Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【オムライスとバイキングの店 LETTUCE CAFE】

JUGEMテーマ:グルメ


「このあたりの6国沿いって、飲食店が
 ありそうで、ないんだよなあ」

「もう、晩ごはんの時間クマ!!」

国道沿いを、とことこと歩いていたケルくんとウメッピ。
今日は、タイミングが合わず、うっかりお昼ご飯を食べ損ねてしまったので、
もうお腹がペコペコです。


「ここは、まだヒタチなのかクマ?」

ケルくんは、ポシェットのお菓子袋に残っていた、最後の大甕饅頭を
ぺろりと平らげると、辺りを見渡しました。

「もう東海村に入っているはずだぞ・・・ ん??」

ウメッピは、ケルくんの頭の上で
ごしごしと目を擦りました。

「暗くてよく見えないが、あそこに”カフェ”と書いてないか?」

「レタス・・・カフェ?」

レタスカフェ1.jpg

パチンコ店VISTAの隣にある、コンクリートの外壁の小さなお店
レタスカフェ2.jpg

「レタスカフェというからには、
 野菜をたくさん食べられる、ヘルシーなカフェなのだろう!」

「僕、お腹がペコペコだし
 ジューシーなお肉も、ふわふわなデザートも食べたいクマ〜」

「ケル坊は、少しダイエットしろよ!!
 よし・・・ 今夜はここで、健康的な食事をするとしよう!!」

レタスカフェ3.jpg

「あっ!! ウメさん、あれを見るクマ!」

「ややっ!? オムライスだと!?
 ここは、菜食主義者の食堂ではないのか!?」

レタスカフェ4.jpg

「ううむ・・・
 男に二言はない! ここで食うとしよう・・・」

「やったクマ〜!!!」


 ガチャッ


「いらっしゃいませ〜!!」

レタスカフェ5.jpg

「シンプルだけど、オシャレな雰囲気クマ!」

レタスカフェ6.jpg

どこかから、女の子たちの楽しそうな声が聞こえてきます。

店内のあちこちのテーブルで、
女子会が開かれているようです。

レタスカフェ7.jpg

こじんまりとした店内だが、仕切りやレイアウトが工夫されており
隣の席は気にならない
レタスカフェ8.jpg

「オムライスのお店ってことは、
 それはもう、絶品のオムライスが出てくるに違いないクマ〜」

「おっ! 来たぞ!!」

レタスカフェ9.jpg

「『おかわりOK』って、書いてあるクマ!!」

「ほう、料理を一品頼むと、
 これだけのものが食べ放題になるとは、何ともお得だな!!」

メインを頼むとバイキングがついてくる
レタスカフェ10.jpg

オムライスだけで20種類もある
レタスカフェ11.jpg

ドリアやスパゲティー、ピザも、一風変わったメニューが多い
レタスカフェ12.jpg

注文を終えたケルくんたちは、
テーブルに置いてあったお皿を手に、椅子からピョンと飛び降りました。

「食べ放題クマ!!!」

レタスカフェ13.jpg

お惣菜コーナーのテーブルには、たくさんの種類のお惣菜が並んでいます。

「全部乗せるクマ!!」

「ケル坊、オムライスの分の腹も、残しておけよ!!
 って、心配ないか・・・・」

レタスカフェ14.jpg

サラダや和え物に
レタスカフェ15.jpg

ペンネやフライドポテト、フルーツなど
レタスカフェ16.jpg

「見ろケル坊! 彩りよく盛れたぞ!!」

レタスカフェ17.jpg

「こっちは、ドリンクコーナーかクマ?」

冷たいドリンクから
レタスカフェ18.jpg

温かいドリンクまで、各種飲み放題である
レタスカフェ19.jpg

「美味しそうクマ! どっちも入れてみるクマ〜」

「入れすぎるなって、書いてあるから、気をつけろよ!!」

コーヒー用のフレーバーシロップ
レタスカフェ20.jpg

店内は少し薄暗く、オレンジの光に包まれている
レタスカフェ21.jpg

シンプルで、落ち着いた雰囲気である
レタスカフェ22.jpg

「あっ!!! オムライス!!!!」

ケルくんたちが夢中でお惣菜を盛りつけている内に、
注文したオムライスが、テーブルに運ばれてきていたようです。

デミグラスソース
レタスカフェ23.jpg

「こりゃあ、美しい表面だな!!」

つるりとしたオムライスの表面の美しさに
思わずスプーンを入れるのをためらうウメッピ。

レタスカフェ24.jpg

スプーンで卵を切っていくと、プルプルとしたオムレツは、予想以上の厚み。

「おお・・・!!!」

口溶け、という表現が似合いそうなほどふるふるの卵が
デミグラスソース、そしてケチャップベースのライスと絡み合い、
ウメッピは、満足そうに目を閉じました。

卵を3個は使っているのではないか、というボリューム
レタスカフェ25.jpg

一方、ケルくんの頼んだオムライスは
ちょっと変わった一品のようです。

「オムライスを、シーザーソースで食べるなんて、
 僕、初めてクマ〜!!」

ソーセージとチェダーチーズのシーザーソース
レタスカフェ26.jpg

パリッとしたソーセージ、アツアツのオムライスの熱で溶けたチェダーチーズ、濃厚なシーザーソース・・・

チーズやソーセージの味を活かすため、卵の下には
バターの香る塩ピラフが入っています。

「ボリュームたっぷり、美味しいクマ〜!!!」

オムレツの中身は塩味のピラフ
レタスカフェ27.jpg

あっという間に、オムライスを平らげてしまったケルくんは、
再びお皿を持って、食べ放題のスペースへやってきました。

「あっ!!! これは・・・!!!」

レタスカフェ28.jpg

チョコレートシロップ、メープルシロップ、ジャム、生クリーム、つぶあんなどを、好きなだけトッピングできる
レタスカフェ29.jpg

容器の蓋を開けると、中には
色とりどりのシフォンケーキが、カットされて入っていました。

「全種類、食べたいクマ〜」

木製のトングで一気に掴もうとすると、シフォンケーキは、あまりの柔らかさに、途中でちぎれてしまいます。

「すごいふわふわなんだクマ〜!!」

ケルくんは、そっと掴むように気をつけて
どんどんお皿に取っていきました。

レタスカフェ30.jpg

「チョコに、メープルに・・・ 
 全部、かけちゃえばいいかクマ??」

レタスカフェ31.jpg

「ケル坊見ろ! なかなか上手に盛れたぞ!!」

レタスカフェ32.jpg

シフォンケーキは、しっとりとしていて、キメ細かく
口の中でシュワッと溶けてしまうかのようです。

「これなら、何枚でも食べられちゃうクマ〜」 パクパク


「むっ!? いつの間に、こんなに減ってしまったんだ!?」

レタスカフェ33.jpg


ケルくんが何度も往復したせいで、シフォンケーキの容器は
あっという間に空っぽになってしまいました。

「甘いものは別腹なのにクマ・・・」


椅子に座って、しょんぼりとしているケルくんの前に、
コトッと置かれた白いお皿。

「お待たせしました! セットのデザートになります!」

「えっ??」

「そうか、デザートの存在を、すっかり忘れていた・・・
 よかったな、ケル坊!!」

セットのデザート(ベークドチーズケーキ、ブラウニー)
レタスカフェ34.jpg

(待てよ? そういや、ヘルシーな食事でダイエットするために
 ここに入ろうとしたはずじゃ・・・)

目を輝かせてフォークを口に運ぶケルくんの、丸々と膨らんだおなかを見て、
こんなはずじゃなかったと、今更ながら頭を抱えるウメッピだったのでした。


 ◆◆◆


自家製シフォンケーキは、お土産用に買うこともできる
レタスカフェ35.jpg


6国沿いにある、オムライスで有名な洋食屋さん
(以前は『レタス畑』という名前だった)

看板メニューであるオムライスをはじめとして
スパゲティー、ドリア、ハンバーグ、ピザなどから、メインを注文すると、
サラダ・惣菜・ドリンク・デザート(シフォンケーキ)が食べ放題になる

《オムライスの店》ということで、
オムライスだけで20種類という、驚異のバリエーションである


オムライスは、
基本のデミグラスソースのみ、ケチャップベースのライスが入っているが、
それ以外のものには、塩味のピラフが入っている

ぷるぷるとした卵は、かなりの厚みでボリュームがあり、
オムレツがメインといっても過言ではないほどである
(ライスを包むのではなく、上にかぶせてあるタイプ)


フードバーは、サラダを中心として
ヘルシーなお惣菜から、ペンネにフライドポテトまで、様々である

ドリンクバーには、コーヒー、紅茶、
オレンジジュース、アイスコーヒー、アイスティー、烏龍茶

フレーバーシロップが備え付けてあり、好みで風味を足して楽しむことができる(ヘーゼルナッツ、キャラメル)


奥久慈卵を使用した自家製シフォンケーキは、
プレーン、チョコレート、コーヒー、抹茶、キャラメルなど
きめ細かく、しっとりとした口当たりで、お土産用に購入することも可能



【オムライスの店 LETTUCE CAFE (レタスカフェ)】

アクセス:茨城県那珂郡東海村石神外宿2539-62
6国沿いにあり、交差点「二軒茶屋」と「石神十字路」の間、
パチンコVISTAの隣

営業時間:(火〜金)11:00〜14:30、17:00〜22:00
      (土日祝)11:00〜22:00

定休日:月曜日

TEL:029-284-0114
http://www7b.biglobe.ne.jp/~lettucecafe/index.htm


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.10.20 Monday
  • 08:00

食マニア

【山梨発!安心素材のこだわりスウィーツ Châteraisé】

JUGEMテーマ:スイーツ


「いや〜、実にいい湯だったな!!」

「極楽だったクマ〜」

ひたちなか市にあるスーパー銭湯施設、『勝田あかつきの湯』に来ていたケルくんたち。


「やっぱり、塩サウナが最高だぜ!
 男に磨きをかけるには、塩サウナしかないだろ!!」

「僕は、のんびり露天風呂がよかったクマ〜」

ケルくんの頭の上で、羽をごしごし拭いていたウメッピは、
入浴中外していた梅の花飾りを頭につけると、紐をキュッキュと結びました。


「さて、そろそろ水戸に戻るとするか!」

「ここを渡るクマ〜」

道路を渡ろうとしたケルくんは、向かいにある大きな看板を見て
首を傾げました。

「チャーテ・・・ ライズ??
 そういえば、ここって一体何なのかクマ?」

「むむ・・・ 何かの店か?」

シャトレーゼ1.jpg

「家のようにも見えるが・・・」

「外人さんが住んでるのかクマ?」

シャトレーゼ2.jpg

近寄ってみると、何か看板が立てられています。

「ややっ!!! 《本栗饅頭 新発売》だと!??
 一体これは、どういうことだ!!??」

「外人さんのお家じゃなくて、食べ物屋さんだったのかクマ?」

シャトレーゼ3.jpg

そのとき、一人のお客さんが建物の中に入っていきました。


 ガーッ


開いた自動ドアの向こうに、たくさんのお菓子が積み上げられているのを見て
ケルくんは大喜びです。

「うわあ、ここは、お菓子屋さんだったんだクマ!!」

「ほう、面白そうだな」

ケルくんたちは、お店の中に入ってみることにしました。

シャトレーゼ4.jpg

「いらっしゃいませ〜!!」


「あれっ!
 お菓子屋さんかと思ったら、アイスクリーム屋さんだったクマ!?」

足を踏み入れた途端、ケルくんを出迎えてくれたのは
ずらりと並んだ、アイスクリーム用の冷凍庫!

シャトレーゼ5.jpg

「うわあ、こんなにたくさん!!
 全部、全部、アイスなのかクマ!?」

昔ながらのカキ氷や
シャトレーゼ6.jpg

コロコロした一口タイプのアイス
シャトレーゼ7.jpg

種類豊富なアイスバー
シャトレーゼ8.jpg

「おっ! コイツは知ってるぞ!
 このメロンの奴、旨いんだよな!!」

フルーツシャーベット
シャトレーゼ9.jpg

「この丸いアイス・・・
 一体どうやって食べるのかクマ?」

懐かしいボンボンやパインアイス
シャトレーゼ10.jpg

和テイストなアイス
シャトレーゼ11.jpg

「おお!! たい焼き型のアイスがあるぞ!!」

シャトレーゼ12.jpg

「見ろケル坊! ケル坊のために作られたかのようなアイスだな!!」

「美味しそうクマ〜」

カロリーも糖質も低めのアイス
シャトレーゼ13.jpg

「おっ! これはアイスじゃないようだな!」

フローズンゼリー
シャトレーゼ14.jpg

「マルゲリータ!! スモークベーコン!!
 チーズカレーに、スイートコーン!!!」

冷凍庫の一角で売られているピザを見つけて、
ケルくんは大はしゃぎです。

「甘いもんばっかりじゃないんだな」

シャトレーゼ15.jpg

「??? 賞味期限??」

夢中でアイスを眺めていたケルくんは、
貼られていたPOPを見て、首を傾げました。

「はて・・・ そういえば、
 アイスって、賞味期限書いてないよな」

「でも、ここのアイスには賞味期限があるのかクマ?」

「ははあ、なるほどな!
 食い物を長持ちさせる添加物が、入ってないってことなんだな!!」

シャトレーゼ16.jpg

賞味期限があるのは、安心の証
シャトレーゼ17.jpg

「ウメさん! ここのアイスは、溶けやすいらしいクマ!!
 これじゃ、たくさん買っても持ち帰る間に溶けてしまうクマ!!」

「ああ、そういやそうだったな・・・
 旨そうなアイスがたくさんあるが、この後水戸まで帰ることを、考慮しなければならなかったな」

シャトレーゼ18.jpg

「諦めて、ここで全部食べるクマ・・・」

(どっちにしろ食うのかよ)

「いや待て、ケル坊!! これを見ろ!!!」

バーン
シャトレーゼ19.jpg

「これさえあれば、水戸までアイスを持ち帰ることが可能だぜ!!!」

「さすがウメさんクマ〜!!!」

店内で、オリジナル保冷バッグを販売している
シャトレーゼ20.jpg

持ち帰れることがわかって、安心したケルくんたちは
早速、店内を物色し始めました。

「わあ、プリンにロールケーキに、シュークリーム!!」

シャトレーゼ21.jpg

自社農園や牧場でとれた素材を使ったスイーツ
シャトレーゼ22.jpg

「こっちには、ケーキもあるクマ!!!」

シャトレーゼ23.jpg

ケルくんは、ふわとろのデザートに色とりどりのケーキなど
美味しそうな洋菓子のコーナーに夢中です。

シャトレーゼ24.jpg

「洋菓子もいいが、やはりオレは・・・」

店内をキョロキョロと見渡すウメッピ。

シャトレーゼ25.jpg

「おっ! なんだ、これは!?」

シャトレーゼ26.jpg

「ぶ・・・ ぶどう餅だと!?
 そんな餅菓子が、存在していたのか!!??」

見たことのない和菓子に、大興奮のウメッピ。

シャトレーゼ27.jpg

お団子やお饅頭など、和菓子も充実
シャトレーゼ28.jpg

お土産にも喜ばれそうな、可愛いお菓子も
シャトレーゼ29.jpg

「こっちには、箱に入ったお菓子がたくさんあるクマ!
 こんなにあったら、毎日お菓子食べ放題クマ〜」

シャトレーゼ30.jpg

ギフト用の焼き菓子の詰め合わせ
シャトレーゼ31.jpg

年輪に願いを込めて、贈り物にも喜ばれるバウムクーヘン
シャトレーゼ32.jpg

安心素材で作られたパンやマフィン
シャトレーゼ33.jpg


「美味しそうなものが、たくさんありすぎたクマ〜」

「保冷剤を入れたバッグがあるからって、
 いくらなんでも買いすぎだろ・・・」

シャトレーゼ34.jpg

このあと、溶けていないか確認と称して
信号待ちでバッグを開けるたびに、アイスを口に運んでいたケルくんは・・・

家に着いて冷蔵庫の前でバッグを開けたとき、
何度も目を擦りながら、バッグをひっくり返す羽目になったのでした。


 ◆◆◆


カップデザートや焼き菓子、和菓子など、多種多様なスイーツを扱っている
シャトレーゼ35.jpg

『やさしい糖質生活』シリーズは、血糖値の上昇が緩やかでカロリーも低い
シャトレーゼ36.jpg

乳、卵、小麦粉を使わない、アレルギー対応ケーキも販売している
シャトレーゼ37.jpg

工場のひとつである白州工場では、毎日無料で一般の見学を受け付けている
シャトレーゼ38.jpg

お菓子のつめ放題や、見学後はアイスの食べ放題があるなど、
甘党さんには、非常に魅力的な内容になっている

シャトレーゼ39.jpg

1時間で2万4,000本ものアイスを製造しているところを、
ガラス越しに見学することができる

シャトレーゼ40.jpg


シャトレーゼは、山梨県甲府市に本社を置く食品メーカー
 
ケーキ、アイスクリーム、クッキー、シュークリームなどの
デザートや洋菓子、どら焼きや餅などの和菓子、
飲料水やワインなどを製造、手頃な価格で販売している

茨城県にあるシャトレーゼの店舗は
ひたちなか店、下妻店、総和駒羽根店、水戸店、神栖店、
那珂店、竜ヶ崎店の7店舗である


社名のシャトレーゼは、
フランス語で城を意味するシャトーと、ブドウを意味するレザン(レーズン)を合わせた造語で、
「ぶどうの城」を意味する(山梨県はぶどうの名産地)
 
自社農園や牧場を経営し、素材にこだわった商品を、
工場から卸売を通さずに直接フランチャイズ店舗へ送るシステムにより
安さと手軽さから急成長を遂げ、2000年以降はワイナリーやゴルフ場、
リゾート施設まど様々な分野にも進出している
2012年には、オランダに海外第一号店を展開している
 
 
原料に乳、卵、小麦粉を使用しないアレルギー対応ケーキの
通年販売を行っているのも特徴
(通常は店頭に置いておらず、事前予約が必要なので注意!)
 
年月をかけて開発されたスポンジは、
一般的な米粉スポンジと比較して、パサつかずしっとりした口当たり
クリームも、豆乳クリームを使用し、一見通常のケーキと区別がつかないほど

デコレーションされたホールケーキだけでなく
カット済みのショートケーキも冷凍で販売されているため、
クリスマス会などの際、他の子どもたちと一緒にケーキを食べられるよう
持ち込みを指示される場合などにも重宝されているようだ

 
アレルギー対応だけでなく、
「やさしい糖質生活」シリーズも販売

たとえばショートケーキは、
砂糖の代わりにエリスリトールとマルチトールなどの、
体に分解吸収されにくい糖で甘みをつけ、
小麦粉の代わりに大豆粉と食物繊維で焼き上げたスポンジを使用したケーキである
 
※エリスリトール、マルチトールは糖質の一種で、
体に吸収されにくく、血糖値の上昇がない(もしくは緩やかな)のが特徴
 
他にムースケーキ、プリン、マフィン、ロールパン、アイスなどがあり
血糖値の上昇が緩やかなので、
甘いものを食べた後の血糖値上昇が気になる方や
糖質制限ダイエットを行っている方の、ちょっとしたご褒美デザートとしても最適である
 
 
シャトレーゼの白州工場(山梨県)では、
毎日一般の見学(無料、要予約)も行っている

白州は最も水が美しい場所で有名で、サントリーの工場もあり
南アルプスと呼ばれる地域である

アイスの製造や、製餡工程の見学
スイーツやケーキの試食会、アイスの食べ放題など
無料とは思えないほど、内容が盛りだくさんの見学ツアーとなっている



【Châteraisé (シャトレーゼ) ひたちなか店】

アクセス:茨城県ひたちなか市大字東石川3378-89
昭和通りからは、常陽銀行やカスミ、ココスのある「消防署西」交差点で
カスミ方面へ曲がって直進、銭湯「勝田あかつきの湯」の向かい

営業時間:9:00〜21:00
TEL:029-354-0147

定休日:年中無休
http://www.chateraise.co.jp/


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.10.17 Friday
  • 08:00

食マニア

【行列のできる超有名メンチカツ 松坂牛専門店 サトウ】

JUGEMテーマ:グルメ


「キチショウジ、初めて来たクマ〜」

「ケル坊よ! それを言うなら、きちじょうじ、だぞ!」

爽やかな秋晴れの今日、
ケルくんたちは、駅から降り立つと商店街の中を歩いていました。

『モテる男は、デートでボートを漕いで、女子のハートを狙い撃ち!』というテレビの特集に、まんまと影響されたケルくんと、肉体作りのため新たな修行を求めていたウメッピは、デートの人気スポットである井の頭公園でボートを漕ぐために、はるばるやってきたのでした。


「井の頭公園は、こっちだな!!
 オレの手にかかれば、小舟など、いとも容易く操ってみせるぜ!!」

「僕、何か食べながら歩きたいクマ〜」

メンチカツサトウ1.jpg

おなかが空いてきたケルくんたちは、
何か食べ歩きしながら公園へ向かおうと、商店街の食べ物屋さんを品定めしながら歩いていきます。

すると・・・・・


「な、なんだ!? すごい行列だぞ!!!」

メンチカツサトウ2.jpg

「あそこから、伸びているクマ!!」

見ると、お店の周りにぐるりと沿うように、
さらに通りを歩く人の邪魔にならないように、道の端で分断された行列が
隣の通りまでずっと伸びているのです。

メンチカツサトウ3.jpg

「お惣菜屋さんかクマ?」

「?? たくさんある惣菜には、群がっていないようだぞ」

「一体、何にそんなに並んでいるのかクマ?」

メンチカツサトウ4.jpg

「ほう、見たところ肉屋のようだが・・・」

「霜降りのお肉が、たくさんクマ〜」

メンチカツサトウ5.jpg

《松坂牛》の文字に目が飛び出しそうになりながら、
店内を見回すウメッピ。

「なんだ? 何か奥で、せっせと作っているようだぞ!」

メンチカツサトウ6.jpg

「おお!? 
 山盛りになっている、あれは・・・」

メンチカツサトウ7.jpg

「「メンチカツだ!!!!」」

メンチカツサトウ8.jpg

まとめ買いする人が多いため、個数制限が設けてある
メンチカツサトウ9.jpg

「食べたいクマ! 食べたいクマ!!」

「オレたちも、並ぼうぜ!!」

メンチカツサトウ10.jpg

ケルくんたちが最後尾に並んでいると、
しばらくしてお姉さんが、ラミネートされたA4大の紙を配り始めました。

「1個200円なのかクマ〜」

「ケル坊見ろ! 5個以上は160円ということはだぞ?」


200円×4個=800円 ● ● ● ●
160円×5個=800円 ● ● ● ● ●


「4個買っても、5個買っても、値段は同じだということだ!!!」

「5個買った方が、断然お得クマ〜!!」

メンチカツサトウ11.jpg

行列の待ち時間が長いので、割り込みを防止するためカードを配布している
メンチカツサトウ12.jpg


〜〜 2時間経過 〜〜


「や、やっとここまで来たな・・・・」

「あんなにたくさんメンチカツが積まれていたのに、
 時間がかかるんだクマ〜」

「さっきから見ていると、10個買いする客が殆どだからな・・・」

メンチカツサトウ13.jpg

行列の中には、年配のお客さんも並んでいます。

「私、揚げ物はもたれるし苦手なんだけど、ここのメンチカツなら食べられるのよ〜! 今日は娘夫婦が孫を連れて家に来るから、食べさせてあげようと思ってねぇ」 ウフフ

「私も、吉祥寺に行くならサトウのメンチ、
 ついでに買ってきてって、友達に頼まれちゃって」 オホホ

「ここのコロッケも美味しいのよ!」 ウフフ

「あら、じゃあ私も買っていこうかしら!」 オホホ


「なるほど、そうか・・・
 ここで食べる客ばかりじゃないんだな」

「家族みんなで食べるから、たくさん買っていくんだクマ〜」

メンチカツサトウ14.jpg

悟りを開いたり、交代でトイレに行ったり、並ぶのを諦める人の後姿を見送ったりして、行列に並んでいたケルくんたちも、ついに列の先頭に!!

「丸メンチカツ、5個くださいクマ!!!」

ケルくんたちの目の前で、牛のイラストの描かれた紙袋に、
ボール型のメンチカツがごろごろっと5つ、手際よく詰め込まれました。

「やったクマ〜!!!
 メンチカツ、ゲットクマ〜!!!!!」

たくさん並んだだけあって、喜びもひとしおです。

メンチカツサトウ15.jpg

袋を手にしたケルくんたちが振り返ると、
後ろには更に長く長〜く伸びた、メンチカツを求める人の大行列が・・・

「一体、1日に何個のメンチカツが売れていくのかクマ〜」

「売り切れる前に買えて、よかったぜ!!」

メンチカツサトウ16.jpg

少し離れたところのベンチに腰を下ろしたケルくん。

期待に胸を膨らませながら
紙袋の中から、そっとメンチカツを取り出しました。

メンチカツサトウ17.jpg

「うわあ、こんがりとしたいい揚げ色クマ!」

「本当にまん丸だな!! アチチ・・・」

メンチカツサトウ18.jpg

「ソースはついてないのかクマ?」

「純粋に松坂牛の旨みを感じるために、あえてつけないのだろう!!
 冷めない内に、早く食おうぜ!!」


 ザクッ・・・


アツアツのメンチカツをかじると、
途端にじゅわっとあふれ出す肉汁。

「おっとっと・・・!」 ジュワー

ケルくんは、肉汁がこぼれないように、両手でメンチカツを持ち直しました。

「うまい!! なんてジューシーなメンチカツだ!!
 これが、松坂牛の本気か・・・!!!」

メンチカツサトウ19.jpg

柔らかいお肉は、ほろほろっと、とても柔らかく
衣と玉ねぎの食感がアクセントになって、口の中で極上のハーモニーを奏でています。

ザクザクの衣に、粗めに刻まれた玉ねぎと、肉汁たっぷりの松坂牛
大きく肉々しいが、上質の脂ゆえか軽くてぺろっと食べられる

メンチカツサトウ20.jpg

これから向かう井の頭公園で食べるはずだったメンチカツを
うまいうまいと一気に食べてしまったケルくんたちは、

再び行列に並ぶのに躊躇し、葛藤するうちに、
「メンチカツ完売」の声を聞いて、ガックリと肩を落としたのでした。


 ◆◆◆


ごろっとした球体のメンチカツ
メンチカツサトウ21.jpg

その場で食べずに、食卓に並べるために持ち帰るお客さんも多い
メンチカツサトウ22.jpg

牛カツなどの串カツを食べ歩く人もいる
メンチカツサトウ23.jpg

ロースカツなど、店頭のお惣菜もレベルが高い
メンチカツサトウ24.jpg

極厚ヒレカツ
メンチカツサトウ25.jpg

肉丸(肉だんご)
メンチカツサトウ26.jpg

メンチカツ以外は、すぐに購入することができる
メンチカツサトウ27.jpg


平日でも行列ができる、超有名メンチカツが名物の人気店

吉祥寺の三大名物と呼ばれているものが、
「小ざさ(おざさ)の羊羹・最中」「いせやの焼鳥」
そして、「サトウのメンチカツ」である

吉祥寺駅から3分ほど歩いてハーモニカ横丁を抜けていくと、
メンチカツの匂いとともに大行列に遭遇することになるので、場所はすぐにわかる

井の頭公園まで歩く道のりや、公園の中で
サトウのメンチカツを食べるというのは、定番のデートコースでもあるようだ


実は、松坂牛を専門に取り扱う精肉店であり、
オーナーが自ら品質を確かめた牛を1頭丸ごと買いつけ、仲卸業者を間に入れず、仕入れ・脱骨・加工など全ての工程を自社で行っているため、最高品質の牛肉を低価格で提供することができるというシステムである

そのこだわりの高級牛の端肉をたっぷり使用したメンチカツは、
さすが松坂牛の脂というべきか、肉汁たっぷりなのに胃にもたれることがないと評判

見た目のボリュームに怯みがちだが、ぺろっと食べられてしまう
不思議なメンチカツである

平日は20個まで、土日祝は10個までと
1人あたりの販売数にも制限がある


メンチカツの人気がありすぎるので、目立った存在ではないが、
じゃがいもがごろっと入った定番のコロッケも、
メンチカツよりコロッケ派のリピーターがいるほどの隠れた名品である

そんなコロッケやカツなどのお惣菜も、大体夕方頃には
もう売り切れてしまう


メンチカツは10:30からの販売だが、
時間前に着いても既に数十人が列を作っているほど

平日でも30分、休日ともなると、4時間ほど待つこともあるので、
時間に余裕のあるときに、行列に並ぶ準備をしてから挑もう

※すぐ隣も、大行列のできる和菓子店があるので
間違えてその列に並ばないよう、最後尾で確認すると安心!




【サトウ 吉祥寺店 (さとう きちじょうじてん)】

アクセス:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8
中央本線or井の頭線の「吉祥寺駅」北口から徒歩3分(118m)
ハーモニカ横丁を抜けたところにある


営業時間:9:00〜20:00
※メンチカツの販売は10:30〜売り切れまで

定休日:無休


TEL:0422-22-3130
http://www.shop-satou.com/shop01.html



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.10.13 Monday
  • 08:00

食マニア

【あんこたっぷり!まんまる型たいやき たいやき鉄次】

JUGEMテーマ:グルメ


「うーむ・・・ これは、どこに繋がっているんだ?」

「こっちは、行き止まりクマ・・・・」

ケルくんたちは、東京駅の中をぐるぐると歩いていました。
乗り換えのために降りたものの、現在地がよくわからなくなってしまったのです。

「とりあえず、まだ時間的な余裕もあることだし、友人への土産も買わねばならん! いったん改札から出るぞ!!」

「あっ! あそこ、なんとか北口って書いてあるクマ!!」

鉄次1.jpg


「八重洲北口・・・ 八重洲・・・ おっ! あったぞ!!」

地図とにらめっこするウメッピ。


「ここから『大丸東京』というデパートに直結しているようだな!」

「改札を出て、1分も経ってないクマ!!」

ケルくんたちの目の前には、早くもエスカレーターが待ち構えています。
どうやらこの先は、大丸東京店・・・ デパートになっているようです。


「よし! 暫しの間、探索するとしよう!
 デパートといえば、真っ先に向かうのは・・・」

「デパ地下クマ!!!!」


ケルくんたちは、美味しいものを求めて、
まずはエスカレーターで地下1階に降りることにしました。

鉄次2.jpg


「さて、まずは何か小腹を満たすために
 手軽につまめるものを・・・ ん?」

エスカレーターを降りて、周囲を見回したウメッピの目に、
まず飛び込んできたのは、「 た い 焼 き 」の四文字。


(いやいや、たい焼きなんて、どこでも食えるだろ・・・
 ああ、だが・・・ たい焼きか・・・・・ ほっくりとした粒餡・・・ 
 香ばしい皮・・・ いや、しかし・・・・ しかしだ・・・・)


「あっ! たい焼き屋さん!!!」

和菓子の、特にあんこに目がないウメッピの葛藤を知ってか知らずか、
たい焼き屋さんを見つけて駆け寄るケルくん。

鉄次3.jpg

「ウメさん、たい焼きをかじりながら、デパ地下めぐりをしようクマ!!」

「し、仕方ねぇな・・・
 ケル坊が食いたいなら、付き合ってやるか!」

鉄次4.jpg

「えーと、メニューは・・・」

「ほう、粒餡のみか! これは期待できそうだな!」

たい焼きの中身は、あんこオンリーで勝負している
鉄次5.jpg

「やや!? これは、なんだ!?」

ガラスに貼られた、美味しそうなたい焼きの写真を眺めていたウメッピは、
その奥に見える鋼鉄の機械を見て、思わず目を見張りました。


「「全自動たいやき機!?」」


全自動たい焼き機、その名も『初代 銀次 第壱号機』
特許も取得済みである

鉄次6.jpg

よく見ると、ガラス窓の向こうでは、機械がせっせと
たい焼きを焼き上げています。

「うわあ、こうやって作っているクマ!?」

「見ろ! あそこから生地が出てきたぞ!!」

鉄次7.jpg

「なるほど、ここで油を敷き、生地を流して餡をのせ、
 上から生地で覆って蓋を閉め、回転している間に焼き上げる・・・・」
 
鉄次8.jpg


 パカッ・・・


「あっ! 上から降りてきた型が開いたクマ!!」

鉄次9.jpg


 パカッ・・・     パカッ・・・



 ポトッ・・・     ポトッ・・・    


上から観覧車のように降りてくる型は、開いてカゴの中にたい焼きを落とすと、そのまますぐに油を塗られて、再びたい焼きの生地を流されます。

「すごいすごいクマ!!!」

「これは、見ていると飽きないな」

鉄次10.jpg

しばらくぐるぐると機械を眺めていたケルくんたちは、
5個入りのたい焼きを頼むことにしました。

「こちら、鉄次5個入りになります!!」

「わあ、あったかいクマ〜!!」

鉄次11.jpg

「なんだか、オレの知っているたい焼きとは、大分形状が異なるぞ!」

「お月様みたいに、まんまるクマ!!」

鉄次12.jpg



 パリッ・・・・・



「おおお!!! 見ろケル坊、この餡の量を!!!」

「どこから食べても、あんこたっぷりクマ〜!!」

鉄次13.jpg



「ケル坊、ずるいぞ!!!
 5個入りだというのに、遠慮なく先に平らげるやつがあるか!!」

「ごめんクマ〜」

平等に2個半ずつ食べようと楽しみにしていたウメッピは、
空になってしまった箱の中で、少し不満顔です。


「全く・・・
 もう1個たい焼きを頼むのも癪だしな・・・ おっ?」

ゴソゴソと箱から出てきたウメッピは、
店先で、たい焼き以外の商品が売られていることに気付きました。


「モナカアイスと、人形焼きか・・・ これはいいな!!」

鉄次14.jpg


「・・・ケル坊、ほらよ! 好きな方を選べ!」

「えっ・・・ ウメさん!?」


涙ならぬ口の周りのあんこをぬぐいながら、項垂れていたケルくんは、
差し出されたアイスとウメッピの顔を交互に見ながら、困惑気味です。

「ひとりで食うのも味気ないからな!
 その代わり、こっちの紙袋は土産用の人形焼だから、絶対に食うなよ!」

アイスのパッケージも可愛い
鉄次15.jpg

鉄次と同じフォルムだが、こちらは鉄平である
鉄次16.jpg

抹茶とあずきという、2種類の和のフレーバー
鉄次17.jpg

今度は、仲良くアイスを完食したケルくんとウメッピだったのですが・・・


「・・・・・・・・・」 ジー

「・・・・・・・・・」


「・・・・・・・・・・・・・」 ギラッ

「・・・わかったわかった、仕方ねえな!!」

時折、獲物を狙う鋭い眼光で、人形焼の袋を凝視してくるケルくんに、
根負けして人形焼を買い与えてしまったウメッピだったのでした。


 ◆◆◆


薄皮のカリッとした皮で、たっぷりのあんこを包み込んだ、たい焼き『鉄次』
鉄次18.jpg

パッケージも中身も可愛く、お土産に最適な、まめたい焼き『鉄子』
鉄次19.jpg

頭のお花がキュートな、まんまるの女の子
鉄次20.jpg

誰もが笑顔になってしまう可愛さ
鉄次21.jpg

ふわふわの一般的な人形焼と違って、皮がもっちりしている
鉄次22.jpg

道行く人も、思わず立ち止まるユニークな機械である
鉄次23.jpg


東京駅に隣接するデパート「大丸東京」の地下1階にある
まんまるで可愛いたいやき屋さん

実は、東京土産で有名な「東京ばな奈」「シュガーバターの木」「ねんりん家」などと同じ、株式会社グレープストーンが手がける「銀座中条」が営業している

店頭では、全自動たいやき機で
34匹のたい焼きが、どんどん焼かれていく様子を見ることができる


中身は潔く、「あんこ」一種類のみ
丸い形状ゆえに、どこからかじってもあんこがたっぷり!

たい焼き『鉄次』以外にも、たい焼き型豆乳モナカアイス『鉄平』や、
持ち帰り用の人形焼『鉄子』などが販売されている


鉄次に対して、鉄子は女の子なので、まつげがパッチリ
お土産にも必ず喜ばれる可愛らしいフォルムである



【たいやき鉄次 (たいやき てつじ)】 

アクセス:東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店 B1
JR東京駅「八重洲北口」を出て、すぐのエスカレーターで地下に降りてすぐ


営業時間:10:00〜21:00
(土日祝日のみ20:00まで)

TEL:03-3212-8011
http://tetsuji-taiyaki.jp/index.html

記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.10.06 Monday
  • 08:00

食マニア

【茨城県インドカレーランキング1位 印度屋 らんがる】

JUGEMテーマ:グルメ


ひたちなか市の昭和通りをジョギングしていたケルくんたちは、
水戸行きの上りの電車が来るまで、まだ時間があることを確認して、ぶらぶらと東口に戻ってきました。

「どうせ時間があるのだから、どこかで昼食をとっていくか」

「賛成クマ〜!!」


「この辺は、焼き鳥やら、いつもいい匂いがしているよな」

「焼き鳥というより、スパイシーな匂いがしているクマ」

「ん? 確かにそうだな・・・
 まさか、この辺にカレー屋なんて・・・」


「「あった!!!」」

らんがる1.jpg

「こんな目の前にあるのに、今まで気付かなかったぞ!」

「カレー&ナン!!!」

早速、立て看板に駆け寄るケルくん。

らんがる2.jpg

「あっ! ランチをやってるクマ!」

らんがる3.jpg

ランチは14時頃まで、ディナーは18時から
らんがる4.jpg

「この日本でカレーを嫌いな奴なんて、いないよな!」

「ここの2階にあるのかクマ?」

らんがる5.jpg

階段を登りきると、右手に扉が現れました。

「ここのようだな! たのもー!!」

らんがる6.jpg


 ガチャッ


扉を開けると、すぐにカウンターが見えました。

「イラッシャイマセ!」

インド人らしき店主が、白い歯を見せて
爽やかな笑顔で2匹を迎えてくれました。

「おっ! これは、本場のカレーが期待できそうだな!」

らんがる7.jpg

こじんまりとした、アットホームな店内
らんがる8.jpg

店内には、インド風なインテリアが並ぶ
らんがる9.jpg

「異国の文化を感じる店内だな!」

「あっ! なんだか不思議なものが飾ってあるクマ」

らんがる10.jpg

「これは・・・ 印度の神なのか?」

「きっと、ありがたいものなんだクマ〜」

らんがる11.jpg

「メニューを選ぶクマ!!」

(この象は・・・ いかん、突っ込んだら負けだ!!!)

らんがる12.jpg

「レディースセットが、1番よさそうクマ〜」

「何! れでぃーすだと!?」

「・・・僕、女の子に見えるかクマ?」

「ケル坊さん、『僕』だなんて、はしたなくってよ!!」 キュピーン

「そ、そうねクマ! おほほほクマ!!」


「注文よろしいかしら!?」

「?」

不思議そうな顔の店主に、
小指を立てながら、レディースセットを注文する2匹。

レディースセットは、男性でも頼むことができる
らんがる13.jpg

ディナーには、また違うセットが用意されている
らんがる14.jpg

ラッシーやチャイなどの他に、インドのお酒も
らんがる15.jpg

「あら! 早速来たわね!」

「ウメさん、はいおしぼり!ですわクマ」

「ケル坊さん、おしぼりで顔を拭くのはみっともなくてよ!」

濃厚なマンゴーラッシーは、なんとセットのドリンクで選択可能
らんがる16.jpg

ミニサラダ
らんがる17.jpg

ついに、メインのカレーのお皿がテーブルに運ばれてきました。

ベタベタしないように、焼きたてのアツアツのナンは
ペーパーの上に乗せられています。

「すごいっ!!
 中でチーズがたっぷりとろけてるクマ!!」

もちもちで厚みのあるナンは、ほんのりと甘みがあって美味しく
ケルくんは、肉球をやけどしそうになりながらちぎっては食べ、
カレーをつけずに1枚ぺろりと食べてしまいました。

「このパリパリしたスナックみたいなのも、美味しいクマ〜」

チーズナン、キーマカレー(上)とバターチキンカレー(下)
らんがる18.jpg

「ややっ! このナンは、菓子のようだな!!」

ウメッピも、レディースでいることを忘れて
夢中でナンをついばみます。

カブリナンは、レーズンやナッツなどの果実や木の実、
クミンなどのスパイスが練り込まれたココナッツ風味の甘いナン。

「菓子のようなナンを、スパイシーなカレーにつけると
 なんとも不思議な組み合わせで、これはクセになりそうだな!」

ウメッピは、ケルくんよりも辛めでカレーを頼んだので
その辛さに顔まで真っ赤になっています。

「うーん、辛い!!旨い!!!」

カブリナン、キーマカレー(上)と日替わりのカレー・ほうれん草(下)
らんがる19.jpg

あっという間にナンを食べてしまった2匹は、
おかわりできるプレーンのナンで、本場のカレーを楽しみました。


弾力のあるナンは、かなりのボリュームで
ぺこぺこだったケルくんたちのお腹も、すっかり大満足です。

「あっ! デザートがついてたんだったクマ!!」

「そうよね! 女子は甘いもので締めるのが定番だもの!!」 キュピーン

(ウメさん、ノリノリクマ・・・!!)

デザートは、日によって異なる(画像はチョコアイス、コーヒープリン)
らんがる20.jpg

「美味しかったわ! ケル坊さん、また来ましょうね!!」

「そ、そうねクマ・・・」

美味しいカレーとナンで、ぱんぱんになったお腹をさすりながら、
ウメッピが何かに目覚めてしまったのではないかと、少し心配になったケルくんだったのでした。



 ◆◆◆



お店の自慢のナンは、それだけで食べても美味しい
らんがる21.jpg

本格派のカレーは、もちろんライスとの相性も抜群である
らんがる22.jpg

インドのスパイシー炊き込みご飯である『ビリヤーニ』は
日本人に好まれるインド料理のひとつである

らんがる23.jpg

カレー以外にも、タンドール(窯)料理、揚げ物、炒め物など
インドの料理をたっぷり楽しむことができる

らんがる24.jpg

サラダやナン、デザートなどと組み合わせたお得なセットも
らんがる25.jpg

宴会も、メニュー以外にも予算に合わせて相談に応じてくれる
らんがる26.jpg

駅チカなので、飲み会にも便利
らんがる27.jpg

本場インドのお客さんも納得の、美味しいカレー屋さんである
らんがる28.jpg


茨城で1番ともいわれる人気のインド料理(カレー)店

勝田駅の東口(海浜公園や長崎屋方面の出口)を出て
すぐの交番の向かいにあり、非常に分かりやすい立地である

インド人のラナさんと日本人のシャンティママさんとで経営しており、
東京の蒲田にある人気カレー店『シャングリーラ』で修行したその味は
本格派でありながら、絶妙に日本人好みにアレンジされている


ランチでは、ナンがおかわり自由なのも嬉しい
(最初のナンの種類は選べて、おかわりはプレーンナン)

店長オススメの『レディースセット』は、
カレーが2種類選べ、ライスorナン食べ放題、サラダやドリンク、デザートまでついた、腹ペコのレディースも満腹のお得なセットになっている

ナンの1番人気は『チーズナン』だが、
日本ではそこまでメジャーでない、ココナッツ風味の甘いナン
『カブリナン』を味わえる数少ないお店でもある

カレーは、チキンカレー、バターチキン(トマト)、マトンカレー(羊)、
キーマカレー(挽肉)、ベジタブルカレー、ブロンカレー(エビ)、
ダールカレー(豆)、本日のカレーの、8種類の中から選ぶことができ、
辛さも、甘口、中辛、辛口、激辛の4段階から選べる


小さいお店だが人気店なので、階段まで列ができることも

お会計のときに市営駐車場の駐車券提示で、
100円の駐車券をもらえる




【印度屋 らんがる (いんどや らんがる)】

アクセス:茨城県ひたちなか市勝田中央3-13 2F
      常磐線勝田」駅より徒歩1分(東口出てすぐ)

営業時間:(月〜金) 11:30〜14:30(L.o.14:00)
              18:00〜23:00(L.o.22:00)

      (土) 11:30〜15:00(L.o.14:30)
          18:00〜23:00(L.o.22:00)

      (日・祝) 11:30〜15:00(L.o.14:30)
            18:00〜22:00(L.o.21:00)


定休日:不定休

TEL:029-276-0310

http://www.hotpepper.jp/strJ000715683/



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.29 Monday
  • 08:00

食マニア

【ベーカリー&カフェレストラン PENNY LANE つくば店】

JUGEMテーマ:グルメ


秋の風も爽やかな、つくば山へ登ってきたケルくんとウメッピ。
すっかり日も落ちて、2匹のおなかもぺこぺこです。

「この辺りのお店は、あまりよく知らないクマ〜」

「案ずるなケル坊よ!
 こんなときこそ、困ったときのイオンモールだぜ!!」

「さすがウメさんだクマ〜」


標識をたどり、ケルくんとウメッピがイオンモールつくばに辿り着くと
広い駐車場は車でいっぱいです!

「これだけの人が、あの建物の中に詰め込まれていると思うと
 なんだかすごいよな・・・」

腕組みして、駐車場を見渡すウメッピ。

「あれ? ウメさん、あの建物は、一体何クマ?
 あそこはイオンモールではないのかクマ?」

ケルくんが指差す方を見ると、駐車場に隣接するように、
独立した建物が建っています。

「むう、なんだあれは・・・」

ペニーレイン1.jpg

目を凝らしてみると・・・
センスよくライトアップされ、なんとも洒落た建物のようです。

「これは気になるな! 行ってみようぜ!」

ケルくんたちは、灯りに照らされた道を通って
その建物に入ってみることにしました。

ペニーレイン2.jpg


 ゴツン!

「いたいクマ〜」

周りをキョロキョロよそ見しながら歩いていたケルくんは、
何かにぶつかって尻餅をつきました。

「どうしたケル坊!
 う、うわわァァー!?」 ドキーン

建物の手前には、これまたオシャレな犬の銅像が
ちょこんと座って置かれているのでした。

「な、なんだ、銅像か・・・」

ドキドキしている心臓を押さえて、
平静を装うウメッピ。

ペニーレイン3.jpg

おでこのたんこぶを摩りながら、お店のロゴを見上げるケルくん。

「ペニー・・・ ラン?
 一体、どういう意味クマ?」

「ふむ・・・ ペニーがランなんだろ?
 要するに、ペニーが走っているんだろう」

「なるほどクマ!
 じゃあ、この4人がペニーなのかクマ?」

「そういうことになるな!
 そして、その上に掲げられた印が、ペニー家の家紋だということだ」

「えぇっ!?
 じゃあつまり、ペニー家の人たちが、家のために奔走しているということを表しているのかクマ!?」

「そうだ! 4人で家紋を支えている・・・ つまり、『三本の矢』的なことを言っているんだな!
 見ろ、この4人の猛者の力強い走りを!!」

ペニーレイン4.jpg

ドヤ顔で中央の扉を開けようとしたウメッピは、
鍵がかかっているのを見て、首を傾げました。

「なんだ? こんなに煌々と灯りがついているのに、閉まっているのか?」


右手の入り口にまわってみても、そちらも開きません。

ペニーレイン5.jpg

「えぇい、こうなったら左だ!!」

ペニーレイン6.jpg

「あっ! 人がいるクマ!!!」

「ケル坊! レストランと書いてあるようだぞ!!」

ペニーレイン7.jpg

「22時までやってるみたいだし、安心クマ!!」

ペニーレイン8.jpg

ガチャッ

「いらっしゃいませ!!」

扉を開いた途端、そこに広がっていたのは・・・

ペニーレイン9.jpg

「うわあ、なんだかキラキラした空間だクマ〜」

ケルくんは、思わず目を輝かせました。


「中央の扉は、こっちのエリアに繋がっていたのだな!」

そこはどうやらパン屋さん。
営業時間が終了してしまったようで、ショーケースには布がかけられています。

「もう夜の9時近くだからな、仕方ないか・・・」

ペニーレイン10.jpg

グラスやアルコールの瓶が並ぶカウンター
ペニーレイン11.jpg

大人な雰囲気が漂う
ペニーレイン12.jpg

「すごいクマ! 広いクマ!!」

お好きなお席へどうぞ、と案内されて、
ご機嫌で奥に進んでいくケルくん。

ペニーレイン13.jpg

立ち飲み用のテーブルや
ペニーレイン14.jpg

半個室のようなテーブル席も
ペニーレイン15.jpg

「ここがいいかクマ?」

ケルくんは、1番奥の眺めのいい席に座ろうと椅子を引きました。

ペニーレイン16.jpg

「な、なんだ!?
 珍妙な形の琵琶がぶら下がっているぞ!!」

テーブルの上から辺りを見渡したウメッピは、びっくり仰天!

ペニーレイン17.jpg

「すごいクマ! こっちにもいっぱいぶらさがってるクマ!!」

「変わった鼓だな!!!」

ペニーレイン18.jpg

店内には、ビートルズの機材のレプリカが展示されている
ペニーレイン19.jpg

「写真も貼ってあるクマ!!」

「おそらく、ペニー家の思い出の写真なんだろう」

ペニーレイン20.jpg

見晴らしのいい場所で店内を見渡していたケルくんは、
少しリッチな席を見つけたようです。

「ウメさん、あそこの席にしようクマ!!」

ペニーレイン21.jpg

「僕、お金持ちになったみたいクマ〜!!!」

大きな革張りのソファに、ケルくんは大喜び。

ペニーレイン22.jpg

「テーブルに置いてある、これは一体何だ?」

「なんだか、石みたいクマ」

ペニーレイン23.jpg

卓上の不思議な石に首を傾げながらも、ケルくんたちは
とりあえずメニューを開くことにしました。

ペニーレイン24.jpg

パンやライスが食べ放題
ペニーレイン25.jpg

ハンバーグなどのグリル料理や
ペニーレイン26.jpg

シチューにパスタ
ペニーレイン27.jpg

サラダやちょっとしたアラカルト
ペニーレイン28.jpg

ドリンクメニューも豊富
ペニーレイン29.jpg


「ご注文は、以上でよろしいですか?」

ケルくんたちの注文を復唱した店員さんは、
卓上の石の上から、紙のコースターを2匹の前にそれぞれ置き、
石の中にあるキャンドルに火を灯すと、厨房の方へと戻っていきました。

「なるほど、こういうことだったのか」

「ロマンティックな灯りクマ〜」

ペニーレイン30.jpg

少しして、パンの乗ったお皿が運ばれてきました。

チーズパン、ロールパン、くるみパン・・・
バリエーションに富んだパンが盛られています。

「これが本当に、食べ放題なのかクマ!?」

ペニーレイン31.jpg

中央のベーカリーで販売されているパンが、食べ放題
ペニーレイン32.jpg

「これも、これも!
 みんな美味しいクマ〜!!!」

ケルくんが頬袋いっぱいにパンを詰め込んでいる内に、料理が運ばれてきました。


ペニーレイン・ハンバーグ
ペニーレイン33.jpg

厚みのあるハンバーグ
ペニーレイン34.jpg

「それは、潰した芋か!?
 なんともハイカラな飾り付けだな!!」

ペニーレイン35.jpg

肉汁が溢れ、かなり柔らかめ
ペニーレイン36.jpg

「おっ! オレの、海鮮焼き飯も来たようだな!」

シーフードパエリア
ペニーレイン37.jpg

貝やエビなど、具沢山
ペニーレイン38.jpg

ペニーレイン・ハンバーガー
ペニーレイン39.jpg

海の幸のマリアージュ(グリル)
ペニーレイン40.jpg


「う〜ん、このソースも美味しいクマ〜!!!」

「ペニー家の味、恐るべしだな!」

「美味しいものをおなかいっぱい食べれば、
 スタミナがついて、たくさん走れるに違いないクマ!!」


何度も頷きながらフォークを口に運ぶケルくんとウメッピが、
お店の由来について本当のことを知るのは、まだまだ先のことになりそうだったのでした。


 ◆◆◆


イオンモールの駐車場の一角にある建物
ペニーレイン41.jpg

中央のパン屋さんでは、焼きたてのパンを販売
ペニーレイン42.jpg

パンだけでなく、ケーキも販売している
ペニーレイン43.jpg

左から、リンゴスター、ブルーベリーブレッド、栗のデニッシュ(季節限定)
ペニーレイン44.jpg

パンを入れてくれる袋もオシャレ
ペニーレイン45.jpg

パン屋さんは20時で閉まってしまうので注意
ペニーレイン46.jpg

右端の入り口はドッグカフェ
ペニーレイン47.jpg

広いドッグランも設置してある
ペニーレイン48.jpg

==============================================

ビートルズは、主に1960年代に活動した
イギリス・リヴァプール出身のロックバンド
(1970年に事実上解散)

シングルは22作発売し、その内17作が全英チャートで1位を獲得
ギネスに『最も成功したグループアーティスト』と認定されている

ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、
リンゴ・スターの4人で構成され、絶大な人気とともに、後の音楽業界に多大な影響を及ぼした


「ペニーレイン」("Penny  Lane")は、1967年にビートルズが発表した
14枚目のシングル曲である

ジョン・レノンの住んでいたペニー・レイン通りの響きを気に入ったポール・マッカートニーが、過ぎ去りし子どもの頃の思い出を歌った曲であるが、
この曲のヒットによりPenny Laneの標識の盗難が相次ぎ、一部では標識を廃止し、ペンキで描かれるようになったほどである

==============================================


イオンモールつくばの敷地内に、独立して建てられたレストラン

店内は3つのエリアに分かれ、右からドッグカフェ、パン屋さん、レストランで、入口もそれぞれ分かれている


レストラン内には、ビートルズの音楽が流れており
洗練された空間で、優雅な時間を過ごすことが出来る

ベーカリーには、リンゴスターというアップルデニッシュや
ピースマークのバゲットなど、ビートルズにちなんだパンもあり
インターネットでもパンの販売を行っている

ドッグカフェでは、天気のいい日はカフェテラスで
愛犬とお食事を楽しめる他、店舗の外にはドッグランを設置しており、
のびのびと遊ばせることができる


栃木県の那須に本店がある他、同県の鶴田、岡本にも店舗があり、
茨城県には、このつくば店のみ

ビートルズファンも、そうでない人も楽しめる
ちょっと大人の雰囲気のお店である



【ベーカリー&カフェレストラン PENNY LANE (ペニーレイン) つくば店】

アクセス:茨城県つくば市稲岡66-1 イオンモールつくば敷地内
     (車)圏央道「つくば牛久IC」より1分
     (電車)常磐線「ひたち野うしく駅」からバス14分、またはTX「つくば駅」からバス20分

営業時間:(レストラン)9:00〜22:00(L.o.21:30)
(ベーカリー、ドッグカフェ)9:00〜20:00

定休日:年中無休

TEL:029-896-6165
http://imagine.nasunogahara.co.jp/


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.22 Monday
  • 08:00

食マニア

【絶品にんにくダレの焼き鳥 河童】

JUGEMテーマ:グルメ


「確か、この辺だったと思うんだけどクマ〜」

今日のケルくんは、6号国道を道沿いに、1匹で歩いていました。
すっかり日も落ちて、車の灯りがケルくんを照らしては通り過ぎていきます。

ウメッピとのお出かけで何度かこの辺りを通るたびに、
何やらとてもいい匂いがしていたのを、ケルくんは覚えていたのです。


(あの匂いは、きっと焼き鳥に違いないクマ!!)

そう思ったケルくんは、お金を貯め、ウメッピが別行動をする日を見計らい、
こうしてお店を探すことにしたのでした。

「あっ! この匂いクマ!!」

立ち止まって、くんくんと匂いを吸い込むケルくんの目に
鮮やかな赤い提灯が飛び込んできました。

河童1.jpg

「煙がたくさん、店内から漏れ出ているクマ!!!」

視界が白く霞むほど大量の煙にのってお店の外まで、何やら香ばしい匂いが漂ってきています。どうやら、ここで間違いなさそうです。
ケルくんは、期待に胸を膨らませながら、お店の戸を開けました。

河童2.jpg

「いらっしゃいませ!」

店内には、まずカウンター、お座敷、
どうやら奥の方では、賑やかな飲み会が行われているようです。

「これは、なんだかいい雰囲気の居酒屋さんクマ!!」

河童3.jpg

純和風の店内には、メニューがびっしり
河童4.jpg

「ここの、囲炉裏のあるお座敷にするクマ!」

ケルくんは、お座敷にあがると
ちょこんと座布団の上に座りました。

河童5.jpg

「にんにくダレ、甘タレ、塩・・・ どれにしようかクマ〜」

手元のメニュー以外にも、壁にたくさんのメニューが貼ってあるので、
漏れがないように、じっくり眺めているうちに、お通しのお漬物が運ばれてきました。

「このお漬物、にんにくが効いているクマ!」

注文を済ませたケルくんは、ぽりぽりとお漬物を噛み締めながら、
料理が出来上がるのを待つことにしました。

河童6.jpg



「お待たせしました!」

まず運ばれてきたのは、なんと鯨のベーコン。


「これが、ベーコン!?」

ジューシーなベーコンを想像していたケルくんの予想を裏切り、
見た目は、まるでハマチのお刺身のようです。

鯨のベーコン
河童7.jpg

「ハムのような、魚のような・・・
 今までに食べたことのない食感クマ!」

鯨の下あごから腹部にかけての縞状の部分を「畝須(うねす)」と呼び
それを燻製加工(その際に赤く着色)したものが、鯨のベーコン

河童8.jpg

メンチカツ
河童9.jpg

ついに、お待ちかねの焼き鳥が運ばれてきました。

「お肉が、大きいクマ〜!!」

焼き鳥(塩)
河童10.jpg

塩に続いて、看板メニューともいえる
にんにくタレ。

「これは・・・ すごい!
 強烈なまでの、にんにくの風味クマ!!!」

焼き鳥(にんにくタレ)
河童11.jpg

焼き鳥に舌鼓を打つ内に、運ばれてきたのは豚骨。

「僕、豚骨って初めて食べるクマ〜」

河童12.jpg

「この、甘酸っぱいお味噌につけて食べるんだクマ?」

しばらく無言になり、もしゃもしゃと豚足をかじるケルくん。

豚骨は冷たく、酢味噌で食べる
河童13.jpg

囲炉裏を囲む、素朴な木のテーブル
河童14.jpg

お店のおばちゃんも親しみやすく、常連客が多いお店である
河童15.jpg

「このにんにくタレは絶品クマ! 
 美味しくて、とまらんクマ〜!!!」

にんにくの風味に食欲が刺激され、山のように焼き鳥を注文するケルくん。

「うーん、幸せクマ〜」

河童16.jpg

居酒屋の定番、枝豆
河童17.jpg

たこの唐揚げ
河童18.jpg

アスパラベーコン
河童19.jpg


おなかいっぱい、にんにく焼き鳥を食べて、
ご機嫌で帰ってきたケルくん。

「ウメさん、ただいまクマ〜!!」 ムハァァァァ

「おう!戻ったか、ケルぼ・・・うっ!? 臭い!!?!???」 バタリ


ケルくんの全身から立ち上る、にんにくの強烈な匂いに
包まれるや否や昏倒し、目覚めたときには、一部記憶が飛んでいるという、
なんとも散々な目にあったウメッピだったのでした。



 ◆◆◆



『河童』と書かれた赤提灯が目印

ひたちなか市の6国沿いにある
焼き鳥が名物の居酒屋さん

中でも、甘辛い「にんにくダレ」の焼き鳥が人気

ラストオーダーが21時と少し早めである


人気店なので、早めに来店しないと駐車場は大抵埋まっており、
来店しても入れないことや、
帰りに出られないお客さんがいるたびに、車を移動し直したりする必要がある


砂利を敷いた駐車場で、隣とかなり
すれすれにとめることになるので、運転が苦手な方も注意!


【河童(かっぱ)】

アクセス:茨城県ひたちなか市田彦513
ひたちなかの『はま寿司』付近の6号国道沿い

営業時間:17:00〜22:00(L.o.21:00)
      ※ドリンクL.o.21:30

定休日:日曜、祝祭日

TEL:029-274-0512

http://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080102/8001455/

 
記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.15 Monday
  • 08:00

食マニア

【奥久慈卵のとろーりクリームパン パン工房 ぐるぐる】

JUGEMテーマ:おいしいパン


「いや〜、今日は気持ちいいくらいの秋晴れだな!」

「あの雲、綿菓子みたいで美味しそうクマ〜」


今日は、暑くもなく寒くもない、快適な一日です。

ひたちなか市を散歩していたケルくんたちは、
空を見上げてうーん、と伸びをしました。

「ん? ぐるぐる?」

見上げた先に何かの看板を見つけて、目をこらすウメッピ。

ぐるぐる1.jpg

「パン工房って書いてあるクマ!!」


お店の前は、車でいっぱい。
袋を持って出てきた人が帰っていくと、すぐに新しい車がやってきて
お客さんが途切れることはありません。

「ほほう、なかなか人気のあるパン屋のようだぞ!」

ぐるぐる2.jpg

「ぐるぐるって、なんだか可愛い名前だクマ〜」

ぐるぐる3.jpg

「む!! なんだ、あの写真は・・・」

ぐるぐる4.jpg

「とろーりクリームパン!! 美味しそうクマ!!!」

ぐるぐる5.jpg

クリームパンの魔力に惹き寄せられたケルくんたちは、
お店に入ってみることにしました。

ぐるぐる6.jpg

「わあ、いい匂いクマ〜!」

店内の空間は、たくさんのパンの香ばしい匂いに包まれていて、思わずケルくんたちは胸一杯に空気を吸い込みました。

ぐるぐる7.jpg

「すごい、もう売り切れてるパンがたくさんあるクマ!」

ぐるぐる8.jpg

「たくさんあって、どれにしようか迷うな!」

ぐるぐる9.jpg

「究極のメロンパンは、中に塩バタークリームが入っているらしいクマ!」

「ふむ・・・ なかなか独創的だな!!」

ぐるぐる10.jpg

お店の中央には、一際高く積まれた丸いパン・・・

ぐるぐる11.jpg

「おっ! ケル坊、これじゃねえか?」

ウメッピは、外で見たクリームパンらしきものを見つけて、目を輝かせました。

「抹茶に、チョコまであるクマ〜!」

ぐるぐる12.jpg

山積みになったクリームパンは、見るからに、ふんわりと柔らかそうです。

ぐるぐる13.jpg

ウメッピがトレイにクリームパンを乗せようとしている間に、
店内を回ったケルくんは、パン屋さんには珍しい冷凍庫を見つけました。

「アイスを売ってるクマ?」

ぐるぐる14.jpg

「あっ!!!!」

覗き込んだケルくんが見つけたのは、またしてもクリームパンです!

「クリームパンを、凍らせて売ってるクマ!?」

ぐるぐる15.jpg

「ほう! 凍らせた状態で食っても旨いのか!!
 これはすごいぞ!!!」

クリームパンののったトレイに、凍ったクリームパンを追加するウメッピ。

ぐるぐる16.jpg

店内からは、パンを作っているところが見えて
その手つきに、ウメッピは感心しきりです。

ぐるぐる17.jpg

「あっ! また、新しいパンが焼けたみたいクマ!!」

ぐるぐる18.jpg

店内には焼きあがり時間表が掲示してあるので、
食べたいパンの焼きたてを狙うことができる

ぐるぐる19.jpg

パンだけでなく、クッキーなどの洋菓子や
ぐるぐる20.jpg

茶葉やサイダー、ジャムなども販売
ぐるぐる21.jpg

「お持ち帰りの時間はどのくらいですか?
 こちらのクリームパンは、要冷蔵のお品ですので、冷蔵庫で保存して、当日の内にお召し上がりくださいね!」

「もはや、パンの域を超えたクリームパンだな!!!」


「早速、座って食べるクマ! 待ちきれないクマ!」

イートインスペースには、ウォーターサーバーが設置してあり
自由に飲むことができるようになっていました。

「無料の水とは、なんとも粋な心遣いだな!」

ぐるぐる22.jpg

「まずは・・・」 ガサガサ


「これにするクマ!!!」

「人気ランキング1位だというしな!」

ジャーン!
ぐるぐる23.jpg

クリームパンを手に取ったケルくんは、その柔らかさにびっくり!

「うわわわ! 中に、こんなにたっぷりクリームが!!!」

「すげえ!!!」


溢れ出さんばかりに包まれていたのは、
カスタードとホイップを混ぜたエアリーなカスタードクリーム・・・

「これはまるで、シュークリームのようクマ!!!」

「パンというより、洋菓子のような贅沢さだな!」

ぐるぐる24.jpg

右上から時計周りにクリームパン、コロッケパン、カレーパン、
カエルパン(チョコ)、クロワッサンB.C.

ぐるぐる25.jpg

外のベンチで食べていくこともできる
ぐるぐる26.jpg

そのとき、夢中でパンを食べ進めるケルくんたちの前を、
不思議な容器を持って歩いて行くお客さんの姿が・・・

「あれは一体、何クマ!?」


「当店のパンを使用した、パン屋さんのアイスクリームですよ!」

レジのお姉さんが、血走った目でお客さんの手元を凝視するケルくんに、
優しく教えてくれました。

「パン屋のアイスだと!?」

「シュガーラスクと、塩ラスクをトッピングしてあるんです!」

「なるほど、旨そうだ!」

ぐるぐる27.jpg

お姉さんからアイスを受け取り、目を輝かせるケルくん。

「これは、すごいクマ!
 ラスクとアイスのコラボなんて、初めてクマ!!!」

ぐるぐる28.jpg

満足気にアイスを平らげたケルくんでしたが、袋の中を覗いて大慌て!

「凍っていたクリームパンが、すっかり溶けてしまったクマ!
 これは、ここで食べてしまって、もう一度買って帰るしかないクマ!!」


天然なのか強かなのか、クリームパンを頬に詰め込むケルくんを背に
すっかり諦めモードで、新たなクリームパンをトレイに乗せるウメッピだったのでした。



 ◆◆◆



ひたちなか市の昭和通りから、少し入ったところにあるパン屋さん

1番人気は
焼き上がったパンにクリームを注入してある
『奥久慈卵のとろーりクリームパン』


さっくりした独特のクッキー生地に塩バタークリーム入りの
『究極のメロンパン』や

B(バター)C(クロワッサン、クッキー、ケーキ)ということで
バターたっぷりの『クロワッサンB.C.』

香ばしいナッツで飾られている『シナモンロール』など
洋菓子のような趣向を凝らしたパンが多い


夜まで営業しているが、人気のパンは早々に売り切れてしまうため、
早めの来店が◎


【パン工房 ぐるぐる (ぱんこうぼう ぐるぐる)】

アクセス:茨城県ひたちなか市中根3174-6
昭和通りの大戸屋脇の道を斜めに入って左側、雑貨店『ape』の跡地

営業時間:9:00〜19:00
定休日:水曜日

TEL:029-219-8520
http://www.e-guruguru.net/

記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.08 Monday
  • 08:00

食マニア

【徳島ご当地うどんと巨大天ぷら たらいうどん 椛や】

JUGEMテーマ:グルメ


内原イオンからの帰り道・・・
おなかがすいたケルくんたちは、どこかで晩ごはんを食べて帰ることに。

「そういえばケル坊、このあたりに
 食べログでも評判のたらいうどん屋があるそうだぞ!」

「たらいうどん?
 大盛りのうどんのことかクマ?」

もはや、たらいが意味を成していない程に山盛りに形成された
盛り盛りのうどんタワーを思い浮かべるケルくん。


「いいかケル坊、うどんってのは、全てが讃岐うどんなわけじゃねぇ・・・ 
 色んな種類のうどんがあるんだぜ!」

「うどんは、うどんじゃないのかクマ!?」

「讃岐うどんは香川県だが、たらいうどんは徳島県だ!
 わりと違いがあってな・・・ 
 まあ、《百聞は一見に如かず》だ、食いに行ってみようぜ!!!」



 ◆◆◆



ガサガサ・・・ パキッ


「うう・・・ ここ、通っていいのかクマ?
 誰かの家の敷地だったりしないのかクマ?」

折れた小枝を踏みしめ、車がすれ違えるのかどうかも怪しそうな細い細い道を
灯りもなく歩いていくケルくん。

頭の上には、毟れんばかりに毛を握り締めたウメッピ。

「ウメさん、いたいクマ〜
 僕の頭頂部が無毛地帯になってしまったら、どうするクマ〜」

「オ・・・ オレは、鳥目なんだ!」 ブルブル



「あっ!!!」

突然、たくさんの車がとまった、少し開けた空間に出たケルくん。

「ウメさん、のれんが出ているクマ! きっとあそこクマ!」

たらいうどん1.jpg



   《 や っ て る よ 》



「やってるらしいぞ!」

「よかったクマ〜!」

(不安になる客が、多いんだろうな・・・)

たらいうどん2.jpg

季節ごとに変り種も出ている
たらいうどん3.jpg

「おっ! 蚊取り線香とは、なんとも風流だな!」

たらいうどん4.jpg

「いらっしゃいませ!」

店内に入ると、ケルくんたちは、
温かなオレンジ色の光に迎えられました。

たらいうどん5.jpg

「ほう、ここで靴を脱いで、畳の座敷にあがるようだな!」

土間から畳の間へとあがるケルくんたち。

たらいうどん6.jpg

店内は、歴史ある古民家を利用した造り
たらいうどん7.jpg

「外が見える、ここにするクマ!」

ケルくんたちは、縁側に接した円卓の席に座ることにしました。

たらいうどん8.jpg

「早速だが、この店の一番のオススメはなんだ!?」

「お豆腐に天ぷら、うどんにデザートの付いた
 『もみじやお勧めデザート付セット』ですね!」

「では、それを頼む!」

「釜揚げうどんと冷やしうどんは、どちらになさいますか?」

「ウメさんと僕で、それぞれにするクマ!!」



オススメのセットを頼んだケルくんたち。

しばらくして、まず運ばれてきたのは・・・・

「お豆腐になります!
 10分程して、火が消えましたら食べ頃ですので!」

「ほう、これは面白いな!」

「待ちきれないクマ〜」

昔ながらのあつあつ豆腐
たらいうどん9.jpg

豆腐の鍋とにらめっこしているケルくんたちの元へ
次に運ばれてきたのは・・・

「な、なんだあああ!?!?!??」


ジャーン!
たらいうどん10.jpg

「こんなに大きな天ぷら、見たことないクマ!」

「このさつまいもなんて、オレよりもデカイぞ!!」


ザクザクとした厚めの衣を噛み締めるケルくん。

「この、黒い四角い天ぷらは、一体何クマ?
 ちょっとしょっぱい味がするクマ!」

「これは、おそらく昆布だろう!
 初めて食ったが、肉厚で柔らかく不思議な食感で旨いな!!」

「エビも、プリップリクマ〜!!」

さつまいもの天ぷらの圧倒的な存在感
(内容は季節によって多少変動する)

たらいうどん11.jpg

そしていよいよ、お待ちかねの・・・


ドーン!
たらいうどん12.jpg

バーン!
たらいうどん13.jpg

「すごい迫力クマ! もう、テーブルの上に乗り切らないクマ!!」

テーブルの上の巨大な天ぷら、そして2つのたらいの迫力に
圧倒されるばかりのケルくん。



「そろそろ、豆腐ができたようだ!」

固形燃料が消えた鍋の蓋をとってみると・・・


「わっ! お豆腐ができてるクマ!」

たらいうどん14.jpg

豆乳はすっかり固まり、ほかほかの豆腐ができあがっていました。
つるんとした滑らかな食感は、まるで杏仁豆腐のようです。

「豆の甘みがあって、何もつけなくても旨いぞ!!」

たらいうどん15.jpg

たらいの中のうどんを、張り切ってお箸で掴んだケルくんは、
掬い上げてみてびっくり仰天!

「な、長いクマ!!!」

うんと背伸びして、お箸を高々と掲げても、
まだまだ先端がみえないうどん・・・

出汁の入った器に何度手繰り寄せても、まだ半分以上の長さが
たらいの中に残っています。

たらいうどん16.jpg

たらいの中のうどんは、もしかして全て繋がっていて
この1本しかないんじゃないだろうか・・・とケルくんが疑い始めた頃、
ようやくうどんは、ケルくんの器にちゅるんと全て収まりました。

「たらいうどんって、長いんだクマ〜」

すすりきれず噛み切りながら、もぐもぐとうどんを食べ進めるケルくん。



「いやあ、食った食った!!
 予想以上にボリューム満点だったな!!」

天ぷらと2つのたらいのうどんを完食したケルくんたち。

「そういえば、デザートも付いてるんだったクマ!」

豆腐ブラマンジェ
たらいうどん17.jpg

お豆腐で作った白玉あんみつ
たらいうどん18.jpg

「一人で3種類も食べられるなんて、贅沢クマ〜!」

「白玉に豆腐を使うとは、やるな!!」



すっかりおなかいっぱいで、レジに向かったケルくんたち。

店内では煮干や花かつお、芋焼酎など持ち帰りの品も販売している
たらいうどん19.jpg

「よかったらそこの縁側で、やっていってください!
 バケツも置いてありますんで!」

店員さんがレシートと一緒に、2匹に渡してくれたのは・・・
なんと線香花火!

たらいうどん20.jpg

「なんとも粋な心遣いだな!」

「綺麗クマ〜」

徳島の味と、終わりゆく夏の夜の匂いを
十分に堪能したケルくんたちだったのでした。


 ◆◆◆



熱々の釜揚げうどんと、コシの強い冷やしうどんを提供
たらいうどん21.jpg

ガラス越しに麺打ち・麺切りの様子を見学できる
たらいうどん22.jpg


築140年の古民家を改装した、風情のある
うどん専門店である

わかりにくい場所にあるので、ナビがあると◎


讃岐の釜揚げうどんと徳島のたらいうどんは別物であり、
丸亀製麺のような讃岐麺を想像していると、違いに驚かされる

たらいうどんはやや柔らかめでコシが弱く
太くむちっとした弾力で、かなり長いのが特徴

日本人はコシがありもちっとした食感を好むので
讃岐うどんを好む人の割合が多いといわれるが、
たらいうどんの素朴な味わいも、乙なものである


麺は常陸大宮市の契約農家から仕入れる地粉で
小麦、塩、水だけを使い丹念に踏み、鍛え上げ、丁寧に寝かし、
揉んでは麺棒で透かし打ち、手切り包丁で切り上げている

出汁については、京都の老舗乾物屋から仕入れる
こだわりの煮干、鰹節、昆布などを使用している


シンプルなたらいのうどんだけでなく
トマトうどん、カレーうどん、ゴマだれうどん、煮込みうどんなど
季節ごとに様々なうどんを出しているのも魅力!

「おなかいっぱいで帰ってもらいたい」という願いから、
気持ち多めで提供しているとのことで、
小食の人には苦しいほどボリューム満点なので、注意!


【たらいうどん 椛や (たらいうどん もみじや)】

アクセス:茨城県水戸市有賀町1021
水戸ICより車で10分(内原イオンから2km)

営業時間:11:00〜21:00(L.o.20:00)
TEL:029-259-4826
定休日:無休
http://taraiudon-momijiya.cocolog-nifty.com/


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.01 Monday
  • 08:00

食マニア

【サイフォン珈琲の和テイストなカフェ 倉式珈琲店】

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


「ショッピングモールは、涼しいし楽しいクマ〜」

「夏休みの家族連れが、集結する理由もわかるよな・・・」

外のうだるような暑さを避け、イオンモール水戸内原で快適にショッピングをしていたケルくんとウメッピ。皆考えることは同じらしく、たくさんの家族やカップルで、店内はごった返しています。


「ウメさん・・・
 僕、小腹がすいてきちゃったクマ」

「そうだな・・・ そろそろ一息いれるか」

キョロキョロとあたりを見回すウメッピの目に、なにやらレトロな雰囲気のお店が飛び込んできました。

倉式珈琲1.jpg

「おお、なかなか雰囲気のいい店だな!」

倉式珈琲2.jpg

「うわあ、パフェがたくさんクマ!」

倉式珈琲3.jpg

「かき氷も、美味しそうクマ〜!」

倉式珈琲4.jpg

「わらびもち なんてのもあるぞ!」

倉式珈琲5.jpg

「こっちは、モンブランのパフェクマ!」

倉式珈琲6.jpg

「トーストパフェ!? すごすぎるクマ〜!!!」

「よし、ここに入ろうぜ!!!」

倉式珈琲9.jpg

「でも・・・
 珈琲に甘いものだけじゃ、おなかにたまらないクマ・・・」

「案ずるなケル坊! こっちを見てみろ!!」

倉式珈琲7.jpg

「サンドイッチに、カレーまであるクマ!?
 ここにするクマ!!!」

倉式珈琲8.jpg

ごはんも食べられると知って、ケルくんのおなかも一安心です。

「いらっしゃいませ!」


「僕、あそこの席がいいクマ!」

落ち着いた雰囲気の店内
倉式珈琲10.jpg

「ああ、どれにしようクマ〜」

「おっ! サイフォンの珈琲があるじゃねえか!」

パフェの種類が豊富
倉式珈琲11.jpg

とりあえず、ごはんもので小腹を満たすケルくん。

昭和のナポリタンライス
倉式珈琲13.jpg

「コーヒーと黒糖は、合うんだな!!」

黒蜜コーヒーゼリー
倉式珈琲14.jpg

「どーん! すごいクマ!!!」 キラキラキラ

「これは頼むだろうと思ったぜ・・・
 あとは、食後の珈琲だけだな!」

大喜びで、デザートのフルーツトーストパフェに噛り付くケルくんを見ながら、ウメッピは首を傾げます。

(はて・・・今日は、やけに大人しいな!
 ケル坊も、分別というものをやっと身につけたのか?)

若干の物足りなさを感じている自分を必死で否定しながら、
食後の珈琲を待つウメッピ。

フルーツトーストパフェ
倉式珈琲15.jpg

「お待たせしました! スペシャリティサイフォン珈琲
 《タンザニア エーデルワイス農園のキリマンジャロ》でございます」

「おお、来たか!」

「変な形クマ・・・
 サイホンって、一体何クマ?」


首を傾げるケルくんを見て、ウメッピの瞳がキラリと光ります。

「オホン! サイフォンとは、気圧によって湯を移動する仕組みを持った、珈琲を抽出するための器具だ!」

得意げに小さな胸を張るウメッピ。

サイフォンで一杯立ての珈琲を楽しめる
倉式珈琲12.jpg

「まず下側の容器に入った湯を加熱して沸騰させ、蒸気圧による加圧により上側の容器へ湯を移動させ、粉状の豆から珈琲を抽出する!次に、下側の容器への加熱を中断し冷却すると、水蒸気から水への凝固により減圧が起き、大気圧により上側の容器から下側の容器に、抽出された珈琲が押し戻され、濾過布によって粉と珈琲が分離される仕組み・・・」 ペラペラ

「こちら、マンゴーフルーツ大福と、わらびもちパフェ、マンゴーミルク氷、
 きなこティラミス黒ゴマアイス添えになります!」

「アーッ! またやりやがったなァァア!!!!」


思わず目を剥きながらも、どこか安心している自分を否定しきれない、
複雑な心境のウメッピだったのでした。


 ◆◆◆


わらびもちパフェ
倉式珈琲16.jpg

果肉たっぷりマンゴーミルク氷(夏季限定)
倉式珈琲17.jpg

ランチは11:00〜14:00である (11:00まではモーニング)
倉式珈琲18.jpg

1周年を記念したお得なセットも
倉式珈琲19.jpg


イオンモール水戸内原の3Fにあり、
サンマルクカフェ、鎌倉パスタなどを経営する
サンマルク系列の喫茶店

厳選された各種コーヒー豆を一杯立てで楽しめる他、
ミルク紅茶、抹茶ラテ、和のテイストを大切にしたスイーツや
パフェ、サンドイッチなどを提供している

落ち着いて和の雰囲気を感じる店内は
老若男女問わず、利用しやすいカフェである



【倉式珈琲店(くらしき こーひーてん) イオンモール水戸内原店】

アクセス:茨城県水戸市中原町字西135
イオンモール水戸内原3F

営業時間:10:00〜22:00(L.o.21:30)
定休日:イオン水戸内原に準じる

TEL:029-257-0309
http://www.saint-marc-hd.com/brand/kurashiki_cafe.html



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村
(ブログランキングサイトです)
  • 2014.08.25 Monday
  • 08:00