Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【笠間名物 そばいなり(笠間浪漫)】

JUGEMテーマ:茨城/イバラキ

「まだ紅葉には早かったようだなあ」

ケルくんたちは、笠間の町並みをとことこと歩いていました。

なぜか湯のみに続いて ご飯茶碗まで、触れただけで割れてしまったので・・・ 2匹は、ウメッピの新しいご飯茶碗を探しにやってきたのでした。

「おっ・・・ この先はもしかして、笠間の神社か?」
「行ってみるクマ!」
笠間稲荷ウメケル.jpg


「・・・い、おーい!」


「ん? 何か言ったクマ?」
「いや?」

「おーい! こっちだってば!」


周りを見渡すと、何やら鳥居の上にいる生き物と目が合ったウメッピ。

「・・・」

「・・・」 スタスタ

「あああ 待って!行かないで!」


鳥居のてっぺんからよじよじと降りてきたその生き物は、どうやらキツネのようです。

「生まれも育ちも 笠間市笠間・・・ 人呼んで笠間のイナリとは、おいらのこと!」 ジャジャーン

笠間稲荷イナリ.jpg

イナリと名乗ったキツネの子どもは、ケルくんの手を引っ張ると、走っていこうとします。
「笠間稲荷に来たんでしょ! こっちだよ!」

「あわわわわ」


大きな門をくぐると、ケルくんたちの目前に立派な社が、どーんと その全貌を現しました。

「これが笠間稲荷神社か・・・ 長年水戸に住んできたが、訪れたのは初めてだぜ」
笠間稲荷外観.jpg

「一生食べ物に困りませんように・・・」

ありがたい佇まいに、思わず両手を合わせて拝むケルくん。

イナリくんは、その様子をじっと見ていましたが、突然そのおなかをつまみました。
やわらかいケルくんのおなかは、引っ張られて もちのように伸びています。

「いたた何するクマ〜」
イナリくんは、ケルくんのおなかのSマークが気に入ってしまったようです。

「そのハイカラな模様、おいらにちょーだい!」 ムギュー

「いたいクマ〜」


「こら! イナリ!!」

笠間稲荷2.jpg


「旅の人には優しくしねえか!!!」 カッ
笠間稲荷3.jpg

「兄者!!」

突然境内に響き渡る渋い声
そこには、やたら強面のキツネの像が・・・


「うちのイナリがすまねえな」

強面のキツネ像は、首にぶら下がって上機嫌なイナリくんを見て、ため息をつきました。

「俺たちは、仁義を重んじる笠間のキツネ!! ただ、イナリは あの東京大空襲の後、境内に迷い込んできた、まだ幼い新入りなんだ・・・ 多めに見てやってくれ」

キツネの兄者は、ケルくんたちに深々と頭をさげました。


「兄者は、白雉(飛鳥時代)生まれだから、もう1350歳なんだよ!!」

「白雉だと・・・!?」
これには、天保(江戸時代)生まれ170歳のウメッピも、びっくり仰天!!

「ウメさんの7倍も長生きしてるクマ!?」

「すごいでしょ!!」

「調子にのるんじゃねえ!」

自分のことのように得意げなイナリくんの頭を、キツネの兄者がこづきます。


「さて・・・ イナリ! せっかくいらっしゃったんだ、旅のお方に、笠間の『そばいなり』をご馳走してさしあげろ!」


「「そばいなり??」」
聞きなれない言葉に、ケルくんとウメッピの声が重なりました。

「うん!笠間といえば、ここ笠間稲荷神社、お稲荷さんといえば『いなり寿司』ってことで・・・ 笠間には、いなり寿司の店がたくさんあるんだよ!」

イナリくんは、エッヘン!と自慢げに小さな胸をはりました。


「兄者なんか、いつも口に いなり寿司をくわえてるんだ!」

「イナリ!! これは、いなり寿司じゃなくて、ありがたい宝玉だと、何度言えば・・・」


「中でも、中にお蕎麦が入った『そばいなり』が有名なんだ! おいら、案内するよ!」
笠間稲荷ウメケルイナリ.jpg

笠間稲荷の前の、通称《門前通り商店街》へとやってきた3匹。

「この『つの國や』も、そばいなりを売ってるよ! ここのは、舞茸入りで美味しいよ!」

「なるほど、ひとくちに『そばいなり』といっても、店によって工夫がされてるんだな」

「モグモグ!」
門前通り1.jpg

黒糖を練りこんだ胡桃饅頭の「吉田屋」
茨城の美味しいお米で作る稲荷せんべいの「仲見世 丸井」
胡桃をたっぷり使った稲荷ゆべしの「和菓子処 松島」
こしあんとカスタードを選べるバター饅頭の「菓子 たちばな」 など、笠間名物のお店が立ち並ぶ
門前通り2.jpg

《左上》 蕎麦 柏屋
《左下》 狸庵 つたや ←そばいなりの元祖とされているお店!
《右上》 蕎麦処 松月庵
《右下》 つの國や
笠間いなり.jpg

笠間いなりには、そばいなりの他にも
鶏そぼろや胡桃、サツマイモ、辛味噌など、店によって工夫された酢飯のいなり寿司がある。


「そういえば、商店街のあちこちにポスターが貼ってあるんだが、これは一体なんだ?」

「これはね! 今週末に開催される『笠間浪漫』のポスターだよ!」

「笠間浪漫?」

「笠間で毎年開催される、秋の陶芸市のことだよ!」


「何っ! 笠間焼きの催し物か!!」
ご飯茶碗を探していたウメッピの目が、輝き始めました。

「笠間の美味しいものもたくさん食べられるよ!」
今度は、ケルくんの目も輝き始めました。

「ケル坊・・・ 今週末、また笠間に来ようぜ!」

「食い倒れクマ!!」


それぞれ焼き物と食べ物を思い描きながら、今から週末が待ち遠しい2匹なのでした。


   ◆◆◆


広い会場の中で、たくさんのお店が並ぶ
笠間浪漫1.jpg

笠間焼きファンにはたまらない出品数
笠間浪漫2.jpg

笠間名物など、グルメも充実!
笠間浪漫3.jpg

笠間稲荷神社は、日本三大稲荷のひとつで
年間参拝者数は350万人を誇る

【笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)】

アクセス:笠間市笠間1
      友部ICから車で15分、JR水戸線「笠間駅」からはバスで5分
TEL:0296-73-0001
営業時間: 6:00〜日没
http://www.kasama.jp/


=== 笠間浪漫 〜秋の大陶器市〜 ===

開催日時: 2013年10月11日(金)〜14日(月・祝)
開催時間: 9:00〜17:00
       夜の部 12日・13日 17:00〜21:00

開催場所: 笠間芸術の森公演イベント広場

笠間の地場産業である笠間焼きや稲田みかげ石、木工製品などのクラフト、笠間産の美味しい農作物や田舎料理、B級グルメなど、150以上のお店が出店
さらに、12日と13日には夜の部を設け、生バンドの演奏や稲田縁日などを開催する

イベント
★高橋恒雄 料理教室(元宮内庁主厨長)
★しげるじいちゃんの新米味くらべ 11日・12日
★昔遊び教室 12日・14日
★紙飛行機、紙とんぼ、ゴム鉄砲等ワークショップ 12〜14日
★笠間焼きイベント 11日〜14日
★茨城県スイーツコーナー 11日〜14日
★生バンドの演奏及び郷土芸能の上演 11日〜14日
★第8回笠間いなり寿司コンテスト 13日 11:00〜

http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=10061


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2013.10.07 Monday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback