Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【味噌屋 麺次郎】

JUGEMテーマ:グルメ


大甕のBIGBENで、DVDを借りて出てきたケルくんとウメッピは
もう外がすっかり暗くなっていたことに気付きました。

「もう、こんな時間だったか・・・」

「ウメさんが『七人の侍』と『壬生義士伝』どっちにするか
なかなか決められなかったからクマ〜」

「すまん、すまん」

口を尖らせるケルくんに、謝るウメッピ。


「何か、旨いものでも食って帰ろうぜ!」

「やったクマ〜! おなかペコペコクマ!!」


道を渡ったケルくんは、鼻をくんくんさせて立ち止まりました。

「これは・・・ 味噌!!!」

「味噌屋、麺次郎? ラーメン屋か??」

お店の前には、車がぎっしりととめられています。
なかなかの人気店のようです。

麺次郎1.jpg

「寒い日には、味噌ラーメンに限るクマ〜!」

(なんだか、前も大甕でラーメンを食べたような・・・)

麺次郎2.jpg

「いらっしゃいませ〜!」

店員さんは、厨房で忙しそうに動き回っています。

麺の匂いとともに、店内の暖かい空気に包まれて
ケルくんたちは、ほっと息をつきました。
麺次郎3.jpg

「どこに座ろうかクマ〜」
麺次郎4.jpg

ケルくんたちは、赤いイスのおしゃれなカウンターに座ることにしました。
足元には、荷物をいれるためのカゴが置いてあります。

ちょこんとイスに座ると、2匹は置いてあるメニューを手に取りました。
麺次郎5.jpg

「ん? これは、一体なんだ??」

メニューを開くと、まず2匹の目に飛び込んできたのは
3種類の味噌の名前!


「さすが、味噌らーめん専門店・・・
スープの味噌の種類を選べるんだな!」

「なんだか斬新だクマ〜」

麺次郎6.jpg

「信州味噌はやや濃口、九州麦味噌は甘口、北海道味噌は濃口、か・・・」

「味噌の種類によって、そんなに違いがあるとは、驚きクマ!!」

麺次郎7.jpg

それぞれの味噌ごとに、メニュー展開されている
麺次郎8.jpg

ケルくんは、味噌漬け炙りチャーシューのページに釘付けです。

「すごい厚みだクマ!!」

「旨そうだな」

「どんぶり一杯、食べたいクマ〜」

麺次郎9.jpg

北海道味噌らーめん(コーン、炙りチャーシュートッピング)
麺次郎10.jpg

九州麦味噌らーめん
麺次郎11.jpg

それぞれの味噌のスープを全部飲み干した2匹のおなかは、
パンパンに膨らんでいます。

「ああ、美味しかったクマ〜」

「次来たときは、信州味噌だな」


満足してお店を出ようとしたケルくんは、
すれ違いざまに、メニュー看板を振り返ってガン見!!

「わらじカツ定食って、一体何クマ!?」


入口の立て看板に踊る『極厚ロース』の5文字が、
ケルくんを手招きしています。


「わらじカツが、僕を呼んでいるクマ!!」

極厚ロースカツの誘惑には、到底勝てるはずもなく、
Uターンして、お店に吸い込まれていくケルくん。


(ケル坊の胃袋は、一体どうなってるんだ・・・!?)

いつの間にか、パンパンだったはずのおなかも元通りの
ケルくんの体の構造に、ひたすら首を傾げるウメッピだったのでした。



 ◆◆◆



国道245号沿いにある味噌らーめん専門店

選べる味噌は3種類で
信州味噌、北海道味噌(+30円)、九州麦味噌(+50円)

信州には山菜、北海道にはフライドポテト、
九州麦にはさつま揚げがトッピングされている

麺は中太の縮れ麺で、濃厚な味噌との絡みもバッチリ

味噌漬けにされている炙りチャーシューは
バラ肉で、香ばしく厚みがあり食べ応えがある
麺次郎14.jpg

『頑張る人のがんばるセット』は、
北海道味噌らーめん大盛りに、味噌漬け炙りチャーシュー2枚、味噌漬け煮卵半身、さつま揚げトッピング、ライス+餃子と、かなりお得な内容!

ラーメンだけでなく、自慢の味噌を使用した
ボリューム満点な『味噌野菜炒め定食』も人気

麺次郎12.jpg


『味噌は日本人の宝物。』として、全国各地の美味しい味噌を提供している
麺次郎13.jpg

暖簾分け制度を実施しており、茨城県にある系列店は、今のところ

水戸市の『味噌屋 麺吉』、大子町の『味噌らーめん 不二乃』、
ひたちなか市の『味噌らーめん 不二乃 2番館』 である






【味噌屋 麺次郎 (みそや めんじろう)】

アクセス:茨城県日立市大みか町4-23-1
国道245号沿い、BIGBENの向かい


営業時間:11:00〜24:00(L.o.23:30)
TEL:0294-53-5505
http://www.misoya.net/


 
記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.02.24 Monday
  • 08:00

お散歩マニア

【大串貝塚ふれあい公園 〜ダイダラボウ伝説〜】

JUGEMテーマ:茨城/イバラキ



ある日、大洗の温泉でリフレッシュしたウメッピは
上機嫌で水戸市街に帰る途中に、不思議な光景を目にしました。

「なんだ、あれは・・・!?」
大串1.jpg

よく目を凝らしてみると・・・


ズーン
大串2.jpg

「うおお!? 大変だ!! ケル坊! ケル坊!!」


〜〜 数時間後 〜〜


ケルくんを呼んできたウメッピは、
連れ立って、問題の場所に向かうことにしました。


「ウメさんの、見間違いじゃないのかクマ?」

「違うって!! うーん、多分この辺だと・・・
 おっ! なんかあったぞ!!」


「『ダイダラボウの里へようこそ』??」
大串3.jpg

「どうやら、公園のようだな・・・」
大串4.jpg

石碑の先には、大きな広場がありました。

「広いクマ〜」
大串5.jpg

石造りの綺麗な建造物は、
よく見ると、柱は折れ、屋根は落ち・・・

「ボロボロクマ!」

「まさか、アイツの仕業か!?」
大串6.jpg

震災で壊れたわけではなく、
ダイダラボウが踏んだようにイメージして作られている

大串7.jpg

近付いてみると、何かが展示してある施設のようです。

「じょうもん・・・?」

「入ってみようぜ!」
大串8.jpg

入口では、ミニチュアのダイダラボウと
水戸のゆるキャラ『ハッスル黄門』がお出迎え
大串9.jpg

館内では、縄文時代の土器や
大串10.jpg

四季それぞれの暮らしぶりについての展示がなされている
大串11.jpg


「ここには、外から見えたアイツはいないみたいだな・・・」

「もっと奥まで行ってみるクマ!!」



!?
大串12.jpg

謎のベンチの出現にも怯まずに、先に進むケルくんたち。


「ウメさん、橋があるクマ〜」

「うむ、渡るぞ!」
大串13.jpg

木造の橋をわたったケルくんたちは、
また不思議な広場にやってきたようです。

縄文〜古墳時代の住居と人々を再現した広場
大串14.jpg

「家が、たくさんあるクマ!」
大串15.jpg

興味津々で近付くケルくん。

「変な形クマ・・・」
大串16.jpg

「中は、一体どうなっているクマ?」

「お、おい・・・ ケル坊!」
大串17.jpg

中は、わずかに外の光が入るものの、薄暗く、
鳥目のウメッピは、慌てて明るい場所に戻りました。
大串18.jpg

「『禁煙』って書いてあるクマ!
どうやらここの住人は、タバコがやめられずに困っている人クマ!」

(違うだろ!!)
大串19.jpg

ワン! ワン!

「なんだ? 犬か・・・?」


「×○△♯$!!」

大きな声がして庭を見ると、
険しい顔をした屈強な男の人が立っていました。


ドドドドド
大串20.jpg

ドドドドドドドド
大串21.jpg

ドン!
大串22.jpg

ドキーン

「イヤァァァァァー」

飛び上がって、後頭部を外壁にぶつけるケルくん。


「×○△♯$!!」


「わわわ、不法侵入して、ごめんクマ〜」

「やばい、絶対怒ってるぞ!」


「¥○△$×♯!」

(ケル坊--------------!?)


「×○$!?」

ケルくんの言葉に、身を乗り出した縄文人。
言葉が通じているようです!


「×○♯!!」

「×○♯!!」

ガシッと手を握り合う、ケルくんと縄文人。


何か道具を作っているらしい縄文人
大串23.jpg

『竪穴式住居(たてあなしきじゅうきょ)』と呼ばれ、
縄文時代には円形のものが多い

大串24.jpg

縄文人とすっかり打ち解けたケルくんは、
別れを惜しみつつ、隣の弥生人の家に向かいます。



「ウンバボ! ウンバボー!」
大串25.jpg

ドキーン

「イヤァァァァァー」

突然の声に、またも飛び上がるケルくん。


「ウンババ!」


(仲間が現れた!)
大串26.jpg

「ウンバッ! ウンバッ!!」

「うわあ、なんだかわからないけど、めっちゃ喜んでるみだいだぞ!」
大串27.jpg

「ウンバァァァ!!」

「ウンバァァァ!!」

意気投合するケルくんと弥生人。
大串28.jpg

「やれば、できるもんだクマ!」

(すごい・・・のか?)

弥生人たちと、心ゆくまで ウンバボしたケルくんたちは、
隣の古墳時代の家へ・・・



「おっ! これは大分、今の家に近いんじゃねえか!?」
大串29.jpg

古墳時代の家になると、
現在も残る藁葺き屋根の家と、あまり変わらない造りに

大串30.jpg


「△×$♯!!」

「ウンバボ! ウンバッ!!」


「みんな、とってもいい人たちだったクマ〜」

「オレには、何を喋ってるのかさっぱりだったけどな・・・」


縄文広場を堪能したケルくんたちは、
見送ってくれる縄文人と弥生人に手を振りながら、
公園のさらに奥へと進んでいったのでした。

この先に、2匹の理解を超えた不思議な世界が、
待ち受けているとも知らずに・・・


《大串ふれあい公園編 その2へつづく!》


 ◆◆◆


茨城県内には、涸沼や筑波山などに関連する
ダイダラボウの伝説や民話が多く残っている


奈良時代(713年)の『常陸国風土記(ひたちくにふどき)』に
大昔、この辺りにいたという巨人(ダイダラボウ)が
食べた貝殻が積もってできたという貝塚の話が書かれており、

ここ大串ふれあい公園は、
国指定史跡の『大串貝塚』に、巨人伝説に基づいて作られ
平成3年に開園した公園である



公園の入口には、『水戸市埋蔵文化財センター』があり
震災で壊れたのではなく、
ダイダラボウに踏まれたのをイメージしたようなデザインになっている


中には、縄文人の暮らしを紹介する無料の資料展示施設
「縄文くらしの四季館」がある

ダイダラボウ像に向かう途中には、

縄文時代から古墳時代までの住居を再現した広場
「縄文広場」が設置されており、当時の暮らしぶりを垣間見ることができる



【大串貝塚ふれあい公園 (おおくしかいづか ふれあいこうえん)】

アクセス:茨城県水戸市塩崎町1064-1
北関東自動車道「水戸大洗IC」から5分

開園時間:9:00〜21:00
(園内施設は9:00〜16:15)

休園日:なし(園内施設は月曜定休、12/29〜1/3)
入園料金:無料

TEL:029-269-5090
http://www.ibarakiguide.jp/db_kanko/?detail&id=0800000000652



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)

  • 2014.02.21 Friday
  • 08:00

食マニア

【抹茶&日本茶カフェ nana's green tea】

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店



大山生煎店で、焼き小籠包『生煎(シェンジェン)』を堪能した2匹は、
お店から出ると、そのまま通りに沿って、ぶらぶらと散策していくことにしました。


「ここは、『すずかけ通り』っていうのかクマ〜
 すずかけって、一体何クマ?」

「すずかけっていうのは、別名プラタナスともいって、
 よく街路樹として植樹されている、大きな葉のアイツのことだな」

「ナスなら、僕は麻婆茄子がいいクマ〜」


ケルくんの前をパタパタ飛んでいたウメッピは、
数百メートルほど進んだところで、振り返りました。


「見ろケル坊、こんなところに茶屋があるぞ!」

「えぇっ!

 ここは、オシャレな雑貨屋さんじゃないのかクマ!?」


ナナズ1.jpg

ウメッピとケルくんは、興味津々で店頭のメニューを覗き込みます。

「抹茶だけでも、こんなに沢山あるのかよ! すげーな!」

「美味しそうな丼もあるクマ〜」

ナナズ2.jpg


和の素材を使ったドリンクやパフェ、甘味がずらり
ナナズ3.jpg

丼ごはんは、ミニサイズも選べる
ナナズ4.jpg


「ようし、ここはオレが奢ってやるぞ」


「やったクマ〜!!」


食後の甘味ということで、ケルくんたちはお茶をしていくことにしました。



「いらっしゃいませ〜」


店内に入るとすぐ、階段があり、どうやら2階、3階まであるようです。

ナナズ5.jpg

1階でオーダーを済ませたケルくんたちは、階段を登って席を探してみることにしました。


「席まで運んでくれるなんて、親切クマ〜」


「これは、茶葉をモチーフにした模様なんだろうな」

ナナズ6.jpg

2階は、大きな窓や、通りを見下ろすカウンター席もあり、開放的な雰囲気です。


「ここにしようぜ!」


「僕、お水を取ってくるクマ!」


お冷やは、各階にあってセルフ方式のようです。

ナナズ7.jpg

どこか和を感じさせつつも、洗練されたモダンな雰囲気
ナナズ8.jpg

「お待たせしました〜 抹茶白玉パフェのお客様!」



「・・・オレだ」


照れくさそうに羽を挙げるウメッピ。



「ウメさん、食後なのにパフェを食べるつもりかクマ!?」


「い・・・ いいだろ別に!!」



グラスの中では、粒餡の隣で

つるりとした白玉が、ちょこんと覗いています。


抹茶白玉パフェ

ナナズ9.jpg


「こちら、抹茶ガトーショコラパフェです」


2匹の前に、もうひとつ、大きなパフェが置かれました。


まるまる1ピース入ったガトーショコラが、

グラスからはみ出して主張しています。



「なんだよ! ケル坊も、結局パフェなんじゃねえか!!」


「美味しそうクマ〜」


抹茶ガトーショコラパフェ
ナナズ10.jpg

パフェを構成するのは、生クリーム、抹茶シロップ、粒餡、玄米フレーク、抹茶や小豆やゴマなどのアイス、寒天、黒蜜、白玉やケーキなど・・・


ボリューミーな見た目ですが、寒天などが入っているので

サッパリと食べ進めることができます。

ナナズ11.jpg



「こんなにたくさん種類があると、色々食べたくなってしまうクマ!」


優柔不断なケルくんは、

早くも店員さんに、パフェを次々にオーダーしていきます。


ほうじ茶ロールケーキパフェ
ナナズ12.jpg

抹茶生チョコレートパフェ
ナナズ13.jpg

黒胡麻わらび餅パフェ
ナナズ14.jpg

抹茶わらび餅ジェラートパフェ
ナナズ22.jpg

昔ながらの製法で、毎朝大釜で炊いて職人が練り上げているというわらび餅は

しっかりとした歯ごたえで弾力のあるタイプ
ナナズ23.jpg


「ふう・・・

 甘いものを食べていたら、しょっぱいものが食べたくなってきたクマ!」

「まだ食うのかよ!」


ケルくんの気持ちがいいほどの食いっぷりを眺めていたウメッピも、

さすがに呆れ顔です。


タコライスどんぶり
ナナズ16.jpg

鶏そぼろどんぶり
ナナズ17.jpg

鮪とアボカドのとろろどんぶり
ナナズ18.jpg


「美味しかったクマ〜!」


ぱんぱんにふくらんだおなかを撫でて、満足気なケルくん。

奢ると言ってしまった手前、すごい勢いで軽くなっていく財布に、若干涙目のウメッピ。



「じゃあ、そろそろ・・・」


「食後のドリンクを頼むクマ!」


(何ィ----------------!?) ガーン



来月の食費は、少し抑え気味にしなければと、

今から頭を痛めるウメッピだったのでした。


抹茶白玉フロートラテ、抹茶チョコレートラテ
ナナズ19.jpg



 ◆◆◆



日本伝統の「抹茶」や「緑茶」の魅力を

現代のライフスタイルに合ったスイーツとして提供している

抹茶スイーツもりだくさんの、モダンな和カフェ


店内は、「現代の茶室」をコンセプトに、シンプルで落ち着いた空間で、

ファーストフード感覚で、和食ごはんメニューや、和スイーツを楽しめる



食事メニューは、大きく分けて「雑穀どんぶり」と「うどん」

普通サイズとミニサイズがあり、ミニサイズはデザートも食べたい方に◎


ドリンク以外にも、

あんみつ、ぜんざい、わらび餅、抹茶ガトーショコラ、

ほうじ茶シフォンなど、甘味も充実



1階2階は禁煙席で、3階は喫煙席である


ドリンクのテイクアウトや、

女性のお一人様ランチなどでも気軽に入れるお店



22:30までの営業なので、会社帰りでもゆっくり過ごせる
ナナズ20.jpg

「抹茶は日本のエスプレッソ」
抹茶ドリンクの種類が、とにかく豊富!!
ナナズ21.jpg


今の季節は、きなこ生チョコレートパフェと
きなこガトーショコラなど、きなこのスウィーツを販売中



イオンやパルコ、丸井などのショッピングモールやデパートに入っていることが多い

茨城県では、イオンモール土浦店のみである




【抹茶&日本茶カフェ nana's green tea (ナナズ・グリーンティー)】

アクセス:東京都目黒区自由が丘1-29-18
自由が丘駅から徒歩3
分、大山生煎店と同じ通り沿い(すずかけ通り)

営業時間:10:30〜22:30 (日曜は〜21:00)
TEL:03-3718-3552
定休日:無休
http://www.nanaha.com/



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.02.17 Monday
  • 08:00

ゆるくまにあ!

ゆるくまにあ! 《第16話》

JUGEMテーマ:ものがたり


2月に入り、もうすぐ、1年に1度の
女の子にとって大切な日がやってきます。

『ワールド チョコレート マスターズ』で優勝し、
カリスマショコラティエとしても名高いシーちゃんの作るショコラは、
食べた人を笑顔にする『幸せを呼ぶショコラ』として、今年も大人気!

全国からたくさんのオーダーを受けて、大忙しです。

バレンタイン.jpg

「今年も、たくさんの片思いが実を結ぶといいわね」

鼻歌を歌いながら、手際よくボウルの中身をかきまぜていたシーちゃんは、
出窓に飾った植木鉢を眺めながら、
初恋の相手に初めて出会ったときのことを、思い出していました。



〜〜〜 ハタラク谷 〜〜〜


谷のはずれにあるその1軒の丸太小屋には、
ベッドに弱々しく横たわる、痩せ細った小さなクマと、
その手を握る、まだ幼い日のシーちゃんの姿がありました。


「姉ちゃん・・・ ボク、もうダメみたい・・・」

小さな弟クマの体の紋章は、日に日に薄くなり消えかかっていました。

シーちゃんは、それを見てさっと顔色を変えましたが、
ぐっと手のひらを握り締めて、明るく振舞います。

「そんなバカなこと、言わないでちょうだい! お姉ちゃんね、
やっと山岳ガイドとメディカルハーバリストの資格を取れたの!

お姉ちゃんが、今度こそ、あの山の薬草を取ってくるから、
そしたら・・・ こんな病、あっという間によくなるわよ!!!」

バレンタイン6.jpg

飛び出したシーちゃんは、堪えきれず溢れた涙をぬぐうこともせず、
大きな袋を抱えて、必死で走りました。

ハタラクマにとって、命取りである病、『ハタラケナイ病』を治すには、
安全な谷を出て、恐ろしい生物が棲むあの山へと登らなければいけません。

その森に生えているという、希少な薬草
『森々ハタラク草(モリモリハタラクゾウ)』さえ、あれば・・・


〜〜〜 あの山 〜〜〜


崖を登り、草を薙ぎ、シーちゃんの手足は傷だらけです。

(森々ハタラク草は、群生する植物だから、
きっとこの辺りに生えているはず・・・!)

「痛っ」

大きな岩をどかしたシーちゃんの爪の根元から
血が滲み始めましたが、歯を食いしばり、いくつもの岩をどかしていきます。

シーちゃんの瞼の裏に、小さな弟の笑顔が浮かびました。

(待っていてね! お姉ちゃんが、絶対に薬草を持ち帰るから!!)


最後の岩をどかしたとき・・・


「あっ!」

そこには、小さな森々ハタラク草が一輪、風に揺れていました。

バレンタイン4.jpg


(他には・・・)

しかし、周りを見渡しても、どうやら一輪しか見当たりません。

(せめて、一輪だけでも・・・)

シーちゃんが、大切な薬草を摘み取り、
袋に入れようとした、そのときです。


シュルシュルッ

「うまそうな匂いがすると思ったら・・・
 今日は豪勢な、生肉定食になりそうだぜえ」

不気味な音を立てて、シーちゃんの前に現れたのは、大きなヘビ!!

クマたちを丸呑みしてしまうこともあるという、恐ろしいヘビです。
血の匂いを嗅ぎ付けて、やってきたのです。

バレンタイン1.jpg

「・・・・!!」

じりじりと、後ろに下がるシーちゃん。
後ろ手で、何か武器になりそうなものを探しますが、見つかりません。


ヘビは、黄ばんだ太い牙を噛み鳴らしながら、ウネウネと近付いてきます。

「あらら! そいつは、森々ハタラク草じゃねえの・・・ へへへ
 こりゃあ、ツイてるぜえ! クマ肉ともども、いただきまー」


バリッ ボキッ

「フンヌァァアアアアアア!!??」


ヘビが大きな口を開けたそのとき、
何かがバキバキと音を立てながら、落下してきました。


ドシーン!! メリメリッ


「キャッ!」

ぎゅっと目をつぶっていたシーちゃんが、大きな音に思わず目を開けると、
そこには不思議な生命体が立っていました。


(えっ!!? 何!?)
バレンタイン7.jpg


よく見ると、それは仲間であるハタラクマの、おしりのようです。
木の洞(うろ)に、上半身を突っ込んだまま、抜けなくなってしまったであろう豊満なおしりです。

動けないおしりにラクガキして遊んでいたらしい鳥たちが、
上空から大笑いしています。


ハッとしてシーちゃんがヘビを探すと、
恐ろしいヘビは、おしりの木の下敷きになって、すっかりのびてしまっていました。


「いたた・・・ 折れるなんて、ひどいクマ〜」

慌ててシーちゃんは、おしりの主を引っ張り出すことにしました。


男の子クマは、なぜか顔がパンパンに腫れています。

「危ないところを、助けてくれてありがとう・・・」

「?? 僕の方こそ、デリケートかつグラマラスなおしりが、
 おかげで助かったクマ!」


少し落ち着いてきたシーちゃんは、
彼が落ちてきたであろう上空を見上げました。

「どうして、あんな高いところから落ちてきたの?」

「コレを採っていたんだクマ!」

男の子が差し出したのは、甘い蜂蜜がたっぷり詰まった、大きな蜂の巣!!


「・・・ん? これは何クマ?」

蜜でベタベタの蜂の巣には、何やら植物がたくさん貼り付いていました。

バレンタイン8.jpg

「あっ!!! それは・・・」



目をぱちくりさせた後、シーちゃんは、
くしゃくしゃになって笑いました。




バレンタイン2.jpg

〜〜〜


部屋の壁には、少し大きくなった弟が、満面の笑みでトロフィーを持つ写真。
おなかには、くっきりとした赤い紋章が輝いています。

出窓で優しく揺れる森々ハタラク草を見て、微笑んだシーちゃんは
今度は自分のために、ボウルをかき混ぜ始めました。

バレンタイン5.jpg



 ◆◆◆



ピンポーン
「ちわーす! どらねこヤマトでーす!」


「なんだ!? ケル坊!
 シー姐さんから、やたらでかい荷物が届いたぞ!!」


バリバリ
「こ、これは・・・!!」


ダンボール箱の中には・・・

大好物である鮭の形をした大きなチョコが、
ぎっしりと詰まっていたのでした。
バレンタイン3.jpg


《第17話へつづく!》


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.02.14 Friday
  • 08:00

食マニア

【焼き小籠包 大山生煎店】

JUGEMテーマ:グルメ


「ここがグルメの街かクマ〜」

「小さな店がたくさん並んでいるな」

二子玉川から東急大井町線に乗り換えて
グルメの街、自由が丘にやってきたケルくんとウメッピ。

自由が丘は、都会というよりも、どこかのどかな雰囲気で、
可愛い雑貨屋さんやオシャレな服屋さん、
美味しそうなスイーツショップなどが並んでいます。


ケルくんたちは、キョロキョロしながら歩くうちに
何やら賑わっているお店を発見して、立ち止まりました。

「すごい、お店の中に行列ができているクマ!」

「一体、何屋なんだ・・・?
小籠包(ショウロンポウ)って書いてあるし、やはり食い物か?」

「僕、小籠包大好きクマ!!」

おなかがぺこぺこだった2匹は、早速お店に入ってみることにしました。

大山生煎店1.jpg

店内に入ってみると、テイクアウトか立ち食いスタイルのようです。

大山生煎店2.jpg

壁には、お笑い芸人やアイドルなど
有名人のサイン色紙がずらり!

「すごいクマ〜! 僕も、サインを書いてくればよかったクマ!!」

「逆だろ!」

大山生煎店3.jpg

「有名人が、こんなにたくさん来ているなんて、
きっと、ナマなんとかは、ものすごく美味しい何かなんだクマ!」

「ケル坊! どうやらシェンジェンと読んで、
焼いた小籠包のことみたいだぞ!」

「楽しみクマ〜」

お店での1番人気は、なんといっても生煎(シェンジェン)!
大山生煎店4.jpg

ウメッピに席を確保してもらい、お店の外の行列の最後尾に並ぶケルくん。
待っている間にも、次から次へと人が並んでいきます。

生煎は5分で焼きあがるが、
作っても作っても売り切れるので、常に焼き待ちの行列ができる
大山生煎店5.jpg

手際よく、どんどん生煎が作られていく
大山生煎店6.jpg

どんどん包まれていく生煎は、隣の大鍋で次々と焼かれていきます。

ガタッ

「おぉっ!?」

その迫力には、店内で見つめるウメッピも大興奮です。

大きな鉄鍋で、豪快に焼かれていく生煎
大山生煎店7.jpg

巨大な鉄鍋にコロコロと整列した小籠包たち
大山生煎店8.jpg

〜 数分後 〜

「ウメさん、お待たせクマ〜」 ゴトッ

「うおお、すげえええ」

お皿の上に並んだ生煎からは、なんとも香ばしい香りがしてきます。

「アツアツの焼きたてクマ!」

生煎は1個100円で、3個から購入できる
大山生煎店9.jpg

「なるほど、まずはそのまま・・・」

大山生煎店10.jpg

店内には、ずらりと黒酢の瓶が並ぶ
大山生煎店11.jpg

表面はもちっと、裏側はガリッと硬く香ばしい、クリスピーな食感
大山生煎店12.jpg

店内を見渡していたウメッピは、
注意書きを見つけて、ケルくんを振り返りました。

「ケル坊! 食べ方が書いてあるぞ!」

ガブリッ

大山生煎店13.jpg

ジュワッッ

「コレメッチャ熱いクマァァアアア!!!!」

何も知らずにかじりついたケルくんの口に
無慈悲に攻撃を仕掛ける、焼きたての生煎!

中からアッツアツのスープが飛び出して、
ケルくんは、あまりの熱さに飛び上がりました。

ぽーんと飛んでいったアツアツの生煎を、
代わる代わる手でお手玉して、最後は口の中にポイ!

大山生煎店14.jpg

「○×▲※$#!!!」

ゴックンと飲み込んだケルくんに、慌ててコップの水を差し出すウメッピ。

涙目をショボショボさせて水を飲み込んだケルくんでしたが、
この程度のことで、再起不能になるわけがありません。

「うぅ・・・ 今こそ、この能力を使うときがきたようだクマ・・・」


『不死鳥の舌(タン・オブ・フェニックス)!!』 カッ

(だせえええ)

不死鳥のポーズをとったケルくんの、タラコのように腫れた唇が
みるみるうちに治っていきます。

(いや、地味にすげえ! でもだせえ!!)


食いしん坊キャラの持つ驚異的なスペック、
不死鳥の舌を発動して、ヤケドを瞬時に回復したケルくん。

全ては、美味しいものをより早く、よりたくさん食べるためなのです。


「全く、慌てん坊だな・・・
こうやって食べるみたいだぞ」

皮に丁寧に穴をあけて、注意深くスープを飲むウメッピ。

大山生煎店15.jpg

ウメッピの様子を見よう見まねで、
今度はレンゲの上で上手に食べることのできたケルくん。

肉の旨味、そして生姜が効いている極上のスープ・・・


「これは、今まで食べてきた小籠包とは、全然違うクマ!!!」

「柔らかい肉と、カリカリもちもちとした皮の食感も
相性抜群で、クセになるな」

生煎の中には、あふれ出すほどのスープが
大山生煎店16.jpg

「僕、もう一回並んでくるクマ!!」


このボリュームたっぷりの、危険で美味しい食べ物に
すっかり夢中になってしまったケルくんは、
このあと結局、『不死鳥の舌』を、あと3回も発動することになるのでした。

(恥ずかしい・・・)


生煎と食事メニューを組み合わせた、お得なランチセットもある

大山生煎店17.jpg


 ◆◆◆


自由が丘駅から徒歩3分の場所にある
上海名物 『生煎』のお店


鉄板で焼く調理法のことを「煎」と呼ぶため、

生煎とは、焼き小籠包のことで、
中国ではたこ焼き感覚で食べられている


焼小籠包以外にも、中華粥、汁なし担々麺などのメニューもあり、
週末や夜はスタンディングだが、
平日のランチタイムにはカウンターが座れるスペースになる

一度に鉄鍋で焼ける数は限られているため
常に焼き待ちの行列ができているが、
焼き時間自体は短いので、待つのは数分である

パッと食べてパッと出る、ファーストフード感覚のお店


【大山生煎店 (タイザン シェンジェンテン)】

アクセス:東京都目黒区自由が丘1-4-6 1F
     自由が丘駅(北口)から徒歩3分


営業時間:(月〜金 12:00〜22:00)
       (土日祝 12:00〜21:00) ※ただし、売り切れ次第終了

定休日:第2、第4火曜日
TEL:03-5731-0977
http://www.taizan-shengjian.com/main/



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.02.10 Monday
  • 08:00

イベントマニア

【第118回 水戸の梅まつり】

JUGEMテーマ:茨城/イバラキ


梅の花が、ついに見頃を迎え始めた偕楽園。
梅まつり.jpg

橋を渡って、連日大勢の観梅客がやってきます。
梅まつり5.jpg

パリッと法被を羽織ったウメッピは、大忙し!
襟元で『梅まつり実行委員会』の文字が燦然と輝いています。

「いいか、みんな!
お!も!て!な!し!の、精神を忘れないようにな!」
梅まつり10.jpg

全国から偕楽園に観光客が集まる、年に一度の大舞台です!
会場を仕切るウメッピにも思わず気合が入ります。

セイヤッ
梅まつり9.jpg

ドンドコ ドンドコ 

和太鼓の力強い音色と、威勢のいい掛け声が
早春の青空に響き渡ります。


和太鼓のステージから、集まった大勢のお客さんの笑顔を見た
ウメッピの胸は、いっぱいになりました。

(あの震災のときは、もうだめかと思ったが・・・
こうして今年も立派に開催することができて、本当によかったなあ)

震災の傷跡は、今では綺麗に修復されている
梅まつり8.jpg

「こうしちゃいられん」

和太鼓の舞台を終えたウメッピは、最高のパフォーマンスを見せるために
今度は、尺八の練習を始めました。


   ◆◆◆


「ウメさん、かっこよかったクマ〜」

忙しく園内を走り回るウメッピとは別行動で
出店のフランクフルトを頬張っていたケルくんは、人だかりを見つけて
近付いてみることにしました。


「わあ・・・ 着物の綺麗なお姉さんが、踊っているクマ!」

人ごみをかきわけて、
一際歓声とフラッシュを浴びている立方を見てみると・・・


「シーちゃん!?」

そこには、艶やかな着物姿で舞を舞うシーちゃんの姿が!

梅まつり1.jpg

各流派合同新春舞踊大会では、毎年最優秀賞に輝き
自分の流派を立ち上げ、教室まで開いているシーちゃんの身のこなしは、
実にたおやかで、その美しさは凜と立つ一輪の花のようです。

演目を終えたシーちゃんは
今度は、筝(こと)を抱えて、どこかに走り去っていきました。


「みんな、すごいクマ〜」

ウメッピやシーちゃんの活躍に
闘志がメラメラと燃え上がってきたケルくん。

「よーし・・・
僕も張り切って、いいところを見せるクマ!!」



ケルくんの、得意分野は・・・
梅まつり4.jpg


奮起したケルくんは
納豆の早食い大会の会場で、挑戦者の列に座っていました。

「水戸納豆早食い世界大会」は、
決められた量の納豆を、どれだけ早く食べられるかという
過酷なタイムレースなのです。


まず予選は、納豆ごはん!

「ほかほかのごはんに納豆・・・
この上ない組み合わせクマ!!」
梅まつり3.jpg

「いただきまーす!」

ケルくんは、大きな口をあけると
ぺろっと一口で、納豆ごはんを平らげてしまいました。


「もぐもぐ・・・ 余裕のよっちゃんクマ!!」

食いしん坊なケルくんのほっぺたは、もちのようにどこまでも伸びるのです。

梅まつり5.jpg

迎えた決勝戦は、わらづと納豆単体で350g!

どんぶり一杯に盛られた納豆は、すごい迫力です。

梅まつり4.jpg

納豆は1パック50g・・・
つまり、7パック分もの納豆ということになります!

しかし、ケルくんは怯みません。

「納豆をこよなく愛する僕にとって
納豆は、もはや飲み物クマ! このくらい楽勝クマ!!」

ここで勝てば、優勝です。
緊張した空気が張り詰める中、ついに開始の笛の音が鳴り響きました。

ピー!

「はじめ!」

一斉に、どんぶりから納豆をかきこみ始める挑戦者たち。


(ここは、超絶カッコイイ技で、一気にカタをつけるクマ!!)

お箸を左手に持ち替えたケルくんが、不敵に笑います。


「サウスポ〜〜〜〜  トルネードッ!!!」 シュバッ! 

ガッ
梅まつり2.jpg

高速で納豆を練り上げたケルくんの、勢いよく振り上げた箸が
隣の挑戦者を強かに打ちつけました。

ピピピー!!! 

「17番、他選手への妨害行為により、失格です!!」

「えぇっ!!」 ガーン


大きなたんこぶをこしらえた隣の挑戦者に平謝りしながら、
粋な着物の女の子グマが、みんなの喝采を浴びているのも目に入らずに
ガックリとうなだれるケルくんだったのでした。


※よい子のみんなは、
隣のお友達や、まわりをよく確認してから、楽しく安全に納豆を食べよう!


 ◆◆◆


偕楽園は、岡山市の後楽園や金沢市の兼六園と並ぶ
「日本三名園」のひとつ

園内には、100種3000本の梅が植えられており
梅まつり期間中には、様々なイベントが開催される



★梅まつり開幕記念品プレゼント
(2/22 9:20 偕楽園(東門))
 
★水戸黄門一座による無料写真撮影サービス
(3/22〜3/30の土日祝 10:00〜15:00)
 
★いばらき総文2014大会PRイベント
日本音楽・吟詠剣詩舞・書道など
(2/23 10:00〜15:00)
 
★野点茶会
(石州流3/2 10:00〜15:00、表千家3/9、江戸千家3/16、裏千家3/23)
 
★五軒香梅ひな流し
(3/8 10:30〜12:00)
 
★第67回大撮影会と写真コンテスト
(3/9 10:00〜15:00)
 
★第9回 夜・梅・祭
(3/15 18:00〜21:00)
http://www.yoruume.com/
 
★梅林の賑わい〜太鼓・舞〜
(3/16 11:00〜、13:00〜)
 
★水戸黄門まつり太鼓
(3/30 11:00〜、13:00〜)
 
★水戸の梅まつり 梅酒大会2014
(3/7、8、9 10:00〜16:00)
 
★ライトアップ「偕楽園 光の散歩道」
(3/7〜3/23 〜21:00)
 
 
他にも好文亭でのいけばな展示、いばらき復興県産品まつり、
千波湖畔での料理対決、納豆早食い大会など、楽しいイベントが目白押し!

詳細はHPで確認してみよう!


期間中の土日祝は、JR常磐線に「偕楽園臨時駅」が開設される
(9:10〜15:30に運転する、特急を含む下り列車のみ)
梅まつり13.jpg

 
【第118回 水戸の梅まつり】

会場:偕楽園、常盤神社

アクセス:(電車)JR「水戸駅」北口から、茨城交通バスもしくは関東鉄道バスで約15分
※JR偕楽園からは徒歩3分
(車)常磐自動車道「水戸IC」より、国道50号経由で約20分

期間:平成26年2月20日(木)〜平成26年3月31日(月)

TEL:029-244-0441(一般社団法人 水戸観光協会)
http://www.mitokoumon.com/festival_ume



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.02.07 Friday
  • 08:00

食マニア

【cafe 月兎耳】

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


「この前の勝田全国マラソンは、かっこよかったクマ!
来年は、僕も参加したいクマ!」

「『君よ、勝田の風になれ』っていう、スローガンも渋いよな!」

毎年1月の最終日曜に行われる勝田全国マラソンは
2万人以上もの参加者が、ひたちなか市街を駆け抜ける、とても大きなレースです。


「『完走いも』、僕も食べたかったクマ〜」

「まずケル坊は、体を引き締めるところからだな!」

ウメッピは、さっきからプルプルゆれている
ケルくんのおなか周りを見て、ため息をつきました。

ここは、ひたちなかの駅前の大通り。
勝田駅から国営の海浜公園まで、まっすぐ伸びるこの道は
通称『昭和通り』『33通り』などと呼ばれています。


「ふう、ふう・・・ もう、だめクマ!!」

ケルくんとウメッピは、勝田マラソンの真似をして、大通りをずっと走ってきたのですが、スーパーを過ぎたあたりで、力尽きてしまったようです。

「給水ポイントで、パンやお菓子を配っていたらいいのにクマ・・・」

「それじゃ、ランナーの口の中がパッサパサになっちまうだろ!!」


ググー


ケルくんは、おなかを押さえて道路に座り込んでしまいました。
ポシェットのお菓子袋も、カラッポです。

「じゃあ、今日はこれくらいにしておくか・・・ 次は、もう少し先まで走れるといいよな!」

ウメッピに励まされながらUターンしたケルくんの目に、
cafeという文字が飛び込んできました。

「ウメさん! ここで、何か食べていこうクマ!!」
月兎耳1.jpg

「つき、うさぎ・・・ みみ!!! おしゃれな名前クマ!!」

「これは、『つきとじ』って読むんだぞ」
月兎耳21.jpg

「オリーブを売りにしている店なのか?」

「あっ! ランチの看板が出ているクマ!」
月兎耳3.jpg

「ナンピザって、なんだろうクマ?」

「ナンで、ピザなんだろうなあ」
月兎耳4.jpg

「いらっしゃいませ〜!」

店内は、木目調の落ち着いた雰囲気。
ソファ、木の椅子、藤の椅子・・・ 色んな種類のイスが並んでいます。

「わあ、どの席に座ろうクマ??」

月兎耳6.jpg

「ケル坊、先にオーダーして会計するシステムのようだぞ!」

「食券みたいだクマ〜
僕は、ランチのナンピザと、えーっと・・・」

ドリンクメニューを見たケルくんたちは、びっくり仰天。

「オ、オリーブのお茶!?」
月兎耳5.jpg

珍しいオリーブ茶をドリンクにつけてもらったケルくんたちは、
四角いソファ席を選んで座ることにしました。

「ソファも、1個1個形が違っておしゃれクマ〜」

月兎耳7.jpg

お冷はカウンターにあるので、セルフで
月兎耳8.jpg

「綺麗なコップクマ〜」

「オリーブを意識した色合いなのかもな」

月兎耳9.jpg

「『つきとじ』って、一体何のことクマ??」

「観葉植物で、ウサギの耳に似た形のサボテンの一種だぞ!
ほら、あそこに置いてあるのが月兎耳だ」

「うわあ、ふわふわの毛がはえているクマ〜」
月兎耳10.jpg

ピザが焼きあがるまで、ケルくんたちは、のんびりと店内を散策。

「あっ ウサギの置物があるクマ」

「こっちにもあったぞ」

月兎耳11.jpg

店内には、ウサギの置物がたくさん
月兎耳12.jpg

作家さんの作品は、購入することもできる
月兎耳13.jpg

「お待たせいたしました〜」

「おお!!」

大きなお皿の上に、厚切りのオリーブを散りばめたナンが
ドーンと乗っています。


「いただきまーす!!」

たくさん走っておなかがペコペコだったケルくんは、大きな口をあけてナンにかぶりつきました。 ウメッピも、伸びるチーズと格闘しています。


ナンは、ふわふわもちもちで、角の部分はカリカリです。

「これがナンピザ・・・ 
インドとイタリアの、見事なコラボレーションだクマ!!!」

「このスープも、玉ねぎたっぷりで旨いな!」

ランチプレートは、オリーブナンピザ、サラダ、野菜のスープ
月兎耳14.jpg

お皿がカラッポになると、黄金色のお茶が運ばれてきました。

「これが、オリーブのお茶か・・・」

「わっ 苦いクマ!!」

オリーブ茶のキリッとした苦味は
甘党のケルくんには、少し早かったようです。

オリーブ茶は、ちょっぴり大人の苦味
月兎耳15.jpg

お茶を飲みながら、しばらく読書に没頭していたケルくんたちは
時計を見てびっくり!!

「ついつい時間を忘れてしまったクマ!」

「会計は済ませてあるから、帰りはスムーズだな!」


お店を出ようとしたケルくんたちは、
何やら商品がたくさん並んでいるのを見つけました。

「おっ オリーブオイルを販売しているのか! 
やや! こっちはドレッシングだな!」

料理が趣味のウメッピは、ケルくんの影響で
最近は洋食も作るようになったので、オリーブの調味料に興味津々です。

月兎耳16.jpg

オリーブを使った化粧品や
月兎耳17.jpg

オリーブのシャンプーなど
月兎耳18.jpg

「オリーブオイルも買ったし
ケル坊、勝田駅までもうひと頑張りするか!」

「了解クマ!!」

お店の扉に手をかけたケルくんは、チラッと通り沿いの席を振り返りました。

(来年は、ここから、颯爽と走る僕の姿が見えるはずだクマ!!)


「ウメさん、早いクマ〜」

ケルくんは、ランナー体型には程遠い、ぷよぷよとしたおなかを揺らしながら
慌ててウメッピを追いかけていったのでした。

月兎耳20.jpg



 ◆◆◆



勝田駅前の大通り沿いのビルの1階にあるカフェ

『くつろぎ』がコンセプトの店内は広々としており、
木のぬくもり感のある落ち着いた雰囲気

店名は、『月耳兎(つきとじ)』といううさぎの耳に似た多肉植物から
(マダガスカル産のサボテンの一種)

造園業を営むオーナーが市内で栽培する良質のヤマモモを使用したヤマモモのジュースや、同じくオーナーが栽培するオリーブの葉を粉末状に加工したオリーブ茶など、体も喜ぶオリジナメニューが並ぶ

料理やドリンクが生える器は味わい深い趣で、作家の一点ものが中心

空いたスペースを利用して、写真や絵画などの作品を展示している
(ギャラリーとして無料て提供している)

ピザは焼き上がりまで少し時間がかかるが、
ナンはふわふわもちもちの食感
オリジナルのトマトソースがチーズの風味を引き立てている

カモミールのババロアなど、自然派なスイーツも
月兎耳19.jpg

店内には化粧品や調味料など、様々なオリーブ製品を置いている

オリーブの葉を煎って作ったお茶は、緑茶より苦いが、すっきりとしており
コレステロールをさげてくれる効果があるという


落ち着いた雰囲気の店内では、
喧騒を忘れ、ゆったりとした時間を過ごすことができる。

本や雑誌が多数置かれており
適度に放置してくれるので、のんびり1人カフェにもオススメ!



【cafe 月兎耳 (カフェ つきとじ)】

アクセス:茨城県ひたちなか市笹野町2-1-1 ガーデンヒルズ1F
     ひたちなか市西消防署の隣

営業時間:10:00〜18:30 (ランチ 11:00〜15:00)
定休日:なし
TEL:029-219-6588
HP:なし


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.02.03 Monday
  • 08:00

ゆるくまにあ!

ゆるくまにあ! 《第15話》

JUGEMテーマ:ものがたり


今日は2月3日、節分です。

ウメッピの住む偕楽園には、
めいめい鬼のお面を持参したケルくんたちが集まっていました。
笠間稲荷からやってきたイナリくんも、元気に跳ねまわっています。

「お面で僕のイケメンフェイスが隠れてしまうのは、かなり残念なことクマ」

「おいらはこれ! じゃーん! 兄者が、用意してくれたんだよ!」

「あっ 僕のお面と似てるクマ〜」

ケルくんたちは、はしゃぎながらお面をつけ始めました。


「みんな、本気度が足りないのよ!」

バッグから、ごそごそとお面を取り出して装着するシーちゃん。

「災厄、つまり疫病や災害、全ての不幸の象徴たる鬼を、
全力で追い出し、断固阻止しなければならないのに・・・
そんなお遊戯みたいなお面で臨もうだなんて、甘すぎるわ!!!」 カッ

(え! 怖っ!!!!!)

振り返ったその姿に、戦慄するウメッピ。
節分1.jpg

「シー姐さん、そのお面は
可愛くリボンつけてみても、アウトっす!!」

「私は、何事にも全力で取り組む主義なのよ!!!」 ズイッ

「ひっ!?」

至近距離で凄まれて、震え上がるウメッピ。


「しょうがないわね・・・
・・・じゃあ、こっちにするわ」

シーちゃんは、チラッとケルくんの様子を窺うと
バッグからもう一つのお面を取り出して、付け替えました。

「これでいいわね!」 バーン

(リアルすぎィ!!!)
節分6.jpg

「むむ!? 前が見えないクマ〜」

イナリくんを追いかけて走りながらお面をかぶったケルくんは、
突然、視界が真っ暗になってパニック!

「わっ わっ・・・ うわわ〜!!!」


ドシーン


「いたいクマ〜」

「バカじゃないの!?
お面の目の部分は、ちゃんとくりぬきなさいよ!!」 アチョー!

ザクッ

前が見えず柱にぶつかってひっくり返ったケルくんに、
シーちゃんがチョキで目潰しを食らわせます。

(うわあ・・・)

思わずウメッピは自分の目を押さえますが、
ケルくんはダメージよりも、お面の目の部分があいて嬉しそうです。

(ケル坊・・・ 打たれ強いというか、
ある意味、器が大きいというか、なんというか・・・) ホロリ


諦めて、皆に福豆の入った枡(ます)を配るウメッピ。

「地域によっては、伝統的に大豆じゃなく
殻に入った落花生を撒くところもあるそうだぞ!」

「落ちた豆も、全部食べられてお得クマ〜」


「では、位置について・・・ 始め!!」 ピーヒョロ−

ウメッピの笛の合図で、豆まき大会が始まりました。
節分7.jpg


「さあ! はりきっていくわよ! 鬼は〜外っ!!!」

シーちゃんは、早速枡に手を突っ込むと、美しいフォームで豪快な豆まきを始めました。その堂々たるや、往年の横綱が繰り出す塩まきのような貫禄です。

ズバババババババ

豆をくらったケルくんが、障子ごと庭先にふっとんでいきます。
心なしか嬉しそうです。

「ウフフフフいい気味!!!
せいぜい逃げ惑うがいいわ!!!」 ズバババ

(鬼よりもシー姐さんの方が恐ろしいのは、気のせいだろうか)


キャッキャッ

ガタン! バタン!
ドドドドドドド

(あわわわわ・・・)

偕楽園の、世界文化遺産への登録を目指しているウメッピは
予想外の猛烈な豆まきに、内心ヒヤヒヤで変な汗をかき始めました。

バリーン! ドーン!

(ああっ 貴重な襖絵が・・・!!)

「クマ〜」

「!?」
節分4.jpg

ウメッピが最後に見たのは、
視界いっぱいに迫ってくるケルくんのおしりだったのでした。




   ◆◆◆




「・・・う、 うぅ・・・ いてて」

ハンカチに包まれていたウメッピが目を覚ますと、

目の前に、それは大きな海苔巻きが・・・ もとい、
ちょうどケルくんが、大きな海苔と寿司飯で、恵方巻きにされているところでした。

「邪魔なのよ! 勝手につまみ食いしないでちょうだい!!!」

「わーい、ぐるぐる巻きだああ」

「目が回るクマ〜」


ムギュギュー


すしエンターティナーと、
飾り巻き寿司マスターインストラクターの資格を持つシーちゃんによる、
ピタリと寸分違わぬローリングテクニックで、ケルくんは美しくギュギュッと巻き上げられています。

寿司職人養成学校をトップで卒業したシーちゃん特製の寿司飯は、
味はもちろんのこと、色といいツヤといい、最高の出来です!

「動けないクマ〜」

(ケ、ケル坊---------------------!!)
節分8.jpg

「さて、邪魔者もいなくなったし・・・」

シーちゃんは、太巻きの中でジタバタもがくケルくんを尻目に
色とりどりの美しい恵方巻きを作り始めました。


「ウフフフフ!! 節分って、本当に楽しいわね!!」 ギラッ

もち魔人が、やられたああ!!!」

「すっぱいクマ〜 目がしみるクマ〜」

(オレは一体どうしたら!?)


一方・・・

《皆、楽しそうじゃのう》
節分5.jpg

《今年の恵方は、「東北東」じゃったな・・・ 
ほほ! こりゃあ旨い!!》

ほころび始めた梅の蕾の下で、こっそり拝借してきた恵方巻きを
口いっぱいに頬張って満足気な長老だったのでした。


《第16話へつづく!》


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.01.31 Friday
  • 08:00

食マニア

【フルーツバスケット 銚子屋果実店】

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


「最近インフルエンザが流行っているし、
僕も昨日から、なんだか喉がイガイガしているクマ〜」


水戸市の黄門さん通りを歩いていた2匹。

土曜の夜といえど、
今日はあまりの冷え込みように殆ど人通りもなく
皆、分厚いコートやマフラーに首を埋めるようにして、足早に歩いていきます。

ケルくんは、冷たい北風にぶるっと身体を震わせると
ウフンウフンと、何度か咳払いをしました。

「何! そいつはいけねえな!」

ウメッピは、懐の印籠から梅蜂蜜のど飴を取り出すと、
ケルくんの口の中に入れてあげました。

「風邪の予防には、たっぷりの水分、睡眠、ビタミンCだぞ!」


「ビタミン・・・
僕、美味しいフルーツが食べたい気分だクマ〜

でも、こんな時間に
新鮮なフルーツが食べられるところなんて・・・ あっ!!!」


ケルくんたちの視界に、『銚子屋果実店』の文字が飛び込んできました。
でも、灯りはなくシャッターが降りて、チェーンが張ってあります。

「遅かったクマ・・・」

がっくりと肩を落とすケルくんでしたが、
ウメッピが何か看板を見つけたようです。


『フルーツバスケット』と書かれたその看板には
フルーツがたっぷり乗ったパフェの写真がズラリと並んでいます。

「ケル坊! 
この上のパーラーは、20時までやってるみたいだぞ!」

「パーラー! フルーツパーラー!!」

ケルくんは、美味しそうなパフェの写真に大喜びです。
FB1.jpg

「こっちだぞ!」

「こ、これは急な階段クマ・・
この先に、本当にパフェなんて煌びやかなスウィーツを
提供するお店があるのかクマ??」

すれ違うこともできなそうな狭い階段を
ふうふう言いながら登るケルくんの胸に、不安がよぎります。
FB2.jpg

薄暗い急な階段を登りきると、突如
白を基調とした明るい空間が現れました。

「あっ! パフェの写真があったクマ!!」
FB3.jpg

「いらっしゃいませ〜!」

店内に入ると、暖かいオレンジ色の光が2匹を包みました。
キンと冷えた空気の中にいたケルくんとウメッピの緊張が、ほぐれていくようです。
FB4.jpg

好きな席に座って、店員さんが来るのを待ちます。

「僕、夜にパフェを食べるなんて、初めてクマ!」

「まさか、男2人でパフェを食うことになるとはな・・・」
FB5.jpg

「すごい! 青いクリームソーダなんて、
漫画の中でしか見たことがないクマ!!」

「果物がたくさんで、目移りしそうだぜ」

しばらく悩んだ後、2匹は
初志貫徹で、それぞれパフェを一つずつ注文したのでした。

種類も豊富なパフェは、この店の看板メニューである
FB6.jpg

ディナータイムのサービスとして
ゆで卵などがついてくる(ちゃんと温かい)
FB7.jpg

ゆで卵を食べ終わった2匹は、興味津々で厨房を覗きます。

「あっ! フルーツを切っているクマ!!」

「楽しみだな」
FB8.jpg

「お待たせしました!
チョコバナナパフェと、メロンパフェになります!」

「おお! すげえ!!」

「フルーツがそびえ立っているクマ!!」


「今は苺が甘く旬ですので、トップには苺を使用しました」

「なるほど・・・
季節によって、美味しい果物を選んで入れてくれるのか!」

FB9.jpg

ウメッピが頼んだメロンパフェには、
大きくカットされた完熟メロンが大胆に乗せられています。

「これは、どの果物も甘くて、食べ頃の最高の状態だぞ!」
FB10.jpg

メロンパフェ
中身のアイスは、バニラとストロベリー
FB11.jpg

ケルくんが頼んだチョコバナナパフェは
もちろんバナナだけではなく、キウイやパイナップル、苺など
たくさんのフルーツが、グラスの底までギュギュッと詰められていました。

「パフェなのに、ビタミンが身体に染み込んでいくようだクマ!!
このホイップクリームも、ミルキーテイストで美味しいクマ〜」
FB12.jpg

チョコバナナパフェ
中身のアイスはバニラとチョコレート
FB13.jpg

2匹は、ジューシーな果物を堪能しながら、大きなパフェをぺろりと完食。

「コーンフレークの類が一切入っていなくて
底まで果物とアイス、ホイップのみとは、シンプルで潔いパフェだ!
それだけ果物の品質に自信があるのだろう」

グラスを傾けて、グラスの底に溜まったアイスの名残をかき出そうと
必死なケルくんの隣で、腕組みをするウメッピ。


「東京で頼めば、この2倍の値段は確実だろうな」

「本当かクマ!? じゃあ、ここは東京だと思えば・・・ 
もう一つ食べてもいいのかクマ!?」

早速、手を挙げて店員さんを呼ぶケルくんに、
こりゃあインフルエンザの心配は全くなさそうだと、苦笑するウメッピなのでした。



   ◆◆◆



パフェだけでなく、食事メニューも充実
FB14.jpg

お得な日替わりランチ
FB18.jpg

果物店ならではのフルーツサンドも人気
FB15.jpg

ボリュームたっぷりのHOTサンド
FB19.jpg

具沢山のカルボナーラ
FB20.jpg

1Fの銚子屋果実店は、19時までの営業
FB17.jpg


水戸の老舗果物店『銚子屋果実店』の2Fにある
昔ながらの喫茶店

メニューは、スパゲティにサンドイッチ、スープなど
昭和の趣が感じられるラインナップ


水戸でパフェといえば、ここフルーツバスケットと言われるほど
人気のフルーツパフェは、果物店ならではの新鮮なフルーツを使用
もちろん、缶詰のフルーツなどは一切使用されていない

旬の果物を選んで使用するので、季節によって内容が多少変動する
(トップの飾りが巨峰→苺→チェリーなど)


ディナータイムのサービスでは
スープ、ゆで卵、シャーベット、クッキーから一品選べる
心遣いが嬉しいサービスも



1階の果実店では、フレッシュジュースも販売しており
通勤途中に立ち寄るお客さんもいるという




【フルーツバスケット 銚子屋果実店 (ちょうしや かじつてん)】

アクセス:茨城県水戸市南町3-4-3 銚子屋ビル2F
水戸駅北口から京成方面へ1kmほど
黄門さん通り(国道50号)を道なりに進み、カラオケシダックスの隣

営業時間:(月〜金)7:30〜21:00(L.o20:30)
(土・祝日)9:00〜20:00(L.o19:30)
定休日:日曜日
TEL:029-226-5787
HP:なし



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.01.27 Monday
  • 08:00

イベントマニア

【汁ONEカップ 2014 (常陸太田駅前広場)】

JUGEMテーマ:茨城/イバラキ


「これ逃したら、次は2時間後だぞ! 急げ!!」

「ふうふう、なんてローカルな・・・!!!」

カラフルな車体の水郡線に乗り込んだケルくんとウメッピ。
汁ONEカップ1.jpg


「ある〜日〜♪ 大食漢の〜♪ くまさ〜んが〜♪ やって〜き〜た〜♪」


今日は、常陸太田で食べ物のイベントがあるのです。
しっかりMy箸を持参したケルくんは、いつもより5割増でご機嫌です。


「フンフンフン♪ フンフンフンフン♪ フ〜〜〜ン♪」

(そこ歌詞ねえのかよ!!)


「クマさ〜んが〜♪ やって〜き〜た〜〜〜♪」

(結局、大食漢のクマさんが、なんなんだよ!!!!)


「・・・・」

「・・・・」


「ある〜日〜♪」

(またか)


大食漢のクマさんのことで頭がいっぱいになったウメッピと
My箸を握り締めてご機嫌なケルくんが電車を降りたのは、それから40分後のことでした。
汁ONEカップ2.jpg

会場についたケルくんたちは、目をパチクリ。
駅前広場にはすでに、会場を埋め尽くすほどの人、人、人・・・

「うわあ、こんなに混んでるなんて・・・ 出し抜かれたクマ!!」

「まだ開店直後だぞ・・・」

思わず時間を確認するウメッピ。


「おそるべし、イバラキケンの民・・・!!!」

ケルくんの食いしん坊キャラとしてのプライドは、
もはやボロ雑巾のようにズタズタです。

「こりゃあ、売り切れる前に、早く並ぼうぜ!」
汁ONEカップ3.jpg

「ウメさん! すごいものを見つけたクマ!!」

「な、納豆かきあげバーガー・・・ だと!?(ゴクリ)」

「ひとつくださいクマ!」
汁ONEカップ4.jpg

「あいよ! 納豆かきあげバーガーひとつね!」 バーン

「こ、これは・・・」
汁ONEカップ5.jpg

「ネギなどの野菜と納豆で構成された かきあげは、
からしと醤油でしっかりと味付けされており、そのサクサクとした食感とフカフカのパン、そして鼻を抜ける豆の香ばしさ・・・!!!」

「美味しいクマ!」

意外な素材の組み合わせに感動する2匹。


「はっ! 
ケル隊員、我々は、美味しい汁物を求めて、
はるばるこの地へやってきたのではなかったか!!」

「はっ! そうだったクマ! 早く並ぶクマ!!」


鯨が丘そばすいとん汁
汁ONEカップ6.jpg

ごんべい汁
汁ONEカップ8.jpg

かぼちゃのポタージュ
汁ONEカップ9.jpg

すいとん汁
汁ONEカップ10.jpg

「たくさん並んで、ゲットしたクマー!!」

「ぐぬぬ・・・ こ、この辺りで座って食べようぜ」

前が見えず、よろよろと歩くウメッピ。


「席が空いていて、助かったクマ!」

テーブルにお椀を置いて一息ついたウメッピは、
ふと、見知った顔とすれ違ったような気がして振り返りました。

「? 気のせいか・・・」

「ウメはんも、はやふ たべうフマ!!」 ムッシャムッシャ
汁ONEカップ11.jpg

「すいとん汁、完売でーす!!」

「カレーつみれ汁、売り切れましたー!!」

「炙り豚のとんちん汁、ラストでーす!!」


会場では、早々に売り切れる店舗が続出。


「早めに買っておいて、よかったな」

おなかいっぱいになったケルくんたちは、
1番美味しかった汁物料理を決める投票所に、向かうことにしました。


「困ったクマ〜
どれも美味しくて、1つに決めることなんて、できないクマ〜」

「オレは、もう投票したぞ! 男らしく、バシッと行ってこい!」

「う〜ん・・・」
汁ONEカップ12.jpg

(はっ! もしかして・・・ 
投票用紙に、食べたメニュー全部、書いてしまえばいいクマ!?)



清々しい顔で投票を済ませたケルくんは、
そのびっしりと全メニューが書き連ねられた驚愕の投票用紙が
無効として破棄されてしまったことなど、知る由もなかったのでした。


   ◆◆◆


毎年、1位から3位までのメニューが表彰される
汁ONEカップ13.jpg

和・洋・中と様々な、アイデアと地元愛の溢れる汁物メニューたち
汁ONEカップ14.jpg

会場となる常陸太田駅前広場
今年は一体どんな戦いが繰り広げられるのだろうか

汁ONEカップ15.jpg


汁ONEカップは
冬の定番料理である汁物料理についてのNo.1を競い合い
『椀でONE(ひとつ)になる常陸太田』ということで、地域活性化のため
2012年から始まった、まだ若いイベントである


お椀で食べる温かい創作料理を、1杯上限500円で販売し
味・アイデア・インパクト・料金等の基準から
No.1だと思う料理に来場者が投票していくスタイル

汁物料理だけではなく、
地元の核飲食店や企業によるフードコーナーや
お菓子や野菜等の販売、餅つきなどのイベントもある

人気のメニューはあっという間に売り切れてしまうので
早めに並んだ方が吉!



【汁ONEカップ 2014 (しるわんかっぷ)】

アクセス:(車)常磐自動車道「那珂IC」より国道349号で約20分、または「日立南太田IC」から国道293号を経由して約20分
(電車)JR「水戸駅」から水郡線「常陸太田行」で約40分


開催日時:平成26年2月2日(日) 雨天決行
10:00〜15:00 (14:30 表彰式、閉会式)

会場:常陸太田駅(駅前広場)
TEL:0294-72-8194 (常陸太田市観光物産協会事務局)
http://www.kanko-hitachiota.com/wp/hitachiota/2014/01/23/%E6%B1%81one%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%972014%EF%BC%88%E5%B9%B3%E6%88%9026%E5%B9%B42%E6%9C%882%E6%97%A5%EF%BC%89%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.01.24 Friday
  • 08:00