Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ゆるくまにあ!

ゆるくまにあ! 《第4話》

JUGEMテーマ:ものがたり

「ちょっと待てー!!」

「!? 誰です!」
おしりを庇うケルくんに迫っていたまな兵衛は、
突如割って入った謎の声に、辺りをキョロキョロ見回します。


「どこ見てんだよ!ここだよ!」

見ると、1匹の小さな鳥がパタパタと羽ばたいていました。
頭には、これまた小さな梅の花がちょこんと結んであります。


「えっ・・・ ちっさ!! ていうか、なんなんですかあなた!!」

「なりは小さくても、志は大きいぜ!オレは、水戸の梅の精、ウメッピだ!!」 バーン
梅の里.jpg

「ふ、ふん!ウメッピだかメッシだか知りませんけどね、こちらはビジネスなんですよ!口を出さないで頂きたい!」
焦ったまな兵衛は、ケルくんの耳をぐいぐい引っ張って別の場所へ連れて行こうとします。
「助けてクマ〜」


「相手の無知につけこんで甘い汁を吸おうとは、外道にも程があるぜ!!」
ウメッピは、ケルくんの頭にちょこんと乗ると、爪楊枝ほどの小さな刀で、
ちくちくとまな兵衛を威嚇しました。

「オレは100年以上前からずっと水戸で生きてきたが、そんな話は聞いたことがねえ。こいつの言ってることは全くのデタラメだ!!」
「えぇっ!!そうだったクマ!?」

「ぐぬぬ・・・ もう少しだったのに、思わぬ邪魔が入って大失敗だべ〜」
駅前ウメッピ.jpg

「こいつは、急いでデスプリン様に報告だべ!」
詐欺がバレたとわかるや、まな兵衛は慌てて逃げていってしまいました。
駅前ケル.jpg

「行っちゃったクマ・・・ 危ないところだったクマ」
ほっとしたケルくんのおなかが、ぐーと鳴りました。

「なんだクマ公、腹が減ってんのか」

ウメッピは、懐から菓子を取り出すと、ケルくんに差し出しました。

「これは、あんこ入りの求肥を赤じその葉で包んだ、水戸で知らぬ者はいない超有名な菓子だ!!
菓子の組合に加盟する5社の製菓会社だけが作ることを許され、なんと大正時代には宮中にも献上されてるんだぜ!!」
水戸の梅モザ2.jpg

「どうしてモザイクがかかっているクマ!?」

「大人の事情ってやつだ!!」

ウメッピは ふれてはいけないわだいを かいひした!!!


「求肥の中のあんこは、実は2種類!店によって、白あんと小豆のこしあん・・・・・・って、えぇ------------!?何それ!!」 ガーン

ケルくんは、梅の和菓子を一度に詰め込み、頬をぱんぱんにして、
ハムスターのような姿になっていました。
ハムケル.jpg

「な、なんだよ・・・ そんなに旨かったのかよ・・・
慌てなくても、また今度やるよ」

ウメッピは、こころなしかちょっと照れくさそうです。

「しょうがねえな・・・ 水戸のこともよく知らねえみたいだし、このまま放っとくのも気分が悪ぃし、このウメさんがダチになってやるよ」

「モゴモゴ!」


水戸の梅の精、ウメッピが仲間になった!
ケルくんの旅は始まったばかりだ!

《第5話へつづく!》

記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!

にほんブログ村 (ブログランキングサイトです)
  • 2013.08.16 Friday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback