Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【舞踏の国のアリス】


JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


乗り換えのため渋谷駅で降り、せっかくだからと軽い気持ちで改札を抜けた2匹は、スクランブル交差点の人の流れにびっくり仰天!

「わ、わっ・・・ ごめんなさいクマ」
「すごい人混みだな・・・ よし、そこで待ってろよ」

休日の渋谷は、溢れんばかりの人、人、人・・・

ぎゅうぎゅう詰めの中、必死で見上げても、前の人たちの背中がそびえたつばかりで、ケルくんにはちっとも景色が見えません。

「ウメさん!どこクマ〜」
ケルくんが不安になってきた頃、上から偵察してきたウメッピが降りてきました。

「いったん脇道に入ろうぜ!こっちだ」

「ふるふぃーフア〜(苦しいクマ)」
もみくちゃになり隣のサラリーマンのカバンでほっぺたをムニュられたままのケルくんは、今にも倒れそうです。
とりあえず、人の少ない通りに入って休むことにしました。



   ◆◆◆



「やっと空気が吸えるクマ〜 ・・・ん?」



     《 舞 踏 の 国 の ア リ ス 》



そこには、謎の看板が掲げられていました。


「こりゃ一体、何の店なんだ?」
「きっと、舞い踊るほど美味しい食べ物屋さんに違いないクマ!!!」
舞踏アリス外観1.jpg

どうやらお店はビルの地下にあるようです。
舞踏アリス外観2.jpg

「わあ!なんかこっち見てるクマ!怖いクマ!」

階段の下には、槍を持ったトランプ兵が・・・!!!
「!!!」
舞踏アリス外観3.jpg

「ウメさん・・・ ウメさん?」
かたく目を閉じて壁にもたれ、じっとしていたウメッピは、揺すられてようやく目を開けました。

「む、むう・・・」

「ウメさん、今もしかして気絶して・・・」

「ち・・・ ちげーよ!ちょっと寝てただけだし!」



   ◆◆◆


トランプ兵の前を通り過ぎ昼間でも薄暗い店内に入ると、
そこは煌びやかな世界・・・!

キラキラ輝くシャンデリア
舞踏アリス店内1.jpg

まるでメリーゴーランドのような座席
舞踏アリス店内2.jpg

ソファによじのぼった2匹は、ちょっと緊張した面持ち。

「ケル坊よ、こりゃなんだか、男2人で来る店じゃないんじゃねーか・・・」
「遊園地みたいだクマ〜」
舞踏アリス店内3.jpg

店員さんに手渡され、懐中時計をモチーフにしたメニューを開いた2匹でしたが・・・

「こ、これは・・・!!」 ピシャーン


《アリスの手作りシーザーサラダ 唄の魔法で美味しくなぁれ》

《小さくなったアリスの 大きな大きなハニートーストハウス》

《チェシャ猫のいたずら道案内 〜フルーティーなカクテルに惑わされないで〜》

《ウサギさん待って!! 〜人参を使った白ウサギのカクテル〜》

《アリスとティーパーティー 〜ハーブの香りに包まれてうたた寝〜》



なんともメルヘンなメニューの数々・・・

舞踏アリスメニュー.jpg

メリーゴーラウンド以外の席も、ゴシック調で可愛い
舞踏アリス店内4.jpg

雰囲気のあるドリンクバーコーナー
舞踏アリス店内5.jpg

女性店員はアリス、男性店員さんは執事風の制服
舞踏アリス店員.jpg

ケルくんは、隣のテーブルで店員さんが歌いながらサラダを仕上げているのを見て大喜び!

「あのサラダはどれクマ!? 僕も歌ってもらいたいクマ!!」

「げっ・・・ ここでアレをやってもらうのかよ!?」


さっきから花火がついた料理やら、やたら可愛い料理の名前を連呼されたりで、
恥ずかしさに身を小さくするウメッピでしたが、真剣な顔でメニューをめくるケルくんを見てため息をつきました。

(ま、いっか・・・ たまには付き合ってやるか)

あまり「たまに」ではないような気がしつつも、
なんだかんだ、友達思いなウメッピなのでした。



   ◆◆◆



生ハムとサーモン、おしゃべり花たちのガーデンサラダ
舞踏アリスメニュー1.jpg

チェシャ猫のにやにやスマイルミートローフ(パンorライス付き)
舞踏アリスメニュー2.jpg

魚介のペペロンチーノスパゲッティー
舞踏アリスメニュー4.jpg

トランプ兵のチョコレートブラウニー、ハートの女王様のワッフル
舞踏アリスメニュー3.jpg

バースデーのデザートプレート
舞踏アリスメニュー5.jpg

10周年のアニバーサリーメニューも各種展開中
舞踏アリスメニュー6.jpg


アリスの世界をモチーフにした、雰囲気を楽しむカジュアルフレンチ&イタリアン

舞踏の国のアリスは
全部で6店舗あるAlice's Fantasy Restaurant のうちのひとつで、
意外にも最近できたお店ではなく、今年で10周年を迎える

それぞれコンセプトがあり

銀座・・・ 迷宮の国
新宿(歌舞伎町)・・・ 絵本の国
新宿(西新宿)・・・ 魔法の国
池袋・・・ 古城の国
大阪・・・ 幻想の国
そして渋谷・・・ 舞踏の国のアリス

舞踏の国のアリスは
煌びやかなメリーゴーラウンド席が1番人気である

値段設定は、やや高めで
1ドリンク制ならぬ、1フード制なのは注意が必要だ
(デザートだけのオーダーは不可)



【舞踏の国のアリス(ぶとうのくにのありす)】


アクセス:東京都渋谷区宇田川町16-9 ゼロゲートB1
      JR渋谷駅から徒歩5分、スペイン坂沿い
TEL:03-3770-2750
営業時間:ランチ11:00〜16:00(L.o.15:30)
       ディナー17:00〜23:30(L.o.23:00)
定休日:無休
http://www.alice-restaurant.com/#shop


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2013.09.30 Monday
  • 08:00

ゆるくまにあ!

ゆるくまにあ! 《第7話》


JUGEMテーマ:ものがたり

「起きたら、ほっぺたがものすごく腫れてて痛かったんだけど、何だったのかクマ〜」

「覚えてないほうが幸せだぞ」
偕楽園お茶だし.jpg

ここは、ウメッピが暮らしている梅の里、水戸の偕楽園・・・
ウメッピは、慣れた手つきでお茶を淹れ始めました。

「そういえば、あの鬼女・・・じゃなくて、女の子は一体なんだったんだ? ケル坊の知り合いみたいだったぞ」


「きっとシーちゃんクマ!」

(ケル坊は、登場シーンからいきなり気絶してたもんな・・・)

「シーちゃんは、ハタラク谷のマドンナで、《100の資格を持つ雌グマ》の異名を持つハイスペック美女なんだクマ!」

「ほう、高嶺の花ってやつだな」


「僕、かっこよくプレゼントとか贈りたいのに、お金がないんだクマ・・・」

(まぁ、こっちに来てからプー太郎だもんな・・・)

「資格もゼロだし、貯金もゼロだし・・・ このままでは、シーちゃんにアタックできないクマ!!」

「なるほどな・・・(谷を救う使命を忘れてるぞ)」



そのとき、ケルくんの持っていた携帯電話が鳴り出しました。


 《 電話じゃぞ〜 早く出るんじゃ〜! 電話じゃぞ〜 早》 ピッ


(着信音だせぇー!!)


『もしもし、人材派遣会社のシーケルですが、ハタラクマ・ケルさんでしょうか?』

「そうですクマ!」

(ハタラクマって、苗字だったのか・・・?)


『ご希望されているお仕事が入りましたので、そのご連絡でお電話いたしました』

「おっ! やるねえ!」

(なんで江戸っ子風?)


『簡単なサンプリングのお仕事で・・・』

「プリン!?」

突然ケルくんは様相を変え、白目を剥いて今にも昇天しそうな勢いです。

「ど、どうしたケル坊!」
ウメッピは、慌ててケルくんを揺さぶり起こしました。


「はっ・・・ 三途の川を渡るところだったクマ!!」

『あの〜、今までサンプリングのご経験は・・・』

「プ・・・」 バタリ
プリン瀕死.jpg

「うわー!! ケル坊、しっかりしろ! 顔(?)色がヤバイぞ!!!」

「お・・・ お仕事・・・」 ガクッ

「ケル坊ー!!!! お前、そこまで仕事を・・・」

全身が土色になり幽体離脱しかけているケルくんから、ウメッピは急いで、自分の体ほどもある携帯電話を受け取りました。

「もしもし!」



   ◆◆◆



「・・・ぼ・・・ るぼ・・・ ケル坊・・・!」

「はっ!!!」 ガッ
「ぅぶっ!」

目を覚ましたケルくんは、おなかの上から心配そうに覗き込んでいたウメッピを、頭突きで勢いよく吹き飛ばしました。

「ウメさん? 僕・・・」

「いてて・・・ 全く落ち着きのないやつだ・・・ まぁ、目が覚めてよかったぜ! ほらよ」


ねぼけているケルくんに、ウメッピが渡したのは1枚のメモ。

「? えーと、《集合時間:9:30、持ち物:ボールペン、・・・》 これは・・・」

そこには、電話で聞き取ったお仕事の概要が、小さく綺麗な字でびっしりと書かれていました。


「ケル坊、ティッシュ配りの仕事が入ったぞ! 頑張れよ!」

「ウメさん・・・!!」

ケルくんは、ウメッピの小さな両羽?を握って大喜びです。


「初お仕事クマー!!!」
俄然張り切りだしたケルくんに、ちょっと不安を隠せないウメッピなのでした。



《ケルのやつ、大丈夫かのう・・・》
偕楽園ティッシュ.jpg


ケルくんの初仕事は、ティッシュのサンプリング(配布)だ!!!
やりきることができるのか!?


《第8話へつづく!》


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2013.09.27 Friday
  • 08:00

食マニア

【ape cafe ニューポートひたちなか】

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


「『パピー・プッティと愚者の石』、面白かったクマ〜」

TOHOシネマズひたちなかで映画を観てきた2匹は、そのまま敷地内にある「ファッションクルーズひたちなか」へやってきました。

2匹とも、ようやく3Dメガネを外して、景色の明るさに目をしぱしぱさせています。

「まぁ、なんだ・・・ 割とそれなりによかったんじゃね?」
ウメッピは、びしょびしょに濡れたハンカチを、さりげなく懐にしまいました。

「まさか、あそこでパーマイポニーが・・・」

「いや、そこじゃないだろ! パンプルボア先生の意思を継いだパピーが、命がけで聖なる一輪車に乗った場面だろ!」

口々に感想を述べて熱くなった2匹は、喉が渇いてきたので、どこかに入って語り合うことにしました。


   ◆◆◆


「うわぁ、ケーキがいっぱいクマ!ケーキ屋さんクマ!」

「待て待て、ケーキ屋じゃだめだろ・・・」


ケーキ屋さんの壁には、白い文字で 《ape WORLD》 と書かれていました。


「しかし、なんて読むんだ・・・? ア・・・ ペ・・・」

「《アペー》 かクマ?」

「何! 葉っぱのように見えるのは、長音記号だったのか!」


「あの・・・ 実は、《アーペ》 と読むんです。ここでケーキを販売しているだけではなく、あちらから入った店内は、カフェになっているんですよ」

ケーキを売りながら2匹を見守っていた店員さんが、そっと教えてくれたので
ケルくんたちは、渡りに船と、奥のカフェに入ってみることにしました。
apeひたちなか外観.jpg

「おぉ!表からは、こんなカフェがあるなんてわからなかったぜ!隠れ家みてーだな!」

喫煙席と禁煙席は、きちんと分かれていましたが、仕切りの壁がガラスなので、開放的な雰囲気です。

木目と植物の緑、白い壁・・・ ナチュラルな雰囲気
apeひたちなか店内.jpg

上映中にポップコーンのLサイズを完食したこともあり、喉が渇いていた2匹は、まず飲み物を頼むことにしました。

「それで・・・ プネイプ先生は、どうして死んじゃったクマ? パピーの記憶は蘇ったんじゃなかったのかクマ?」

「ケル坊、洞窟のシーンを覚えてるか? あそこでプネイプ先生が、愚者の石の存在に気付いただろ? それって、実は・・・・・・」

「実は・・・・・・?」

声を潜めて身を乗り出したウメッピに、ケルくんもおでこを寄せて、次の言葉を待ちます。



「お待たせいたしました〜」



おでこをくっつけて見詰め合う2匹の前に、ドリンクの冷たいグラスが置かれ、カランと涼やかな音をたてました。


「ごゆっくりどうぞ」


微笑ましい顔で店員さんに見つめられた2匹は、慌てて座りなおし、ちょっぴり恥ずかしかったと思いながら、ストローをくわえました。

「旨いな・・・」

「生き返るクマ・・・」

「また、映画館 来ような」

「当たり前クマ!」


顔を見合わせて笑うと、2匹は少し遅いランチをするべく、メニューを広げたのでした。


   ◆◆◆



トロピカルティーとグレープフルーツジュース
(トロピカルティーは、パイナップルやマンゴーなどの果肉がごろっと入っている)
apeひたちなかドリンク.jpg

豚バラ肉と3種きのこのデミグラスオムライス
apeひたちなかメニュー.jpg

全粒粉トリプルベリーのパンケーキ
apeひたちなかデザート.jpg

ape は食事を始め、美容室、ネイルサロン、雑貨部門などがあり
可愛い小物類が充実している

メニューはパスタ、オムライス、ドリア、ピザなど豊富

店舗によってメニューが異なり、ひたちなか店には奥久慈卵を使用したフレンチトーストや自家製レモネード、ハニージンジャーなどもある

メニューは+350円でデザートセットにできる。
(ドリンク、前菜、メイン、スープ、デザート)


ランチセットについてくるスープには、コラーゲンボール付きでお肌もプルプルに!


【ape cafe ニューポートひたちなか店 (アーペ カフェ)】

アクセス:ひたちなか市新光町35 ニューポートひたちなか ファッションクルーズ1F
営業時間:10:00〜20:00(L.o19:15)
定休日:年中無休
TEL:029-219-4870
http://www.ape-style.com/cafe/


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2013.09.23 Monday
  • 08:00

お散歩マニア

【maple farm 水戸本店】

JUGEMテーマ:雑貨shop

水戸市にある、株式会社シーケルの前の通りをまっすぐ、てくてくと歩いていた2匹。

「爆弾ハンバーグって、一体何なのかクマ?」
「旨さ爆発!ってことじゃねえのか?」

「違うクマ! これはきっと、ナイフを差し込んだとたん、肉汁が・・・・・・」

ウメッピは、突然下を向いて黙り込んだケルくんの、手元を覗き込みます。
「・・・?」


「ドッカーーーン!!!!」

ぎゃっ (ドキーン)」


油断していたウメッピは、思わず飛び上がりました。

「び・・・ びっくりさせるんじゃねえ (ドキドキ)」


「・・・」

「・・・」


「ドーーーーン!!!」

「ぎゃっ!! ・・・じゃなくて、やめろ!!」


オレンジ色の「爆弾ハンバーグ」の看板の下で騒いでいた2匹は、ふと
そのすぐ側で、不思議な光景を目にしました。

「ここは・・・」
「可愛い街並みだな」

そこには、まるで絵本のような街並みが突如広がっていたのでした。

「外国みたいだクマ!」
「なんだろう・・・ 行ってみようぜ!」
maplefarm外観1.jpg

「メイプルファーム???」
「どうやら何かの店のようだな」

「あっ、こっちは裏口だったみたいクマ」
maplefarm外観2.jpg

お客さんらしき人を追いかけて、お店の中に入ってみると・・・
木目と白を基調としたナチュラルな雰囲気の店内には、たくさんの食器や雑貨たちがズラリ!!!

「和雑貨の店のようだな」
「いっぱいあるクマ〜」
maplefarm店内1.jpg

焼き物だけでなく、ガラス製品も
maplefarm店内2.jpg

「これは・・・!!」

ウメッピは、棚に並べられた曲げわっぱのお弁当箱を見て大喜び!

「いいかケル坊、米と一番相性のいい素材は木なんだぜ!
適度に水分を吸収してくれて、べちゃっとならないし、米のやつらにとって一番居心地がいいんだ。おかずにとっても、程よい水分が保たれるし、塗装の漆に抗菌作用があるから、夏場でも2日もつといわれるほど傷みにくいし、夏は保冷、冬は保温・・・
汁漏れにさえ気をつければ、奈良時代から使い続けられてきたのも納得の、最高の弁当箱なんだぞ!!」

「む!?」

弁当箱を大事に抱えて、曲げわっぱの素晴らしさについて語るウメッピの目が、近くにあった足袋風の靴下を捉えました。

「ケル坊知っているか、足袋というのはな・・・」


終わったと思いきや、再び日本文化へのうんちくをたれ始めたウメッピ。

長すぎる話に、ケルくんは立ったまま白目を剥き、鼻ちょうちんをぷーぷーさせています。

どうやらお店を出るのは、まだ随分先のことになりそうです。

maplefarm店内3.jpg

小さな観葉植物も、苔との組み合わせでどこか和風
maplefarm店内4.jpg

足袋風の靴下や和柄の傘、手ぬぐいなど
maplefarm店内5.jpg

メイプルファームとは、和雑貨の店だけでなく、いくつかの雑貨店の集合体である。(洋・和雑貨や食器、ベビー・キッズ用品、洋服や下着、花や植物、レストランなど)

ラッピングも可愛く、大切な人へのギフトに最適な小物たちが販売されている。

フォト展や作品展、月2回ほどのフリーマーケットなど、
イベントも数多く催されており、店内外ともに絶えずお客さんで賑わっている。

次のフリーマーケットは、9/29(日) 10:00〜15:00
お店の駐車場で開催されるので、是非足を運んでみては・・・


【maple farm (メイプルファーム)】

アクセス:水戸市米沢町325-1
      さくら通り沿い、米沢高架橋そば
営業時間:10:30〜19:30(6月〜9月は20:00まで、フリマの日は10:00オープン!)
レストラン営業時間:ランチ11:00〜15:00/ティータイム15:00〜16:00/ディナー17:00〜21:00(L.o21:00)
定休日:水曜日
http://www.maplefarms.jp/maplefarm/maplefarm_MitoHonten.html


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2013.09.20 Friday
  • 08:00

食マニア

【醍醐】

JUGEMテーマ:グルメ

「これは・・・! 不思議な食感でうまいぞ」
「口の中が冷たいクマ〜」

つぶつぶのアイス ”ディッピンドッツアイスクリーム” を食べながら、ケルくんとウメッピは、デックス東京ビーチの中を歩いていました。

デックス東京ビーチは、「東京ジョイポリス」などのアミューズメント施設やショップ、レストランなどによる、お台場で人気の複合施設です。


「それにしてもケル坊よ、さっきお前・・・ 鳥目のオレを置いて、先に出口に向かうとは・・・」
ウメッピは、4Fのお化け屋敷『台場怪奇学校』での出来事を思い出して、ため息をつきました。

「しかも、お化けに向かってオレを差し出してただろうが!」
暗く狭い廊下で、恐ろしい声に腰を抜かしたケルくんは、猛然と追いかけてくるお化けにウメッピを差し出し、一目散に逃げたのでした。

「で、でも・・・ ウメさんは入る前 《お化けなんて怖がるのは、まだガキの証拠だぞ》って、平気そうだったし・・・」

「・・・」

「・・・実は怖かったクマ?」

「ち、ちげーし!!お化けなんて怖くねーし!! オ、オレがしてるのは、マナーの話であって・・・」


グー
グー


同時におなかがなった2匹は、顔を見合わせました。

「飯でも食うか!」
「それがいいクマ!」


   ◆◆◆


レストラン街は、シーサイドモールの5F6Fに入っていました。

「たくさんあって迷っちゃうクマ〜」
「む!あっちから肉の匂いがするぞ!」

ジューシーな肉の匂いにつられてやってきた はらぺこ2匹が見たのは、なんとも高級そうな、アジアンな店構えのお店。

「こ、これは・・・ 高級焼肉店クマ!」
「待てケル坊、表のメニューをよく見ろ!!」

《お昼ガッツリ食べさせます! 黒毛和牛カルビがドーンと120gの大盛りです!焼肉定食980円》
《ランチタイムのライスはおかわり自由です》
《韓国スタミナチゲ880円》 《石焼醍醐カレー980円》 ・・・

踵を返しかけたケルくんの目が輝きます。
「こ、これは・・・ なんてリーズナブルな!!!」

安心した2匹は、店内へ入っていきました。
醍醐外観.jpg

案内されたのは、東京湾の夜景の見える窓側の席。

「スゲー!!!」

左から
醍醐景観1.jpg

右まで、遮るものなく眼前に広がる夜景
醍醐景観2.jpg

レインボーブリッジの夜の美しい姿に感動していた2匹でしたが・・・

「えーっ、ここ、夜景ちょっとしか見えないよー」
「楽しみにしてきたんだけどなぁ」
「タイミングが悪かったね・・・ ほら、お肉たくさん食べよう!」
「次は予約して来てみようよ!」

少し遅れて隣のテーブルに通された女の子グループの残念そうな様子に、ウメッピはケルくんの顔を見ます。
するとケルくんも、何か言いたそうな顔でウメッピの方を見ていました。

(えらいぞケル坊)


   ◆◆◆


ケルくんとウメッピは、窓際の夜景の席を女の子グループに譲り、奥の席に移ってニコニコです。

「いいことをすると、気分がいいクマ!」
「そうだな、えらかったな」
醍醐店内ケルウメ.jpg

醍醐の焼肉のたれは、3種類
(塩レモンだれ、わさび醤油だれ、焼肉のたれ)
醍醐タレ.jpg

「さあ、たくさん食うぞ!」
たくさんのお肉を前に、2匹の顔がほころびます。

醍醐皿肉.jpg

厳選された和牛は、絶妙な霜降り具合
醍醐網肉2.jpg


「あちち、たまらんクマ〜」
「鶏肉は食うんじゃねーぞ!」

美味しい和牛をたくさん食べて、大満足の2匹だったのでした。


   ◆◆◆


特選リブロースは1,449円
特選リブロース醍醐1449円.jpg


厳選和牛の焼肉と韓国料理の店。

通常、仕入れ価格は部位ごとに変わるが、
醍醐では牛を一頭買いするため、どの部位も同じ料金で手に入る。
そのため、高いクオリティの肉を低価格で提供することができるという仕組み。

「量より質」派は高級志向のコース料理、
「質より量」派はリーズナブルな食べ放題、どちらも堪能できる。

16時までとランチタイムが長めなのも嬉しい。

東京湾一望の窓側席は大人気なので、早い者勝ち!



【醍醐(だいご)】

アクセス:東京都港区台場1-6-1
     デックス東京ビーチ シーサイドモール6F
     電車では、ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅下車 徒歩2分
     りんかい線「東京テレポート」駅下車 徒歩5分
TEL:03-3599-2929
営業時間:11:00〜24:00
      (ランチ11:00〜16:00)
      (L.oフード22:50、ドリンク23:30)
http://www.odaiba-decks.com/index.php?mode=shop&page=detail&code=97




記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2013.09.16 Monday
  • 08:00

ゆるくまにあ!

ゆるくまにあ! 《第6話》

JUGEMテーマ:ものがたり

9月といえど、残暑厳しく眩しい日差しの照りつけるプール。

「無事に登録が済んだお祝いだからって・・・」

ケルくんとウメッピは、タオルの入った手提げ袋を、ぽんぽんリフティングしながら男子更衣室に向かっていました。

「男二人でプールって、どうなんだよ・・・ ガキじゃあるまいし」
「だって、今年はまだ泳いでいないクマ!」

子どもたちが夏休みを終えて、空いた時期を狙ってやってきたためか、あまり混雑している様子はありません。

「早くこっち来いよー! うひょー!冷てえ!」
実は家を出る前から水着を着用し、密かに張り切っていたウメッピは、一足先に消毒槽につま先をつけジャブジャブしながら、待ちきれない様子。
プール.jpg

「すぐ行くクマー!!」
ケルくんは、ロッカーにポシェットを置くと、中を覗き込みました。

「はっ!! な、ない・・・!? 入れたはずの水着がないクマ!」 ガーン

ポシェットの中からは、水着どころか、プール後のお楽しみに入れておいた文明堂のカステラ巻までもが、忽然と姿を消してしまっていたのです。
ポシェット.jpg


「そんな・・・」
ケルくんは、いつの間にかぺしゃんこになっていたポシェットを握り締めて立ち尽くしました。

”水着は必ず着用してください。又、Tシャツを着用しての遊泳はお断りします。”
入り口に書かれていた赤い文字が、ケルくんの脳裏に悲しくよぎります。


そのとき、ふと後ろから、聞き覚えのある声が・・・

「おやおやぁ? プールに来たのに海パンを忘れるとは、とんだお笑い種だべ!」 バーン


「お、お前は・・・ まな兵衛!?」

「むしゃむしゃ・・・この暑いのに、プールにも入れず残念だべ!」

爆笑するまな兵衛は、何か黒いマントのような物を身にまとい、少し重たそうにぶんぶん飛んでいます。
口の周りには、カステラが・・・

葛藤ケル.jpg

「おーい、どうしたケル坊・・・ あー!テメーあんときの詐欺師じゃねーか!」

「ウメさん、水着がないクマ〜」

「・・・って、コイツがかぶってるの、明らかにお前の海パンだろ!!」

ウメッピが振り返った時には、まな兵衛は忽然と姿を消してしまっていたのでした。



「ま・・・ まな兵衛は変態さんだったクマ?」

「さ、さぁ・・・ それよりどうすんだ、これじゃお前プール入れないじゃねーか」

ウメッピが、レンタル水着のコーナーを探そうとした その時・・・




「待ちなさい!!!!」


ズバンッ
「う”っ!!」
倒れケル.jpg

「こ、これは・・・!!海パン!!!(なんだこの展開は・・・)」

ダルビッシュ顔負けの豪速で海パンが顔にめり込み、吹き飛んだケルくんは白目を剥いて伸びてしまいました。


「手編み・刺繍講座、被服・ファッション講座、ビーズアクセサリー講座、パッチワーク・キルト講座・・・ あらゆる服飾関連講座を修了している私に、縫えない物なんてないわ!!」 ドン!!

突然現れた、ケルくんに少し似た感じの女の子グマは、ケルくんを掴むと高速で往復ビンタをお見舞いし始めました。

「あんな雑魚から物を盗られて気付かないなんて、まだ寝ぼけているのかしらね!?」

「ちょ、ちょっとアンタ、もう意識ないって・・・」
「何よ!!!」 ギロッ
「ごめんなさいすみませんでした (許せケル坊)」
怒シー初登場水着.jpg

「はぁ・・・ このボンクラがおきたら、キツく言っておいてちょうだい。」

女の子グマは、ケルくんを床に捨てると、男子ロッカーから去っていってしまいました。



「なんだったんだ・・・ それに、一体どうやって入ってきたんだ・・・?」

ウメッピが投げつけられた手縫いの海パンを広げてみると、大きなハートと「ケル」の文字が・・・
(女心は、複雑すぎてわからん)
ハート海パン.jpg

女の子グマは、一体何者?
新キャラ登場で、波乱の予感・・・!!

《第7話へつづく!》


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2013.09.13 Friday
  • 08:00

食マニア

【trattoria parent】

JUGEMテーマ:グルメ

「だいぶ遠くまで来たけど、周りは家と畑ばかりクマ・・・」
「そうだな・・・ そろそろオレも腹が減ってきた」

ケルくんとウメッピは、東海村の住宅街を歩いていました。
とてものどかで、お店もあまり見当たりません。


「こうなったら、《突撃!隣のお昼ごはん!》を決行するしかないクマ!」
「それはつまり、ただの乞食だろ! ・・・ん?」

ウメッピの目が、《窯焼ピッツァ》の看板をとらえました。
「やったぞケル坊!」
とてもおなかがすいていた2匹は、思わずガッツポーズ!!
パラン外観.jpg

「ケル坊、これはきっと石窯に使う薪だぞ!」
「本格的クマ〜」
パラン外観2.jpg

店内は、赤を基調とした、落ち着いた雰囲気。
ケルくんは、ベルベッド調の椅子に座って満足そうです。

「かっこいい椅子だな」
「貴族みたいクマ〜」
「よかったな (単純なヤツめ)」
パラン座席.jpg

「さっき、ピザ生地回してるの見た?」
「見た見た!すごかった!」

隣の女の子たちの会話に、ケルくんたちの耳はダンボ状態に・・・
「ケル坊、こうしちゃいられねえ!オレたちも見にいくぞ!」


ケルくんたちは、テーブル席を離れて
粉を打ち、丁寧に伸ばされていく生地を、興味津々で見つめました。
パランカウンター.jpg

パンパンパン・・・ くるっくるっ!
高く宙を舞い、薄く均等に伸ばされたピザ生地は、回転しながらも無事に手の平の上に着地!

「おぉおおお!」「スゲー!!」
芸術的なまでの手技に、ケルくんたちは大喜びです。
パランカウンター2.jpg


マルゲリータ インテグラーレ
通常のマルゲリータより500円高いこちらは、水牛のモッツァレラ「ブッファラ」を使用。
普段よく口にするモッツァレラは、牛乳より作られ「バッカ」と呼ばれるもの。
ブッファラは、バッカより少し高価だが、濃厚で柔らかく美味。
パランマルゲリータ.jpg

生パスタのカルボナーラは、少し卵感の強い味付け
パランカルボナーラ.jpg

熱々のピザを、はふはふしながら食べるケルくんの隣で
ウメッピは生パスタをついばみます。

「これは・・・ なんというモチモチ感!」

プチプチとした通常のパスタしか食べたことのなかったウメッピは、初めて味わう食感に、まだまだ世界は広いなあと改めて痛感したのでした。



   ◆◆◆



トラットリア パランのパスタメニューは、全て生パスタで作られており、
もちもちとした風味を楽しむことができる。

ジェラートやドルチェも豊富。
ワインも各種取り揃えられている。

【trattoria paran(トラットリア パラン)】

アクセス:茨城県那珂郡東海村白方443−1
営業時間:平日11:00〜15:00(L.o14:30)、17:00〜22:00(L.o21:30)
       土日祭日11:00〜22:00(L.o21:30)
TEL:029-282-0456
定休日:月曜日
http://www.trattoria-parent.com/



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2013.09.09 Monday
  • 08:00

お散歩マニア

【季器楽座】


「ウメさん、元気出すクマ。形あるものは皆、いつかは壊れゆく運命なんだクマ。」
「うぅ・・・ ものすごく正論だが、ケル坊の口からそんな言葉を聞くとは・・・」

ケルくんとウメッピは、田園風景の中をとことこ歩いていました。
ウメッピは最近、とてもお気に入りだった梅の花の湯のみを割ってしまってから、元気がありません。

「本当に、手に取っただけなのに・・・ 長年使って脆くなってたのかもしれねえなあ・・・」

「あっ、ここだクマ!」
「季器楽座・・・?」
季器楽座看板.jpg

「ここは、素敵な焼き物がたくさん置いてあるそうだクマ!」
「何!?ケル坊、それでオレをここに・・・」
季器楽座外観.jpg

建屋の外から、ライトアップされた焼き物が見えて、ウメッピは大興奮!
「ケル坊、早く入るぞ!!」
「ウメさん、早いクマ〜」
季器楽座外観2.jpg

建物の中は、焼き物のギャラリーになっていました。
「こじか・・・た・・・やき」
「ケル坊、これは小鹿田焼と書いて、おんたやきと読む貴重な焼き物だぞ」

伊万里焼、笠間焼き・・・ 大小様々の焼き物が、空間を埋め尽くしています。

「ん?これは・・・!」
梅の花の描かれた湯飲みを見つけたウメッピは、大喜びでレジに持っていったのでした。
季器楽座展示.jpg


「ケル坊、こっちがカフェになっているらしいぞ。ちょっと涼んでいくか。」

カフェ店内の大きな窓ガラスからは、田園と木々、竹林など、目にも優しい緑の景観を楽しめる
季器楽座店内.jpg

フォトブックのようなメニュー表、和柄の布を使用したおしぼり
季器楽座メニュー.jpg

マスターが丁寧に淹れてくれるコーヒーとアイスラテ
ギャラリーのカフェらしく、どの食器にもこだわりが感じられる
季器楽座珈琲.jpg

しっとりふわふわとした本日のシフォンは、2種類用意されている
季器楽座菓子.jpg

「いや、それにしても・・・ 素晴らしい湯飲みに出会えてよかったぜ!ケル坊のおかげだ。ありがとな」

ウメッピは、抹茶のシフォンをモフモフとつつきながら、すっかりご機嫌です。
「この珈琲とかいうハイカラな飲み物も、なかなか旨いもんだな!」


ケルくんは、アイスラテのストローを咥えながら、内心ホッと一安心。

(ウメさんの湯のみ・・・ 先に僕がおしりで踏んで割っちゃってたことは、バレなかったようだクマ!)


「今日の晩飯はオレのおごりだ!たらふく食えよ!」
「う、うん・・・」

風呂敷に包んだ湯飲みを、大事そうに背負ったまま降ろそうとしないウメッピを見ると、実は他にもいくつか割ってしまった器があることは、もう少し言い出せそうにないケルくんなのでした。


   ◆◆◆


ギャラリーでは、毎月中旬くらいまで企画展が開かれている。
展示してある焼き物は、購入可能。

現在の展示は大分県日田市の小鹿田(おんた)焼で、今月の16日(月)まで。

小鹿田焼は、国の重要無形文化財にも指定されており、刻まれた幾何学模様が特徴。
轆轤(ろくろ)を回しながら、生乾きの器に鉄の小さな鉋(かんな)の先を引っかけるようにして削り目をつけた「飛び鉋(とびかんな)」という技法などを特徴とする、素朴な味わいのある焼き物である。

静かな竹林の中にあるが、焼き物を愛する人で客足が途絶えないギャラリー。


【うつわや季器楽座(ききらくざ)】

アクセス:水戸市米沢町195-3
県庁やビバホームのある大通りを「米沢町中央」交差点で脇道に入りすぐ
営業時間:10:00〜19:00(カフェ部門L.o18:00)
TEL:029-246-1411
定休日:月曜日
http://www.kikirakuza.com/




記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2013.09.06 Friday
  • 08:00

食マニア

【瀧口】

JUGEMテーマ:グルメ

「はっ! ウメさん、天ぷらが食べたいクマ!」

ケルくんとウメッピは、水戸駅の北口方面をとことこ歩いていました。
「何?今日はカレー屋の予定だったろーが」

「ぬおぉぉ・・・ 猛烈に天ぷらが食べたいぃぃ!」

「わがまま言うんじゃありません!お母さん許しませんよ!」

「TPPが欠乏しているクマ・・・」

「・・・TPPが何か、知ってんのかケル坊」

「天(T) ぷら(P) ポイント(P)クマ!」

(くたばれテメー)



地面に転がりジタバタしていたケルくんは立ち上がり、
おもむろに口を開き語りだしました。

「むか〜しむかし、あるところに《天ぷらが食べたくて仕方がない超絶イケメンのクマ》がおりました・・・」

(何の話だよ。)

「イケメングマは、おなかがすきすぎて川へふらふらと歩んでいきました。」

(大丈夫かよ・・・)

「するとどうでしょう、川の上流からとっても素敵な巨大天ぷらが〈天ぷら粉〜天ぷら粉〜〉と・・・」

(〈どんぶらこ〉だろ!)


「しょうがねーな、カレー屋はまた今度にして、今日は天ぷらだ」
「やったクマ〜」


   ◆◆◆


「水戸で上質な旨い天ぷらといえば、ここだ!」
「落ち着いた佇まいクマ〜」

瀧口改4.jpg

♪ キーンコーンカーンコーン

「何か聞こえるクマ!」
「水戸商業高校と、新荘小学校の隣だからな」

瀧口改2.jpg

のれんをくぐり店内に入ると、座敷の席とカウンターに分かれていました。

揚げ物の店とは思えないほど、店内はピカピカ。
壁には、旬の食材の名前がずらり。

瀧口改3.jpg

ゆったり座れる座敷の席
瀧口改1.jpg


カウンターに座ったケルくんは、お新香をつつきながらも、
鮮やかな手つきで天ぷらが揚げられていく様子に、興味津々です。

新鮮な旬の食材が、丁寧にひとつひとつ揚げられていく
瀧口改5.jpg

美味しいと評判のご飯は、おかわり自由
瀧口.jpg


ケルくんは、目の前のお皿に置かれた天ぷらをひとつ取ると、口に運びました。


    サクッ


「こ、これは!? なんという軽さ・・・!!」

思わず天ぷらが乗っていた皿を見ると、敷かれていた紙に油のシミが殆どついていないのです。

「今まで食べていた天ぷらとは違うクマ!!」


ケルくんは、そのあまりの美味しさに、ごはんを何杯もおかわりしながら
〆のかき揚げまで、存分に素材の旨味を堪能したのでした。

瀧口改6.jpg


   ◆◆◆


座敷に座ると、一度にカゴで提供されるが、
カウンターに座ると、揚がるたびに1品ずつ目の前に置いてくれる
瀧口2.jpg


新鮮な野菜や魚介を目の前で調理し、揚げたての天ぷらを
出してくれるお店。

衣は薄くサクサクで、油っこさを感じさせない。

ランチは¥1,050から楽しむことができ
その時々に、旬な食材をセレクトして出してもらえる。


【瀧口(たきぐち)】
アクセス:茨城県水戸市新荘3丁目6-24
      水戸商業高校そば
TEL:029-221-7865
営業時間:11:30〜14:00
       17:00〜21:00
定休日:月曜日



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2013.09.02 Monday
  • 08:00

ゆるくまにあ!

ゆるくまにあ! 《第5話》

JUGEMテーマ:ものがたり


ガー

「いらっしゃいませー」

そのまま、コムボックス310のすき家にやってきた2匹。

「奢ってやるから、何でも食えよ。ただし、焼き鳥丼とか頼むなよな!」
ねぎ玉牛丼の券を買ってからウメッピは、食券機にそっと千円札を投入してやりました。


   ◆◆◆


一切遠慮せずに、メガ牛丼と豚汁、サラダに杏仁豆腐を並べてホクホク顔のケルくんに、ウメッピはため息をつきました。

「つまり・・・ 邪悪な奴を閉じ込めた封印が解けそうだから、対抗する方法を探しに、谷を代表して水戸にやって来たと・・・」

「モグモグ!!」

(ハタラク谷とやら・・・ 悪いが、こんな頼りなさげなヤツに任せて、本当に大丈夫なのか?)

ご飯粒のくっついたほっぺたをハムスターのように膨らませた、その幸せそうな姿からは、谷の存続をかけるほどの才力は何も感じられません。

すき家ケル.jpg

「つーか、お前のその腹のマーク、どこかで見たことあるんだよな・・・」

「これは、ハタラク谷のクマなら、誰もが持っているマークだモグ!」


「ハタラク・・・・・・」

ウメッピは額に手を当てて、しばらく考えた後、
ポンと手を打ちました。

「あぁ、思い出した!! 水戸の、人材派遣会社のマークだぞ!!」

広告.jpg


(これは偶然か? 何か必然的な結びつきがあるのか・・・?)


「とにかく、そこに行ってみようぜ! 何か わかるかもしれねぇ!」


   ◆◆◆


その会社の名は、株式会社 シーケル。

そこは、千波湖のほとりに経つグレーの4階建てのビルで、入り口には、Sのマークが燦然と輝いていました。

ビルケル.jpg

「同じだクマ・・・」

ケルくんは、会社のロゴと、自分のおなかを交互に見て、不思議そうな顔をしています。
ロゴケル.jpg

「とりあえず・・・ ここは人材派遣会社といって、職を求める人たちがスタッフ登録をして、いろんな仕事を紹介してもらうところなんだ。お前、食ってくのに働いて稼がなきゃいけないだろうし、マークの謎も気になるし・・・」

「わかった!僕、登録してくるクマ!!」

「お、おう・・・(大丈夫かな)」

ウメッピは、我が子を送り出すお父さんのような気持ちで、走っていくケルくんを見送りました。
登録ケル.jpg


   ◆◆◆


〜〜 1時間後 〜〜


「ただいまクマ〜!」

「ど、どうだった!?」

「希望の仕事が入ったら連絡してくれるそうだクマ!」

「よかったな・・・」

(す、すげえ・・・! シーケルの人間は、何も突っ込まなかったのか?なんて柔軟な企業だ・・・)」


ケルくんは、シーケルの柔軟な対応により、無事登録スタッフになることができた!!
果たして派遣先は見つかるのだろうか・・・!!

《第6話へつづく!》




記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!

にほんブログ村 (ブログランキングサイトです)
  • 2013.08.30 Friday
  • 08:00