅》
WAON13.jpg

梅おにぎり、梅茶漬け、カレー(隠し味に梅)、
それにスイーツとドリンクがついたお得な梅ランチセット

WAON14.jpg

軽く食べたい方には、梅干しを選べるおにぎりプレート
WAON15.jpg

さらさらと頂ける梅茶漬け(単品)
WAON16.jpg

「カレーの匂いは、これだったんだクマ!」

「何! カレーライスに梅を入れるだと・・・
なんて斬新で、素晴らしいアイデアなんだ!?」

季節限定のポークカレーライス
WAON17.jpg

ロールケーキや
WAON18.jpg

チーズケーキや
WAON19.jpg

ババロアに
WAON20.jpg

ガレットにも
WAON21.jpg

はたまたブッセにも、梅が使われている
WAON22.jpg

梅シロップを炭酸で割った梅サイダーは、青梅と露茜の2種類
WAON23.jpg

大洗を舞台にしたアニメとコラボしたメニューも
WAON24.jpg

「な、何だ!? さお・・・
 さおり・・・ん、ぷれーとで食べ・・・」

「すごいクマ!!
ブルドーザーの形のケーキクマァァァ!!!」

※戦車です
WAON25.jpg

「あれっ?
ここから先は全部、梅干しのページクマ!?」

「こいつは凄い! 『梅干し』と一括りにせずに
好みの品種で選べるとは・・・!!! こんなかふぇは、始めてだ!!!」

カフェで食べられる梅は、全部で9種類あり
WAON26.jpg

産地や味付けなどが、それぞれ異なる
WAON27.jpg

塩気がガツンと来るものや、甘くフルーティーなもの
WAON28.jpg

しっかりとした果肉のものから、ふわっとほどける柔らかさのものまで
WAON29.jpg

9種類の中から、好みの梅干しにきっと出会えるだろう
WAON30.jpg

江戸時代から続く老舗・吉田屋の梅干しを
カフェでオシャレに楽しめるという、古きものと新しきものの融合

WAON31.jpg

「ん? こっちにも品書きが・・・」

WAON32.jpg

「おお!? 見ろケル坊!!
先程の梅干しの中から選んで、握り飯と茶漬けで食えるらしいぞ!!」

WAON33.jpg

「ほ、ほんとだクマァァァアア・・・!!!」

『おかわり可』の文字に、目が釘付けのケルくん。

WAON34.jpg

カウンターに並ぶ、それぞれの個性ある梅干したち
WAON35.jpg

たくさん悩んで注文を済ませた2匹でしたが・・・

「さっきから、後ろで人がウロウロしているんだクマ!
そこに何かあるのかクマ?」 ヒョイ

店内9席テラス席8席の、こじんまりとしたお店である
WAON36.jpg

「わわっ! 何かいっぱい置いてあるクマ!!」

「かふぇの一画が、売店になっているようだな!」

WAON37.jpg

店内には、梅を使った製品の売店がある
WAON38.jpg

手軽に飲める人気の梅シロップは、青梅と露茜の2品種
WAON39.jpg

露茜(つゆあかね)は、厳密には梅ではなく、すももと梅の中間である
WAON44.jpg

箱入りの梅シロップはギフトにぴったり
WAON40.jpg

もちろん、梅干しも販売している
WAON41.jpg

パックのものから、個包装のものまで
WAON42.jpg

梅干しの味見コーナー
WAON43.jpg

これだけあると、迷ってしまうが
WAON45.jpg

1粒から気軽に買えるのが嬉しい
WAON46.jpg

スイート梅は、デザート感覚で食べられる甘い一粒梅
WAON47.jpg


「これも・・・ あっ、これも美味しそうクマ!!」

「ケル坊よ、いくら梅が素晴らしくこの世で最強の食い物だからといって、
 そんなに買・・・・・ むう、それも旨そうだな!」

「お待たせいたしました〜」

ケルくんたちが売店を見て楽しんでいる内に、
頼んだものが出来上がったようです。


「ほほう! これは、何とも美しい飲み物だな!!!」

「爽やかクマ〜」

WAON49.jpg

露茜の梅サイダー
WAON50.jpg

「あれ・・・!?
 この梅干し、かたいクマ・・・!!!」 ガリッガリッ

「落ち着けケル坊!
そいつは、かき混ぜ棒の先端の飾りに過ぎないぞ!!!」

シロップと炭酸が2層に分かれているので、マドラーで混ぜて飲む
WAON51.jpg

「しっとりとして濃厚なチーズケーキだクマ〜!」

「梅のそーすをかけたちーずけーきなど、
 他所では見たことがないぞ!!」

常陸乃梅シロップソースの濃厚チーズケーキ
WAON52.jpg

「フルーティーで美味しいクマ〜!!」

甘酸っぱいベリーと梅のシロップは、濃厚なチーズケーキとの相性◎
WAON53.jpg

「これは・・・ 梅の蜜で梨を煮てあるのだな」

「ガレットとクレープって、何が違うのかクマ〜」

常陸乃梅シロップで煮た茨城県千代田産梨のコンポート添え
キャラメルソースのガレット

WAON54.jpg

=========================================
ガレットは、「円形で平たく焼いたもの」という意味で、
・クレープやパンケーキのような薄いもの
・厚み2cmくらいのビスケットを丸く焼いたもの
・パイ生地で薄く丸く焼いたもの
・ブリオッシュ生地を薄く丸く焼いたもの
・千切りにしたじゃがいもを薄く丸く広げて焼いたもの など
これらは全てガレットであり、

クレープはガレットの一種であるといえる
=========================================


甘酸っぱい梅のシロップで煮たジューシーな梨とアイス、パリパリのガレット
WAON55.jpg

「ふわふわで、美味しいクマ〜!!」

「ふむ、甘味の中では、これが1番梅の風味を感じられるな!!」

2色の梅コンフィチュールの常陸乃梅ロールケーキ 梅ゼリー添え
WAON56.jpg

9種類の梅干から選べる
焼きおにぎり梅茶漬け 漬物添え

WAON57.jpg

9種類の梅干から選べる
梅干おにぎりプレート しじみ汁 漬物添え

WAON58.jpg

隠し味に、常陸乃梅のコンフィチュールを使用したカレー
WAON59.jpg

あっという間に綺麗に食べつくした2匹は、
パンパンに膨れたおなかをさすりながら、一休み。

「いや〜、食った食った!!」

「全部頼んでいいなんて、ウメさん
見た目通り、太っ腹クマ〜!」

「や、やめろよ〜」 プニプニ


ウメッピは、おなかをプニプニされながらも、まんざらでもない様子。



(年齢や性別を問わず楽しめる、このような店ができれば、
茨城の梅の魅力が更に広まっていくに違いない・・・ 梅の精霊たるオレ様も、影ながら尽力させてもらうぞ!!)

お会計を済ませようと、懐から三徳を取り出すウメッピ。

「ウメさん、お会計はまだ早いクマ!」

「うん!?」


振り返った先には、
満面の笑顔でお土産コーナーを指差すケルくんの姿があり・・・
ここはもう、黙って頷くしかないウメッピだったのでした。



◆◆◆



店の外を眺めるようなカウンター席があり
のんびり一人カフェもしやすい

WAON60.jpg

店内の至るところに、ガルパングッズ
WAON61.jpg

WAONに設置されているのは武部沙織(さおりん)という女の子キャラ
隣は、大洗の商店街恒例の、店主さんのパネル

WAON62.jpg

潮風と日差しが気持ちいいテラス席
WAON63.jpg

待ち合わせにちょうどいいベンチ
WAON64.jpg

少しだが駐車場もある
WAON65.jpg

9種類の梅干から、お気に入りを見つけるのも楽しい
WAON66.jpg


創業天保元年(1830年)から続く老舗梅干・漬物店「吉田屋」が
時代に合わせた新しい梅文化を発信するべく、店舗を改装して始めた梅カフェ
茨城県産の梅をメインに取り扱っているのが特徴

江戸時代後期に、水戸徳川藩第9代藩主 徳川斉昭(とくがわ なりあき)によって偕楽園が開園する、10年以上前からこの地で営業している老舗である
(「天保の大飢饉」などよりも昔から営業していることになる)

「吉田屋」において、もともと梅干しが主力商品であったが、近年
水戸の偕楽園に代表されるような“観て楽しむ梅”だけでなく
食べることでも茨城県産の梅を楽しんでもらいたいとの思いから
茨城県初の梅ブランド《常陸乃梅(ひたちのうめ)》を立ち上げ、
2014年4月に店舗をカフェに改装し、全国初の『梅カフェ』をオープンさせた

また、売上げの一部を、茨城県の梅文化の発展のために寄付している

老舗「吉田屋」の伝統の技巧、180年以上守り続けてきた味と、
モダンで斬新なアイデアとが混ざり合い、その客層は年配の方から若者まで様々である


カフェのメニューは、
ブランド梅《常陸乃梅》の梅干しを使った軽食の他、
梅のコンフィチュールやソースを使用したデザートなど
たっぷりと梅の美味しさを堪能できる内容
季節ごとに限定メニューもあり、いつ来ても飽きさせないメニュー構成になっている

大洗を舞台にしたアニメ『ガールズ&パンツァー』のコラボメニューとして
戦車のケーキも販売されており、写真を撮る観光客の姿が時折見られる
(茶道、華道等と並び「戦車道」がある架空の女学校の物語)


店内では、漬物や《常陸乃梅》を含む梅製品の販売が行われており、
もちろん買い物のみの利用もできる

「スイート梅」は、デザート感覚で食べられる甘い一粒梅
カフェになる前からずっと販売されていた製品だが、
1ヶ月に1万個売れたという実績を持つ、人気の一品である

《常陸乃梅》の梅シロップ「Pure Sweet」は、7倍に希釈して飲む飲料で、
青梅と露茜の2種類あり、ふんわりとしたパッケージも可愛らしく、ギフトにも最適


ume cafe WAONという店名には、
いくつもの音が重なり美しい響きを奏でるWAON(和音)のように
茨城が誇る素材で街を元気にするコミュニティーの場になっていきたいとの思いが込められている
(さらに、店主さんのお孫さんの名前に因んでいるとのこと)

茨城のお土産として、買い物するもよし、
美味しい茨城の梅をのんびり味わうもよし
老若男女問わず、様々なシーンで利用できるカフェである



【ume cafe WAON(うめかふぇ わおん)】

アクセス:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町624

営業時間:10:00〜18:00(L.o.17:00)
定休日:水曜日
TEL:029-229-1223

http://www.kk-yoshidaya.co.jp/cominfo.html
 

みんなの応援がハタラク谷を救う!クリックしてくれると嬉しいクマ〜

にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2016.04.29 Friday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback