Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

お散歩マニア

【巨大はに丸タワー くれふしの里古墳公園】

JUGEMテーマ:自然


「今日は、焼き物のお祭りでもあるのかクマ?」

ケルくんたちは、ランチを済ませていい気分で、緑の中を歩いていました。
ここは、内原のイオンからほど近い森の中・・・


「この辺だと思ったんだがなあ」

辺りをキョロキョロを見回すウメッピ。

実は、この付近の上空を飛んでいるときに、何か
それはそれは大きな不思議な物体が、地上から視界に飛びこんできたのです。

そのときは、もう空が薄暗くなりかけていたために、
日を改めて今日、ケルくんを連れて確認しにきてみたのでした。

「それにしても、一体ここは、何なんだ?」

くれふし1.jpg

「うおっ!?」

「すごい笠間焼きクマ!!」

「はにわだろ!!!」

くれふし2.jpg

「くれふしの里・・・?」

「ほう、ここは古墳のある公園だったのだな!」

「ウメさんが見たものは、ここにあるのかクマ?」

ケルくんたちは、ウメッピが見た謎の物体を探しに
公園の中を探検してみることにしました。

くれふし3.jpg

「《コフン》って、一体何クマ?」

「まぁ、簡単に言えば、昔の偉い人の墓だな」

「これ、お墓なのかクマ!!??」 ガーン

前方後円墳が6基、帆立貝型前方後円墳が1基、円墳6基と
合計16基もの古墳が密集している、特殊な古墳群である

くれふし33.jpg

たくさんの古墳を見て周ったケルくんたち。

「わあ、面白そうな遊具クマ!!」

近くには遊具を置いた広場があり、ケルくんもウメッピも
ちょっと変わった遊具に乗って、大喜びです。

くれふし4.jpg

「なんだ、これは・・・・・・・」

「肉まんかクマ?」 グゥー

くれふし5.jpg

「これは・・・
 もう、わけがわからん・・・」

「芸術が爆発しているクマ!」

くれふし6.jpg

休憩所の屋根も、前方後円墳の形になっている
くれふし7.jpg

休憩所で一休みしたケルくんたちは、木々の間を抜けて
公園の奥まで行ってみることにしました。

くれふし8.jpg

「ケル坊よ、
 心なしか、何か不思議なものが見えてきた気がするんだが・・・」

「ウメさん・・・ 僕も、多分同じものを見ているクマ・・・」

くれふし9.jpg

「なんだ??」

くれふし10.jpg

「まさか・・・」

くれふし11.jpg

ジャーン
くれふし12.jpg


「はにわだ!!!!」

「でっかいクマ〜!!!!」


ドドーン!
くれふし13.jpg

「上空から見えていたのは、こいつか!!!」

ケルくんたちは、はにわの周りをぐるぐる周って大興奮!


「?? 不思議な穴があいてるクマ〜」


「ケル坊! こっちから中に入れるみたいだぞ!!」

「今、行くクマ〜!!」

ケルくんは、首を傾げたものの、
深く考えないことにして、ウメッピを追いかけていきました。

くれふし14.jpg

「『はに丸タワー』なる建物らしいぞ!!」

「かっこいいクマ!!!」

「17.3mって、ダイダラボウの野郎より高いじゃねえか!!!」

大串貝塚の、やたら腰の低かったダイダラボウを思い出して、
ウフフと笑うケルくん。

くれふし15.jpg

早速ケルくんたちは、タワーに登ってみることにしました。

「最近、階段を登ってばかりな気がするクマ〜」 フウフウ

「それ以上に食ってるんだから、頑張れよ!!」

くれふし16.jpg

「なんだ? これは・・・ 焼き物の、飾りか?」

くれふし17.jpg

階段を登りながら、角を曲がったとたん・・・


「!!!!!!!」

「!!?!???」

くれふし18.jpg

突然現れた巨大なはにわの顔に、飛び上がるケルくんとウメッピ。


「び、びっくりさせやがって・・・」 ドキドキ

(小林 ●子の仲間か・・・?)

くれふし19.jpg

はにわの隣に貼られたプレートを見つけたケルくん。

「希望のはにわ?」

「えー、何何、《はにわの口にそっと手をいれてごらん。古代から、宇宙からのメッセージがあなたに届くよ。》」

「宇宙と繋がってるクマ!?」

くれふし20.jpg

「ケル坊、手を入れてみろ!!!」

「えぇっ!?」

おそるおそるケルくんが手をいれてみましたが・・・・



「・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・」

くれふし21.jpg

「何も起こらないな・・・」

「壊れちゃってるのかクマ?」

内心少しホッとしながら、手を引き抜くケルくん。
心底残念そうなウメッピ。


「おっ! はにわの隣にも何かあるぞ!!」 ワクワク

「メロディーサウンド?」

「《はにわのメッセージを聞いたかい。コインを入れて、耳を当ててごらん。美しい世界が広がるよ。》・・・ なんだこりゃ?」

「こっちも故障中みたいクマ〜」

くれふし22.jpg

「ケル坊! 屋上に着いたぞ!」

はに丸の頭の上にあるタワーの屋上は、
小さな展望台になっていました。


「ヤッホークマ〜!!!」

「これは、なかなか見晴らしがいいな!!」

くれふし23.jpg

上から見ると、古墳の形状もよくわかる
くれふし24.jpg

筑波山や、イオンモール水戸内原などもよく見える
くれふし25.jpg

展望台にはサウンドパイプが設置されており、タワーの中と地上に声が届く
(手前は避雷針)

くれふし26.jpg

「・・・ここなら、周りに誰もいないな!!」

周りをキョロキョロと確認したウメッピは、ケルくんを手招きすると
そっと耳元にくちばしを近付けました。

「ケル坊よ、実は、前からずっと気になっていたんだが・・・
 シー姐さんの歳って、一体いくつなんだ??」 ヒソヒソ

くれふし27.jpg


サウンドパイプの中を伝って、タワーの外へと拡散された声は、
なんと大音量で、芝生の広場に響き渡っています。

偶然広場でケルくんを見かけ、追いかけてタワーを登ろうとしていたシーちゃんは、デリカシーのない会話の内容に、激おこ!

くれふし28.jpg

そんなこととはつゆ知らず、ナイショのお喋りに花が咲くケルくんたち。

数分後、スッキリとした顔でタワーを降りてきたところを、
鬼神と化したシーちゃんから、こってりと絞られたケルくんとウメッピだったのでした。


 ◆◆◆


はに丸タワーの前は芝生の広場になっており、お弁当を広げる家族も
くれふし29.jpg

古代と現代の融合を感じさせるフォルム
くれふし30.jpg

自然の中で解説の看板を見ながら、古墳について勉強できる
くれふし31.jpg

遊具広場にあるトイレも古代風である
くれふし32.jpg


あまり知られていない公園だが、
巨大な「はに丸タワー」のおかげで、実は珍スポットマニアの間では人気の高いスポット

奈良の大仏が14.98m、大串貝塚のダイダラボウが15.25m、
そして「はに丸タワー」は、なんと17.3mもの高さを誇る

正式名称は「牛伏古墳群」といい、前方後円墳や円墳など
16基もの古墳が密集した、意外にもきちんとした史跡公園である

食べログで高評価のたらいうどんのお店 『椛や』から、570mという場所にあり、イオンモール水戸内原からも近い


園内には、埴輪が出土した真面目な古墳群と
17.3メートルもの「はに丸タワー」、
(タワー内に「希望のはにわ」「メロディーサウンド」「サウンドパイプ」)

子どもの楽しめる遊具広場などがあり、
桜の季節には、お花見のスポットとしても人気がある

※「希望のはにわ」「メロディーサウンド」は、故障していることがあるので、広い心と大人の態度でB級スポットを楽しもう!



【くれふしの里 古墳公園 (くれふしのさと こふんこうえん)】


アクセス:茨城県水戸市牛伏町201-2
常磐自動車道「水戸IC」より国道50号線を笠間方面へ15分

営業時間(はに丸タワー):4月1日〜9月30(9:00〜17:00)
                10月1日〜3月31日(9:00〜16:00)

※この時間帯以外はタワーに鍵がかかっており、中に入れないので注意!
公園自体の入園時間は自由である

入場料:無料

休園日:なし

TEL:029-259-4044(内原中央公民館)
http://www.city.mito.lg.jp/000271/000273/000294/001083/p001512.html



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.10.03 Friday
  • 08:00

食マニア

【茨城県インドカレーランキング1位 印度屋 らんがる】

JUGEMテーマ:グルメ


ひたちなか市の昭和通りをジョギングしていたケルくんたちは、
水戸行きの上りの電車が来るまで、まだ時間があることを確認して、ぶらぶらと東口に戻ってきました。

「どうせ時間があるのだから、どこかで昼食をとっていくか」

「賛成クマ〜!!」


「この辺は、焼き鳥やら、いつもいい匂いがしているよな」

「焼き鳥というより、スパイシーな匂いがしているクマ」

「ん? 確かにそうだな・・・
 まさか、この辺にカレー屋なんて・・・」


「「あった!!!」」

らんがる1.jpg

「こんな目の前にあるのに、今まで気付かなかったぞ!」

「カレー&ナン!!!」

早速、立て看板に駆け寄るケルくん。

らんがる2.jpg

「あっ! ランチをやってるクマ!」

らんがる3.jpg

ランチは14時頃まで、ディナーは18時から
らんがる4.jpg

「この日本でカレーを嫌いな奴なんて、いないよな!」

「ここの2階にあるのかクマ?」

らんがる5.jpg

階段を登りきると、右手に扉が現れました。

「ここのようだな! たのもー!!」

らんがる6.jpg


 ガチャッ


扉を開けると、すぐにカウンターが見えました。

「イラッシャイマセ!」

インド人らしき店主が、白い歯を見せて
爽やかな笑顔で2匹を迎えてくれました。

「おっ! これは、本場のカレーが期待できそうだな!」

らんがる7.jpg

こじんまりとした、アットホームな店内
らんがる8.jpg

店内には、インド風なインテリアが並ぶ
らんがる9.jpg

「異国の文化を感じる店内だな!」

「あっ! なんだか不思議なものが飾ってあるクマ」

らんがる10.jpg

「これは・・・ 印度の神なのか?」

「きっと、ありがたいものなんだクマ〜」

らんがる11.jpg

「メニューを選ぶクマ!!」

(この象は・・・ いかん、突っ込んだら負けだ!!!)

らんがる12.jpg

「レディースセットが、1番よさそうクマ〜」

「何! れでぃーすだと!?」

「・・・僕、女の子に見えるかクマ?」

「ケル坊さん、『僕』だなんて、はしたなくってよ!!」 キュピーン

「そ、そうねクマ! おほほほクマ!!」


「注文よろしいかしら!?」

「?」

不思議そうな顔の店主に、
小指を立てながら、レディースセットを注文する2匹。

レディースセットは、男性でも頼むことができる
らんがる13.jpg

ディナーには、また違うセットが用意されている
らんがる14.jpg

ラッシーやチャイなどの他に、インドのお酒も
らんがる15.jpg

「あら! 早速来たわね!」

「ウメさん、はいおしぼり!ですわクマ」

「ケル坊さん、おしぼりで顔を拭くのはみっともなくてよ!」

濃厚なマンゴーラッシーは、なんとセットのドリンクで選択可能
らんがる16.jpg

ミニサラダ
らんがる17.jpg

ついに、メインのカレーのお皿がテーブルに運ばれてきました。

ベタベタしないように、焼きたてのアツアツのナンは
ペーパーの上に乗せられています。

「すごいっ!!
 中でチーズがたっぷりとろけてるクマ!!」

もちもちで厚みのあるナンは、ほんのりと甘みがあって美味しく
ケルくんは、肉球をやけどしそうになりながらちぎっては食べ、
カレーをつけずに1枚ぺろりと食べてしまいました。

「このパリパリしたスナックみたいなのも、美味しいクマ〜」

チーズナン、キーマカレー(上)とバターチキンカレー(下)
らんがる18.jpg

「ややっ! このナンは、菓子のようだな!!」

ウメッピも、レディースでいることを忘れて
夢中でナンをついばみます。

カブリナンは、レーズンやナッツなどの果実や木の実、
クミンなどのスパイスが練り込まれたココナッツ風味の甘いナン。

「菓子のようなナンを、スパイシーなカレーにつけると
 なんとも不思議な組み合わせで、これはクセになりそうだな!」

ウメッピは、ケルくんよりも辛めでカレーを頼んだので
その辛さに顔まで真っ赤になっています。

「うーん、辛い!!旨い!!!」

カブリナン、キーマカレー(上)と日替わりのカレー・ほうれん草(下)
らんがる19.jpg

あっという間にナンを食べてしまった2匹は、
おかわりできるプレーンのナンで、本場のカレーを楽しみました。


弾力のあるナンは、かなりのボリュームで
ぺこぺこだったケルくんたちのお腹も、すっかり大満足です。

「あっ! デザートがついてたんだったクマ!!」

「そうよね! 女子は甘いもので締めるのが定番だもの!!」 キュピーン

(ウメさん、ノリノリクマ・・・!!)

デザートは、日によって異なる(画像はチョコアイス、コーヒープリン)
らんがる20.jpg

「美味しかったわ! ケル坊さん、また来ましょうね!!」

「そ、そうねクマ・・・」

美味しいカレーとナンで、ぱんぱんになったお腹をさすりながら、
ウメッピが何かに目覚めてしまったのではないかと、少し心配になったケルくんだったのでした。



 ◆◆◆



お店の自慢のナンは、それだけで食べても美味しい
らんがる21.jpg

本格派のカレーは、もちろんライスとの相性も抜群である
らんがる22.jpg

インドのスパイシー炊き込みご飯である『ビリヤーニ』は
日本人に好まれるインド料理のひとつである

らんがる23.jpg

カレー以外にも、タンドール(窯)料理、揚げ物、炒め物など
インドの料理をたっぷり楽しむことができる

らんがる24.jpg

サラダやナン、デザートなどと組み合わせたお得なセットも
らんがる25.jpg

宴会も、メニュー以外にも予算に合わせて相談に応じてくれる
らんがる26.jpg

駅チカなので、飲み会にも便利
らんがる27.jpg

本場インドのお客さんも納得の、美味しいカレー屋さんである
らんがる28.jpg


茨城で1番ともいわれる人気のインド料理(カレー)店

勝田駅の東口(海浜公園や長崎屋方面の出口)を出て
すぐの交番の向かいにあり、非常に分かりやすい立地である

インド人のラナさんと日本人のシャンティママさんとで経営しており、
東京の蒲田にある人気カレー店『シャングリーラ』で修行したその味は
本格派でありながら、絶妙に日本人好みにアレンジされている


ランチでは、ナンがおかわり自由なのも嬉しい
(最初のナンの種類は選べて、おかわりはプレーンナン)

店長オススメの『レディースセット』は、
カレーが2種類選べ、ライスorナン食べ放題、サラダやドリンク、デザートまでついた、腹ペコのレディースも満腹のお得なセットになっている

ナンの1番人気は『チーズナン』だが、
日本ではそこまでメジャーでない、ココナッツ風味の甘いナン
『カブリナン』を味わえる数少ないお店でもある

カレーは、チキンカレー、バターチキン(トマト)、マトンカレー(羊)、
キーマカレー(挽肉)、ベジタブルカレー、ブロンカレー(エビ)、
ダールカレー(豆)、本日のカレーの、8種類の中から選ぶことができ、
辛さも、甘口、中辛、辛口、激辛の4段階から選べる


小さいお店だが人気店なので、階段まで列ができることも

お会計のときに市営駐車場の駐車券提示で、
100円の駐車券をもらえる




【印度屋 らんがる (いんどや らんがる)】

アクセス:茨城県ひたちなか市勝田中央3-13 2F
      常磐線勝田」駅より徒歩1分(東口出てすぐ)

営業時間:(月〜金) 11:30〜14:30(L.o.14:00)
              18:00〜23:00(L.o.22:00)

      (土) 11:30〜15:00(L.o.14:30)
          18:00〜23:00(L.o.22:00)

      (日・祝) 11:30〜15:00(L.o.14:30)
            18:00〜22:00(L.o.21:00)


定休日:不定休

TEL:029-276-0310

http://www.hotpepper.jp/strJ000715683/



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.29 Monday
  • 08:00

ゆるくまにあ!

ゆるくまにあ! 《第31話》

JUGEMテーマ:ものがたり


「じゃあ、そろそろ出発するか!!」

「ドキドキするクマ〜」

笠間稲荷神社に来ていたケルくんとウメッピ。
今日は、笠間の稲荷兄弟から、栽培している栗をみんなで拾おうと誘われて
はるばるやってきたのです。


「それにしても、栗の栽培までやっていたとはな・・・」

「茨城県は、明治30年頃から栗の栽培を開始して
 栽培面積、生産量ともに、栗の生産地として全国第一位だからな」

「一位なだけじゃなくて、実が大きくって美味しいから
 茨城の栗は、全国的に有名なお菓子屋さんとかに、よく使われているんだよ!」

「中でも、笠間の栗っていうのは、有名でな・・・
 10月には『笠間新栗まつり』も開催されるしな」

「栗まんじゅう、モンブラン、栗のパウンドケーキ、栗トリュフ、栗ソフトクリーム、マロンパフェ、栗プリン、栗ミルクジャム、栗甘納豆、栗タルト・・・

 お菓子だけじゃなくて、栗おこわ稲荷、栗釜飯、栗スープ、栗のカレーシチュー、栗会席にフレンチの栗フルコースまで、笠間ではあちこちのお店で栗を使った料理を食べられるんだよ!!」

「知らなかったクマ〜」

栗拾い1.jpg

「モンブラン・・・栗ご飯・・・栗ようかんに、栗きんとん・・・!!
 栗の料理って、みんな美味しいクマ〜」

「それだけじゃねえ!
 カリウムはリンゴの4倍、ビタミンCは温州みかんと同じくれえあるしよ、
 食物繊維だってサツマイモより多く含まれてんだ」

「兄者、昨日の夜必死に勉強してたの、
 役に立って、よかったね!!」

「・・・・・何のことだかわからねえな!!!」

栗拾い2.jpg


 ガサ   ガサ  


「この辺だな・・・ 
 ああ、いい具合に実ってるみてえだな」

栗拾いポイントに着いたケルくんたちは、
辺りの木々を見渡しました。


「おおお!!!」

「栗がなってるクマ〜!!!!」

イガの間からこぼれ出さんばかりに、たわわに実った大きな栗に
ケルくんたちのテンションもMAXです。

栗拾い3.jpg

地面にも、足の踏み場がないくらい、たくさんのイガが転がっています。

「これだけ落ちていると、苦労して大きな籠を背負ってきた甲斐も
 あるというもんだぜ!!」

「ウメさん、出発からずっと
 籠ごと僕の頭の上にいt・・・・ 目がぁぁぁ! 目がぁぁぁぁぁ!!」

不満気に口をとがらせたケルくんに、光速で目潰しを食らわせると
パタパタと地面に降り立つウメッピ。

栗拾い4.jpg

「こうやって、トングで掴んで集めて
 足を上手く使ってイガを剥いて、中身の栗を出すんだ、いいか?」

まず、キツネの兄者が栗を拾ってお手本を見せます。

栗拾い5.jpg

ケルくんたちは、鋭いイガにおっかなびっくり
そっとイガを踏みつけてみると、ポロン、と中身が転がり落ちました。

「取れた!!!」

「すげえええ!!!」


「皮に張りと光沢があって、ずっしり重てえやつが、旨い栗だから覚えとけよ」


 ザクッ   ザクッ   ポロン!


「どんどん採れるクマ〜!!」

「オレの栗が、1番旨そうだぜ!!」

コツを掴んできたケルくんたちは、次から次へと栗を拾っては
イガを足で踏み、中の栗をカゴへポーイ!!


「イガが、いたいクマ〜」

「ケル坊、イナリの坊主!!
 火ばさみ暦ウン百年、毎日五右衛門風呂を焚いて鍛えたこのオレの、
 鮮やかな手付きを見ろ!!!」


 ワー ワー


「兄者! 今年の栗拾いは、すっごく賑やかで楽しいね!!」

「そうかイナリ、よかったな」

嬉しそうなイナリくんを見て、キツネの兄者も
胸がポカポカして、なんだかいい気持ちになりました。

栗拾い6.jpg


「ん? この栗は、一体どうしたのかクマ??」

カゴを地面に降ろして一休みのケルくん。

何やら、所々が黒ずんだ栗が、まとめてこそっと置いてあるのを見つけて、
思わず首を傾げました。

不思議な色をしていますが、ツヤツヤで大きく、丸々として
とっても美味しそうな栗です。

栗拾い7.jpg

「こんなに美味しそうな栗なのに、どうしてここに置いておくのかクマ?
 みんな、持ち帰らないのかクマ??」

しめしめと手にとったケルくんが、何気なく栗を
くるっと裏返してみると・・・・




「バーブゥー」

「!!!??!?!???」

栗拾い8.jpg

「どうしたケル坊!?」

しりもちをついたケルくんに駆け寄るウメッピ。


「あぁ、そこらへんに置いた栗は、虫に食われてたから、除けておいたんだ!
 驚かせて、すまねえな」

「兄者の栗は 《ノーヤク》を使ってないから、ときどき虫に食べられちゃうことがあるんだって!」

「ふむ・・・ 消毒していない、安全な栗である証拠だな!」

「なーんだ、びっくりしたクマ〜」

「バブバーブゥー」


 ◆◆◆


たくさん落ちていた栗も、あらかた綺麗に取り尽くされて、
ケルくんたち栗拾い隊は、心地よい疲労感とともに、うーん、と伸びをしました。隊員たちのカゴは、秋の恵みで満タンです。


「お前さん方・・・ よかったら、また来年も拾いに来てくんねえか
 こんだけあると、とても食いきれねえからよ!!」

「兄者の栗、とっても美味しいから、早く食べてみてね!!」

丸々とした栗のぎっしり詰まったカゴを背負ったキツネの兄者とイナリくんは
大きく手を振りながら、見えなくなるまでケルくんたちを見送ってくれました。



「栗拾い、とっても楽しかったクマ!」

「早速、帰ったら皮むきだな!」

ケルくんたちも、ほくほくの栗に思いを巡らせながら
うんしょ、うんしょと、それぞれのカゴを背負って歩きます。


「そうだケル坊よ! これだけたくさん採れたんだ、
 シー姐さんにも、お裾分けしてやろうぜ!!」

「ウメさん!
 それは、とってもいいアイデアクマ!!!」

ウメッピの提案に、ケルくんも大喜びです。

栗拾い9.jpg

「こっちの籠に、詰めていこうぜ!!」

「大きい栗・・・ あっ!これクマ!!
 これと、これも!!」

ケルくんは、大きなカゴから、可愛らしいバスケットへと
ポイポイと栗を詰め込みました。

栗拾い10.jpg

こうしてケルくんとウメッピは、早速、栗の入ったバスケットを大事そうに抱えると、シーちゃんの暮らしている家へと、出かけていったのでした。


《第32話へつづく!》


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.26 Friday
  • 08:00

食マニア

【ベーカリー&カフェレストラン PENNY LANE つくば店】

JUGEMテーマ:グルメ


秋の風も爽やかな、つくば山へ登ってきたケルくんとウメッピ。
すっかり日も落ちて、2匹のおなかもぺこぺこです。

「この辺りのお店は、あまりよく知らないクマ〜」

「案ずるなケル坊よ!
 こんなときこそ、困ったときのイオンモールだぜ!!」

「さすがウメさんだクマ〜」


標識をたどり、ケルくんとウメッピがイオンモールつくばに辿り着くと
広い駐車場は車でいっぱいです!

「これだけの人が、あの建物の中に詰め込まれていると思うと
 なんだかすごいよな・・・」

腕組みして、駐車場を見渡すウメッピ。

「あれ? ウメさん、あの建物は、一体何クマ?
 あそこはイオンモールではないのかクマ?」

ケルくんが指差す方を見ると、駐車場に隣接するように、
独立した建物が建っています。

「むう、なんだあれは・・・」

ペニーレイン1.jpg

目を凝らしてみると・・・
センスよくライトアップされ、なんとも洒落た建物のようです。

「これは気になるな! 行ってみようぜ!」

ケルくんたちは、灯りに照らされた道を通って
その建物に入ってみることにしました。

ペニーレイン2.jpg


 ゴツン!

「いたいクマ〜」

周りをキョロキョロよそ見しながら歩いていたケルくんは、
何かにぶつかって尻餅をつきました。

「どうしたケル坊!
 う、うわわァァー!?」 ドキーン

建物の手前には、これまたオシャレな犬の銅像が
ちょこんと座って置かれているのでした。

「な、なんだ、銅像か・・・」

ドキドキしている心臓を押さえて、
平静を装うウメッピ。

ペニーレイン3.jpg

おでこのたんこぶを摩りながら、お店のロゴを見上げるケルくん。

「ペニー・・・ ラン?
 一体、どういう意味クマ?」

「ふむ・・・ ペニーがランなんだろ?
 要するに、ペニーが走っているんだろう」

「なるほどクマ!
 じゃあ、この4人がペニーなのかクマ?」

「そういうことになるな!
 そして、その上に掲げられた印が、ペニー家の家紋だということだ」

「えぇっ!?
 じゃあつまり、ペニー家の人たちが、家のために奔走しているということを表しているのかクマ!?」

「そうだ! 4人で家紋を支えている・・・ つまり、『三本の矢』的なことを言っているんだな!
 見ろ、この4人の猛者の力強い走りを!!」

ペニーレイン4.jpg

ドヤ顔で中央の扉を開けようとしたウメッピは、
鍵がかかっているのを見て、首を傾げました。

「なんだ? こんなに煌々と灯りがついているのに、閉まっているのか?」


右手の入り口にまわってみても、そちらも開きません。

ペニーレイン5.jpg

「えぇい、こうなったら左だ!!」

ペニーレイン6.jpg

「あっ! 人がいるクマ!!!」

「ケル坊! レストランと書いてあるようだぞ!!」

ペニーレイン7.jpg

「22時までやってるみたいだし、安心クマ!!」

ペニーレイン8.jpg

ガチャッ

「いらっしゃいませ!!」

扉を開いた途端、そこに広がっていたのは・・・

ペニーレイン9.jpg

「うわあ、なんだかキラキラした空間だクマ〜」

ケルくんは、思わず目を輝かせました。


「中央の扉は、こっちのエリアに繋がっていたのだな!」

そこはどうやらパン屋さん。
営業時間が終了してしまったようで、ショーケースには布がかけられています。

「もう夜の9時近くだからな、仕方ないか・・・」

ペニーレイン10.jpg

グラスやアルコールの瓶が並ぶカウンター
ペニーレイン11.jpg

大人な雰囲気が漂う
ペニーレイン12.jpg

「すごいクマ! 広いクマ!!」

お好きなお席へどうぞ、と案内されて、
ご機嫌で奥に進んでいくケルくん。

ペニーレイン13.jpg

立ち飲み用のテーブルや
ペニーレイン14.jpg

半個室のようなテーブル席も
ペニーレイン15.jpg

「ここがいいかクマ?」

ケルくんは、1番奥の眺めのいい席に座ろうと椅子を引きました。

ペニーレイン16.jpg

「な、なんだ!?
 珍妙な形の琵琶がぶら下がっているぞ!!」

テーブルの上から辺りを見渡したウメッピは、びっくり仰天!

ペニーレイン17.jpg

「すごいクマ! こっちにもいっぱいぶらさがってるクマ!!」

「変わった鼓だな!!!」

ペニーレイン18.jpg

店内には、ビートルズの機材のレプリカが展示されている
ペニーレイン19.jpg

「写真も貼ってあるクマ!!」

「おそらく、ペニー家の思い出の写真なんだろう」

ペニーレイン20.jpg

見晴らしのいい場所で店内を見渡していたケルくんは、
少しリッチな席を見つけたようです。

「ウメさん、あそこの席にしようクマ!!」

ペニーレイン21.jpg

「僕、お金持ちになったみたいクマ〜!!!」

大きな革張りのソファに、ケルくんは大喜び。

ペニーレイン22.jpg

「テーブルに置いてある、これは一体何だ?」

「なんだか、石みたいクマ」

ペニーレイン23.jpg

卓上の不思議な石に首を傾げながらも、ケルくんたちは
とりあえずメニューを開くことにしました。

ペニーレイン24.jpg

パンやライスが食べ放題
ペニーレイン25.jpg

ハンバーグなどのグリル料理や
ペニーレイン26.jpg

シチューにパスタ
ペニーレイン27.jpg

サラダやちょっとしたアラカルト
ペニーレイン28.jpg

ドリンクメニューも豊富
ペニーレイン29.jpg


「ご注文は、以上でよろしいですか?」

ケルくんたちの注文を復唱した店員さんは、
卓上の石の上から、紙のコースターを2匹の前にそれぞれ置き、
石の中にあるキャンドルに火を灯すと、厨房の方へと戻っていきました。

「なるほど、こういうことだったのか」

「ロマンティックな灯りクマ〜」

ペニーレイン30.jpg

少しして、パンの乗ったお皿が運ばれてきました。

チーズパン、ロールパン、くるみパン・・・
バリエーションに富んだパンが盛られています。

「これが本当に、食べ放題なのかクマ!?」

ペニーレイン31.jpg

中央のベーカリーで販売されているパンが、食べ放題
ペニーレイン32.jpg

「これも、これも!
 みんな美味しいクマ〜!!!」

ケルくんが頬袋いっぱいにパンを詰め込んでいる内に、料理が運ばれてきました。


ペニーレイン・ハンバーグ
ペニーレイン33.jpg

厚みのあるハンバーグ
ペニーレイン34.jpg

「それは、潰した芋か!?
 なんともハイカラな飾り付けだな!!」

ペニーレイン35.jpg

肉汁が溢れ、かなり柔らかめ
ペニーレイン36.jpg

「おっ! オレの、海鮮焼き飯も来たようだな!」

シーフードパエリア
ペニーレイン37.jpg

貝やエビなど、具沢山
ペニーレイン38.jpg

ペニーレイン・ハンバーガー
ペニーレイン39.jpg

海の幸のマリアージュ(グリル)
ペニーレイン40.jpg


「う〜ん、このソースも美味しいクマ〜!!!」

「ペニー家の味、恐るべしだな!」

「美味しいものをおなかいっぱい食べれば、
 スタミナがついて、たくさん走れるに違いないクマ!!」


何度も頷きながらフォークを口に運ぶケルくんとウメッピが、
お店の由来について本当のことを知るのは、まだまだ先のことになりそうだったのでした。


 ◆◆◆


イオンモールの駐車場の一角にある建物
ペニーレイン41.jpg

中央のパン屋さんでは、焼きたてのパンを販売
ペニーレイン42.jpg

パンだけでなく、ケーキも販売している
ペニーレイン43.jpg

左から、リンゴスター、ブルーベリーブレッド、栗のデニッシュ(季節限定)
ペニーレイン44.jpg

パンを入れてくれる袋もオシャレ
ペニーレイン45.jpg

パン屋さんは20時で閉まってしまうので注意
ペニーレイン46.jpg

右端の入り口はドッグカフェ
ペニーレイン47.jpg

広いドッグランも設置してある
ペニーレイン48.jpg

==============================================

ビートルズは、主に1960年代に活動した
イギリス・リヴァプール出身のロックバンド
(1970年に事実上解散)

シングルは22作発売し、その内17作が全英チャートで1位を獲得
ギネスに『最も成功したグループアーティスト』と認定されている

ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、
リンゴ・スターの4人で構成され、絶大な人気とともに、後の音楽業界に多大な影響を及ぼした


「ペニーレイン」("Penny  Lane")は、1967年にビートルズが発表した
14枚目のシングル曲である

ジョン・レノンの住んでいたペニー・レイン通りの響きを気に入ったポール・マッカートニーが、過ぎ去りし子どもの頃の思い出を歌った曲であるが、
この曲のヒットによりPenny Laneの標識の盗難が相次ぎ、一部では標識を廃止し、ペンキで描かれるようになったほどである

==============================================


イオンモールつくばの敷地内に、独立して建てられたレストラン

店内は3つのエリアに分かれ、右からドッグカフェ、パン屋さん、レストランで、入口もそれぞれ分かれている


レストラン内には、ビートルズの音楽が流れており
洗練された空間で、優雅な時間を過ごすことが出来る

ベーカリーには、リンゴスターというアップルデニッシュや
ピースマークのバゲットなど、ビートルズにちなんだパンもあり
インターネットでもパンの販売を行っている

ドッグカフェでは、天気のいい日はカフェテラスで
愛犬とお食事を楽しめる他、店舗の外にはドッグランを設置しており、
のびのびと遊ばせることができる


栃木県の那須に本店がある他、同県の鶴田、岡本にも店舗があり、
茨城県には、このつくば店のみ

ビートルズファンも、そうでない人も楽しめる
ちょっと大人の雰囲気のお店である



【ベーカリー&カフェレストラン PENNY LANE (ペニーレイン) つくば店】

アクセス:茨城県つくば市稲岡66-1 イオンモールつくば敷地内
     (車)圏央道「つくば牛久IC」より1分
     (電車)常磐線「ひたち野うしく駅」からバス14分、またはTX「つくば駅」からバス20分

営業時間:(レストラン)9:00〜22:00(L.o.21:30)
(ベーカリー、ドッグカフェ)9:00〜20:00

定休日:年中無休

TEL:029-896-6165
http://imagine.nasunogahara.co.jp/


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.22 Monday
  • 08:00

爽健美マニア

【城里町の温泉&温水プール ホロルの湯】

JUGEMテーマ:日帰り温泉


水戸市森林公園でジョギングしてからの帰り道、
”湯”という文字を見つけて、立ち寄ることにしたケルくんとウメッピ。

「おっ! 見ろケル坊! ダムだぞ!!」

「大きいクマ〜!
 でも、本当に、この辺りにお風呂があるのかクマ?」

だんだん、くねくねと細くなってきた山道に
不安そうな顔のケルくん。


「あっ! 広い駐車場に出たクマ!」

「もしかして、あの黄色い建物か??」

ホロルの湯1.jpg


             《 よ う こ そ  ホ ロ ル の 湯 へ 》


ドーン!
ホロルの湯2.jpg

「ホロルの湯・・・
 そういえば、ホロルって、何クマ?」


「それは、私たちのことですホー」

「そうですホー」


「うおっ! なんだお前ら!!」

突然喋り出した看板の鳥たちに、びっくりするウメッピ。


「私たち、城里町のシンボルの木に住んでいるフクロウで
 ホロルと呼ばれているのですホー」

「そうですホー」

ホロルの湯3.jpg

「ここは、温泉と温水プールで、健康になろうという施設なんですホー」

「そうですホー」


「プールがあるのかクマ!?」

「なかなかよさそうだな! 早く行ってみようぜ!!」

ホロルの湯4.jpg

和風風呂と洋風風呂は、日によって男湯と女湯で入れ替わる
ホロルの湯5.jpg

ホロルたちに教えてもらい、館内にやってきたケルくんたち。

「まずはプールで、最後に温泉に入ろうぜ!」

「プールは、こっちクマ!!」

(ケル坊よ・・・ いつの間に浮き輪を持ってきたんだ?)
ホロルの湯6.jpg

「おお! 広い屋内プールだな!!」

「ぽかぽかクマ〜!」

キャップをかぶり、プールエリアに出てきたケルくんたちは
広いプールに目を輝かせました。


「見ろ! これぞ、扇足横泳ぎを基本とし、
 那珂川で修練を積んだ水府流の泳ぎだぜ・・・!!!」 スイッスイッ

ゴーグルを装着し、念入りに柔軟体操をしたウメッピは、
早速25mプールに飛び込み、水戸藩水府流の古式泳法で、横泳ぎを始めています。

水深1.1m、水温30℃の25mプールは
ウィーキング、遊泳、フリーと3つのコースに分かれている

ホロルの湯7.jpg

「すごい! ジャグジーな温水プールなんて、楽しすぎるクマ〜!」

ケルくんは、ぶくぶくと泡の力で浮きながら、大喜びです。

壁面から出ている強力なジャグジー 『ジェットストリーム(低・中・高)』
ホロルの湯8.jpg

首や肩にあてる打たせ湯 『ウォールカーテン』
ホロルの湯9.jpg

プールの底から出ている比較的弱めのジャグジー 『床面ブロワーリング』
ホロルの湯10.jpg

浮力によって、楽に肩や腕の筋力を鍛える 『ウォーターストレッチ』
ホロルの湯11.jpg

座った状態で利用できるジャグジー 『座湯ジェット』
ホロルの湯12.jpg

仰向けに寝た状態で利用できるジャグジー 『寝湯ジェット』
ホロルの湯13.jpg

プールの底から出ている強力なジャグジー 『ジェットストリーム(床)』
ホロルの湯14.jpg

温水プールでは、キャップの着用が必須である
ホロルの湯15.jpg

「楽しかったクマ〜!」

「ケル坊よ、
 次に来たときは、『片抜手一重伸し』という泳法を教えてやろう!」

打たせ湯で修行をしたり、滑り台を楽しんだり、屋外ジャグジーでクロールしたり、
めいめいに温水プールを楽しんだ後、少し疲れたケルくんたちは、2階の休憩室で体を休めることにしました。

ホロルの湯16.jpg

2階の休憩室は、食堂も兼ねている
ホロルの湯17.jpg

「ここは、ごはんを食べることもできるのかクマ?」

「そのようだな!
 そろそろ腹も減ってきたし、何か頼むとするか」

ホロルの湯18.jpg

「ここで食券を買うんだクマ?」

券売機で食券を買ったケルくんは、『食券受付』の窓口へ。

「おなかぺこぺこクマ〜」

食堂のオーダーストップは20:00である
ホロルの湯19.jpg

「あっ! ここがあいてるクマ!」

食事のトレーを持って歩いてきたケルくんは、長机にそれを降ろすと、
休憩室の座布団の上へ、ちょこんと座りました。

ホロルの湯20.jpg

「おいしそうクマ〜!
 いただきまーす!!!」

メニューはどれも、千円以内でおさまるものばかり
ホロルの湯21.jpg

券売機と座布団を何度か往復し、おなかいっぱいになったケルくんたちは
山積みになった食器をセルフで片付けると、ついに、温泉のエリアへと足を踏み入れました。

ホロルの湯22.jpg

「今日はすいてるのかクマ? まるで、貸切みたいクマ!!」

ホロルの湯23.jpg

地元の自然石を使った露天風呂
ホロルの湯24.jpg

全身浴槽(和風風呂)
ホロルの湯25.jpg

湯冷めしにくい薬湯は、森下仁丹を使用したもの
ホロルの湯26.jpg

ドライサウナ
ホロルの湯27.jpg

「やっぱり、露天風呂は最高クマ〜」

「日頃の疲れが癒されるようだな!」

無味無臭だが、少しぬめりを感じる温泉で、すべすべになる
ホロルの湯28.jpg

施設内には売店もあり、茨城のお土産も購入できる
ホロルの湯29.jpg

「いや〜! いい湯だった!!」

「温水プールも、また来たいクマ!!!」


「それはなによりでしたホー」

「そうですホー」

ほくほくと大満足で施設から出てきたケルくんたちを、
出迎える看板のホロルたち。


「17時からの入場ですと、とってもお得なんですホー」

「そうですホー」


「・・・お前ら、そういうことは早く言えよ!!!」

17時以降の入場は、ワンコインで利用できお得である
ホロルの湯30.jpg

今度は夕方から来てみようホーと思う、ウメッピとケルくんだったのでした。


 ◆◆◆


ホロルとは、城里町役場にある樹齢400年の大樹「スダジイ」に
住むとされるフクロウのことである

ホロルの湯31.jpg

この〜木なんの木、と歌い出したくなるシンボル大樹「スダジイ」
ホロルの湯32.jpg

気温や天候に左右されない室内型の温水プールを、100円で使用できる
ホロルの湯33.jpg


城里町にある温泉&温水プールの健康増進施設

常北温泉ともよばれる温泉の泉質は、
体にやさしいとされる無味無臭のアルカリ性単純温泉である

天井以外の壁や床のすべてに抗菌材を使用するなど、
衛生面にも十分な配慮がされている


露天風呂、内湯、ジェットバス、ジャグジー、寝湯、薬湯、サウナ、座湯など
お風呂の種類も豊富

障害者専用浴室(事前予約制)もあり
玄関からバリアフリーになっているので、足の不自由な方や車椅子の方も、
広い浴槽で温泉を楽しむことができる

プールは温水で、25mプールとバーディープール、ジャグジープール、
滑り台のある幼児プールなどがあり、近くに監視員も常駐しているので、お子様も安心!

屋外にもジャグジープールがあるので、露天風呂感覚で楽しむことができる


ホロルの湯で汗を流すことを組み込んだ
蕎麦打ち体験や、寺院巡り、工房見学会など、随時イベントを行っているので、HPを要チェック!

近くには 茨城県城里家族旅行村 藤井ダム『ふれあいの里』という、
町営のオートキャンプ場やケビン、バンガロー、天文台などを備えた施設もあり、その宿泊客が入浴のために訪れることも多い

夕方からは料金が安くなる他、
割引料金で利用することができる会員制度もある



【城里町健康増進施設 ホロルの湯 (しろさとまちけんこうぞうしんしせつ ほろるのゆ】

アクセス:茨城県東茨城郡城里町下古内1829-3
 常磐自動車道「水戸IC」から国道50号、県道52号を城里方面へ7km
            水戸市森林公園すぐそば


営業時間:10:00〜21:00
            (受付は〜20:00)

※浴室、プールの利用時間は20:45まで
 2F食堂のオーダーストップは20:00
 
料金:(平日)大人820円 子ども410円
      (休日)大人1,020円 子ども510円
    (17時以降)大人510円 子ども300円

プール利用料は 大人100円 子ども50円

休館日:毎週月曜日

TEL:029-288-7775
http://www.hororunoyu.jp/


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.19 Friday
  • 08:00

食マニア

【絶品にんにくダレの焼き鳥 河童】

JUGEMテーマ:グルメ


「確か、この辺だったと思うんだけどクマ〜」

今日のケルくんは、6号国道を道沿いに、1匹で歩いていました。
すっかり日も落ちて、車の灯りがケルくんを照らしては通り過ぎていきます。

ウメッピとのお出かけで何度かこの辺りを通るたびに、
何やらとてもいい匂いがしていたのを、ケルくんは覚えていたのです。


(あの匂いは、きっと焼き鳥に違いないクマ!!)

そう思ったケルくんは、お金を貯め、ウメッピが別行動をする日を見計らい、
こうしてお店を探すことにしたのでした。

「あっ! この匂いクマ!!」

立ち止まって、くんくんと匂いを吸い込むケルくんの目に
鮮やかな赤い提灯が飛び込んできました。

河童1.jpg

「煙がたくさん、店内から漏れ出ているクマ!!!」

視界が白く霞むほど大量の煙にのってお店の外まで、何やら香ばしい匂いが漂ってきています。どうやら、ここで間違いなさそうです。
ケルくんは、期待に胸を膨らませながら、お店の戸を開けました。

河童2.jpg

「いらっしゃいませ!」

店内には、まずカウンター、お座敷、
どうやら奥の方では、賑やかな飲み会が行われているようです。

「これは、なんだかいい雰囲気の居酒屋さんクマ!!」

河童3.jpg

純和風の店内には、メニューがびっしり
河童4.jpg

「ここの、囲炉裏のあるお座敷にするクマ!」

ケルくんは、お座敷にあがると
ちょこんと座布団の上に座りました。

河童5.jpg

「にんにくダレ、甘タレ、塩・・・ どれにしようかクマ〜」

手元のメニュー以外にも、壁にたくさんのメニューが貼ってあるので、
漏れがないように、じっくり眺めているうちに、お通しのお漬物が運ばれてきました。

「このお漬物、にんにくが効いているクマ!」

注文を済ませたケルくんは、ぽりぽりとお漬物を噛み締めながら、
料理が出来上がるのを待つことにしました。

河童6.jpg



「お待たせしました!」

まず運ばれてきたのは、なんと鯨のベーコン。


「これが、ベーコン!?」

ジューシーなベーコンを想像していたケルくんの予想を裏切り、
見た目は、まるでハマチのお刺身のようです。

鯨のベーコン
河童7.jpg

「ハムのような、魚のような・・・
 今までに食べたことのない食感クマ!」

鯨の下あごから腹部にかけての縞状の部分を「畝須(うねす)」と呼び
それを燻製加工(その際に赤く着色)したものが、鯨のベーコン

河童8.jpg

メンチカツ
河童9.jpg

ついに、お待ちかねの焼き鳥が運ばれてきました。

「お肉が、大きいクマ〜!!」

焼き鳥(塩)
河童10.jpg

塩に続いて、看板メニューともいえる
にんにくタレ。

「これは・・・ すごい!
 強烈なまでの、にんにくの風味クマ!!!」

焼き鳥(にんにくタレ)
河童11.jpg

焼き鳥に舌鼓を打つ内に、運ばれてきたのは豚骨。

「僕、豚骨って初めて食べるクマ〜」

河童12.jpg

「この、甘酸っぱいお味噌につけて食べるんだクマ?」

しばらく無言になり、もしゃもしゃと豚足をかじるケルくん。

豚骨は冷たく、酢味噌で食べる
河童13.jpg

囲炉裏を囲む、素朴な木のテーブル
河童14.jpg

お店のおばちゃんも親しみやすく、常連客が多いお店である
河童15.jpg

「このにんにくタレは絶品クマ! 
 美味しくて、とまらんクマ〜!!!」

にんにくの風味に食欲が刺激され、山のように焼き鳥を注文するケルくん。

「うーん、幸せクマ〜」

河童16.jpg

居酒屋の定番、枝豆
河童17.jpg

たこの唐揚げ
河童18.jpg

アスパラベーコン
河童19.jpg


おなかいっぱい、にんにく焼き鳥を食べて、
ご機嫌で帰ってきたケルくん。

「ウメさん、ただいまクマ〜!!」 ムハァァァァ

「おう!戻ったか、ケルぼ・・・うっ!? 臭い!!?!???」 バタリ


ケルくんの全身から立ち上る、にんにくの強烈な匂いに
包まれるや否や昏倒し、目覚めたときには、一部記憶が飛んでいるという、
なんとも散々な目にあったウメッピだったのでした。



 ◆◆◆



『河童』と書かれた赤提灯が目印

ひたちなか市の6国沿いにある
焼き鳥が名物の居酒屋さん

中でも、甘辛い「にんにくダレ」の焼き鳥が人気

ラストオーダーが21時と少し早めである


人気店なので、早めに来店しないと駐車場は大抵埋まっており、
来店しても入れないことや、
帰りに出られないお客さんがいるたびに、車を移動し直したりする必要がある


砂利を敷いた駐車場で、隣とかなり
すれすれにとめることになるので、運転が苦手な方も注意!


【河童(かっぱ)】

アクセス:茨城県ひたちなか市田彦513
ひたちなかの『はま寿司』付近の6号国道沿い

営業時間:17:00〜22:00(L.o.21:00)
      ※ドリンクL.o.21:30

定休日:日曜、祝祭日

TEL:029-274-0512

http://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080102/8001455/

 
記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.15 Monday
  • 08:00

ゆるくまにあ!

ゆるくまにあ! 《第30話》

JUGEMテーマ:ものがたり


《炊飯器で簡単ケーキ!》

《材料をハンドミキサーで混ぜて、炊飯器にセットするだけ!!》

《簡単、美味しい!! できたてケーキ!!》


「これは、美味しそうクマ!!」

お菓子作りの本を熱心に読んでいたケルくん。
これなら簡単に作れそう! 早速、張り切って割烹着に着替え始めました。

炊飯器ケーキ事件1.jpg

「えーと、ホットケーキミックスと、砂糖と、サラダ油、卵・・・」

材料の分量を量って用意したケルくんは、
わくわくしながらハンドミキサーを手に取りました。

炊飯器ケーキ事件2.jpg

「まずは、卵白を泡立てるクマ!!」


ブィィィィィィィン

ブィィィィィィィン

炊飯器ケーキ事件3.jpg

「わああ、いい感じに泡立って来たクマ!!」

楽しくなってきたケルくんは、ボウルを抱えたまま
おしりふりふりダンス!!

「もしかして、僕ってパティシエの才能があったクマ!?」

炊飯器ケーキ事件4.jpg

しかし、
ほんの少し調子に乗りすぎてしまったようで・・・


テーブルの上の砂糖の袋に引っかかる、ハンドミキサーのコード。

コードに引っ張られ、卵の黄身の入ったボウルを弾き飛ばした砂糖の袋は、計量済みのサラダオイルの入った容器をなぎ倒し、

びっくりして避けようとしたケルくんが振り上げたハンドミキサーは
天井や壁にメレンゲを撒き散らし

止めようと焦ったケルくんは蛇口を押してしまい、そこにゆっくりと落下するオイルまみれの砂糖の袋。さらに、勢いよく流れ出る水流が辺りに飛散。

愕然として1歩後ずさった途端に、床で潰れていた卵の黄身で足を滑らせ、
後ろの棚に激突し、カゴに入った卵の山と
ホットケーキミックスの入ったボウルをぶちまけるケルくん。

炊飯器ケーキ事件5.jpg



「おーいケル坊! あそこに置いておいた割烹着、知らな・・・・・・・」

廊下をパタパタと飛んできたウメッピが見たのは、
台所の惨状と、粉やら何やらにまみれ、変わり果てたケルくんの姿だったのでした。

炊飯器ケーキ事件6.jpg


《第31話へつづく!》


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.12 Friday
  • 08:00

食マニア

【奥久慈卵のとろーりクリームパン パン工房 ぐるぐる】

JUGEMテーマ:おいしいパン


「いや〜、今日は気持ちいいくらいの秋晴れだな!」

「あの雲、綿菓子みたいで美味しそうクマ〜」


今日は、暑くもなく寒くもない、快適な一日です。

ひたちなか市を散歩していたケルくんたちは、
空を見上げてうーん、と伸びをしました。

「ん? ぐるぐる?」

見上げた先に何かの看板を見つけて、目をこらすウメッピ。

ぐるぐる1.jpg

「パン工房って書いてあるクマ!!」


お店の前は、車でいっぱい。
袋を持って出てきた人が帰っていくと、すぐに新しい車がやってきて
お客さんが途切れることはありません。

「ほほう、なかなか人気のあるパン屋のようだぞ!」

ぐるぐる2.jpg

「ぐるぐるって、なんだか可愛い名前だクマ〜」

ぐるぐる3.jpg

「む!! なんだ、あの写真は・・・」

ぐるぐる4.jpg

「とろーりクリームパン!! 美味しそうクマ!!!」

ぐるぐる5.jpg

クリームパンの魔力に惹き寄せられたケルくんたちは、
お店に入ってみることにしました。

ぐるぐる6.jpg

「わあ、いい匂いクマ〜!」

店内の空間は、たくさんのパンの香ばしい匂いに包まれていて、思わずケルくんたちは胸一杯に空気を吸い込みました。

ぐるぐる7.jpg

「すごい、もう売り切れてるパンがたくさんあるクマ!」

ぐるぐる8.jpg

「たくさんあって、どれにしようか迷うな!」

ぐるぐる9.jpg

「究極のメロンパンは、中に塩バタークリームが入っているらしいクマ!」

「ふむ・・・ なかなか独創的だな!!」

ぐるぐる10.jpg

お店の中央には、一際高く積まれた丸いパン・・・

ぐるぐる11.jpg

「おっ! ケル坊、これじゃねえか?」

ウメッピは、外で見たクリームパンらしきものを見つけて、目を輝かせました。

「抹茶に、チョコまであるクマ〜!」

ぐるぐる12.jpg

山積みになったクリームパンは、見るからに、ふんわりと柔らかそうです。

ぐるぐる13.jpg

ウメッピがトレイにクリームパンを乗せようとしている間に、
店内を回ったケルくんは、パン屋さんには珍しい冷凍庫を見つけました。

「アイスを売ってるクマ?」

ぐるぐる14.jpg

「あっ!!!!」

覗き込んだケルくんが見つけたのは、またしてもクリームパンです!

「クリームパンを、凍らせて売ってるクマ!?」

ぐるぐる15.jpg

「ほう! 凍らせた状態で食っても旨いのか!!
 これはすごいぞ!!!」

クリームパンののったトレイに、凍ったクリームパンを追加するウメッピ。

ぐるぐる16.jpg

店内からは、パンを作っているところが見えて
その手つきに、ウメッピは感心しきりです。

ぐるぐる17.jpg

「あっ! また、新しいパンが焼けたみたいクマ!!」

ぐるぐる18.jpg

店内には焼きあがり時間表が掲示してあるので、
食べたいパンの焼きたてを狙うことができる

ぐるぐる19.jpg

パンだけでなく、クッキーなどの洋菓子や
ぐるぐる20.jpg

茶葉やサイダー、ジャムなども販売
ぐるぐる21.jpg

「お持ち帰りの時間はどのくらいですか?
 こちらのクリームパンは、要冷蔵のお品ですので、冷蔵庫で保存して、当日の内にお召し上がりくださいね!」

「もはや、パンの域を超えたクリームパンだな!!!」


「早速、座って食べるクマ! 待ちきれないクマ!」

イートインスペースには、ウォーターサーバーが設置してあり
自由に飲むことができるようになっていました。

「無料の水とは、なんとも粋な心遣いだな!」

ぐるぐる22.jpg

「まずは・・・」 ガサガサ


「これにするクマ!!!」

「人気ランキング1位だというしな!」

ジャーン!
ぐるぐる23.jpg

クリームパンを手に取ったケルくんは、その柔らかさにびっくり!

「うわわわ! 中に、こんなにたっぷりクリームが!!!」

「すげえ!!!」


溢れ出さんばかりに包まれていたのは、
カスタードとホイップを混ぜたエアリーなカスタードクリーム・・・

「これはまるで、シュークリームのようクマ!!!」

「パンというより、洋菓子のような贅沢さだな!」

ぐるぐる24.jpg

右上から時計周りにクリームパン、コロッケパン、カレーパン、
カエルパン(チョコ)、クロワッサンB.C.

ぐるぐる25.jpg

外のベンチで食べていくこともできる
ぐるぐる26.jpg

そのとき、夢中でパンを食べ進めるケルくんたちの前を、
不思議な容器を持って歩いて行くお客さんの姿が・・・

「あれは一体、何クマ!?」


「当店のパンを使用した、パン屋さんのアイスクリームですよ!」

レジのお姉さんが、血走った目でお客さんの手元を凝視するケルくんに、
優しく教えてくれました。

「パン屋のアイスだと!?」

「シュガーラスクと、塩ラスクをトッピングしてあるんです!」

「なるほど、旨そうだ!」

ぐるぐる27.jpg

お姉さんからアイスを受け取り、目を輝かせるケルくん。

「これは、すごいクマ!
 ラスクとアイスのコラボなんて、初めてクマ!!!」

ぐるぐる28.jpg

満足気にアイスを平らげたケルくんでしたが、袋の中を覗いて大慌て!

「凍っていたクリームパンが、すっかり溶けてしまったクマ!
 これは、ここで食べてしまって、もう一度買って帰るしかないクマ!!」


天然なのか強かなのか、クリームパンを頬に詰め込むケルくんを背に
すっかり諦めモードで、新たなクリームパンをトレイに乗せるウメッピだったのでした。



 ◆◆◆



ひたちなか市の昭和通りから、少し入ったところにあるパン屋さん

1番人気は
焼き上がったパンにクリームを注入してある
『奥久慈卵のとろーりクリームパン』


さっくりした独特のクッキー生地に塩バタークリーム入りの
『究極のメロンパン』や

B(バター)C(クロワッサン、クッキー、ケーキ)ということで
バターたっぷりの『クロワッサンB.C.』

香ばしいナッツで飾られている『シナモンロール』など
洋菓子のような趣向を凝らしたパンが多い


夜まで営業しているが、人気のパンは早々に売り切れてしまうため、
早めの来店が◎


【パン工房 ぐるぐる (ぱんこうぼう ぐるぐる)】

アクセス:茨城県ひたちなか市中根3174-6
昭和通りの大戸屋脇の道を斜めに入って左側、雑貨店『ape』の跡地

営業時間:9:00〜19:00
定休日:水曜日

TEL:029-219-8520
http://www.e-guruguru.net/

記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.08 Monday
  • 08:00

お散歩マニア

【恐竜の森とチーズ工房 水戸市森林公園】

JUGEMテーマ:自然


「ケル坊よ、食欲の秋とはいうが、
 運動の秋も、継続して頑張れよな!」

「ふうふう・・・ もう足があがらないクマ〜」


涼しい風の吹き始めた公園で、ジョギングしていたケルくんとウメッピ。
今日は気分を変えて千波湖ではなく、水戸の森林公園までやってきたのです。

初めて見る園内の景色を楽しみながら、ケルくんはひたすら走ります。
全ては、美味しいごはんを食べるため・・・
美味しいものは、総じてカロリーが高いと決まっているのです。

森林公園1.jpg

細い道を走り、少し開けたところに出た、そのときです!!

「なんだ!?」

「わわわ、こっちを見てるクマ!!」

ケルくんたちの目の前に、突然現れた巨大な生物・・・!!!

森林公園2.jpg

バーン!
森林公園3.jpg

「・・・・?? 動かないクマ」

「・・・・・な、なんだ作り物か・・・」

よく見れば、子供たちが群がって遊んでいます。
巨大な恐竜が模型と知って、ウメッピもホッと一安心。


「滑り台になっているクマ〜」

「なんだかシュールだな・・・」

ディプロドクスは滑り台になっている
森林公園4.jpg

「よく見たら、あちこち恐竜の模型だらけだな!」

「たくさんいるクマ〜!!」

プラテオサウルス
森林公園5.jpg

ステゴサウルス
森林公園6.jpg

トリケラトプス
森林公園7.jpg

ブロントサウルス
森林公園8.jpg

造りは非常にリアルである
森林公園9.jpg

アロサウルス
森林公園10.jpg

アンキロサウルス
森林公園11.jpg

ティラノサウルス
森林公園12.jpg

トラコドン
森林公園13.jpg

マンモス
森林公園14.jpg

「上に乗って遊んでいる子供もいるな」

「みんな楽しそうクマ〜」

森林公園15.jpg

セイムリア
森林公園16.jpg

ディメトロドン
森林公園17.jpg

エダホサウルス
森林公園18.jpg

「なんだ? この弱そうなヤツは・・・」

「噛みつかれても、全然痛くなさそうクマ」

イボゴン(創作怪獣)
森林公園19.jpg

全部で14体もの恐竜(怪獣)が配置されている
森林公園20.jpg

「おっ! ケル坊、ヤギがいるぞ!」

森林公園21.jpg

「ヤギの目って、不思議クマ〜」

「あっちにも、こっちにも、たくさんいるぞ!」

森林公園22.jpg

時期がよければ、可愛い子ヤギとも触れ合える
森林公園23.jpg

うさぎとも触れ合える
森林公園24.jpg

「それにしても、広いクマ!
 僕、おなかがすいてきちゃったクマ・・・」

「ふむ・・・ まぁ、今日は頑張って走ったしな!
 どこかで軽食をとるとするか」

キョロキョロと辺りを見回すウメッピ。


「そういえば、さっきソフトクリームを食べている人がいたクマ!!!」

「どこかに売店があるようだな!」


 ◆◆◆


「ここだな!」

「親切なおじさんが教えてくれて、助かったクマ〜」

森のシェーブル館は、チーズを販売する手作りチーズ工房である
森林公園26.jpg

「すごい! チーズがたくさん売ってるクマ!!」

森林公園27.jpg

「こっちの菓子も、旨そうだな!」

チーズタルトなどのスウィーツも販売
森林公園28.jpg

もちろんシェーブル館オリジナルの製品である
森林公園29.jpg

ウメッピがお土産に、せっせとチーズを選んでいる間に
店内をまわり、飲食スペースを見つけたケルくん。

「ソフトクリーム・・・ サンドイッチ・・・
 チーズのセットもあるクマ!!」

森林公園30.jpg

テラスで自然を感じながら食べることができる
森林公園31.jpg

「なんだか、ここのチーズは妙に色が白い気がするな」

「ウメさん! こっちで食べようクマ!
 早く早く!!!」

--------------------------------------------------------------------

牛乳にはカロチンが含まれているが、
ヤギ乳には含まれていないため、ヤギ乳製品は色が白い

また、ヤギ乳は脂肪球が牛乳に比べ小さいので、消化吸収がよい
ヒトの母乳に1番近いとも言われている

--------------------------------------------------------------------

ソフトクリームは、夏〜秋の時期はヤギ乳入りになる
森林公園32.jpg

ゴーダチーズを挟んだ、特製チーズサンドイッチ
森林公園33.jpg

チーズプレートは、自家製チーズ4種の盛り合わせ
(季節によってチーズの種類は異なる)

森林公園34.jpg

チーズタルトとホエードリンク
森林公園35.jpg

始めてのヤギ乳チーズを心行くまで味わい、お土産も買ったケルくんたちは
ジャンボ滑り台で遊んでから帰ることにしました。

ウメッピは、お土産のチーズの袋とともに中間地点で待機です。


「おーいケル坊! ここだ見えるか!!!」

ご機嫌で滑り落ちていくケルくんに手を振ったウメッピは、
その後ろを滑ってくる影に、目を見張りました。

「ややっ!?」

園内にはジャンボ滑り台もある
森林公園36.jpg

(なんだと・・・!?)

思わず目を擦り、再び滑り台を凝視したウメッピの視界から
影は、忽然と消えてしまっていたのでした。


(・・・・気の所為か・・・・)

疲れているのだろうか?と思わず首を傾げ、
今日は湯船にゆっくり浸かろう、と決めたウメッピだったのでした。



 ◆◆◆



森の交流センターでは、体験教室など各種イベントが行われている
森林公園37.jpg

そば打ちやこんにゃく作り、スウィーツ作りなど料理の体験や
森林公園38.jpg

工作の体験など、様々な体験を楽しめる
森林公園39.jpg

園内の移動は、車が楽である
森林公園40.jpg


水戸市にある140haもの広大な森林公園

140haといえば、東京ディズニーリゾートの
ランドとシーを合わせたほどの敷地面積!

恐竜の実物大模型が立ち並ぶ『恐竜の森』、
チーズやソフトクリームなどを購入できる『森のシェーブル館』、
様々な体験教室が行われている『森の交流センター』、

アスレチックや動物ふれあいコーナーもあり充実している
広いので、園内は車で移動するのが◎

交流センターでの体験教室は予約制なので、HPをチェック!


森のシェーブル館のチーズは、
ALL JAPANナチュラルチーズコンテストで優秀賞を受賞しており
それを目的に来園する人も多い

営業時間は9:00〜16:30で月曜日定休

ヤギ乳100%のチーズ《シェーブル》や、
夏〜秋に食べられるヤギ乳のソフトクリームが人気
(ヤギは乳を出す期間が春〜秋までに限られているため)




【水戸市森林公園(みとし しんりんこうえん)】

アクセス:茨城県水戸市木葉下町588-1
      水戸ICから車で10分

開園時間:6:00〜19:00(4/1〜9/30)
      8:30〜17:15(10/1〜3/31)

休園日:無休(園内施設は月曜定休)
入園料:無料(森の交流センター等の部屋を使用する場合を除く)

TEL:029-252-7500
http://www.mito-shinrinkoen.com/


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.05 Friday
  • 08:00

食マニア

【徳島ご当地うどんと巨大天ぷら たらいうどん 椛や】

JUGEMテーマ:グルメ


内原イオンからの帰り道・・・
おなかがすいたケルくんたちは、どこかで晩ごはんを食べて帰ることに。

「そういえばケル坊、このあたりに
 食べログでも評判のたらいうどん屋があるそうだぞ!」

「たらいうどん?
 大盛りのうどんのことかクマ?」

もはや、たらいが意味を成していない程に山盛りに形成された
盛り盛りのうどんタワーを思い浮かべるケルくん。


「いいかケル坊、うどんってのは、全てが讃岐うどんなわけじゃねぇ・・・ 
 色んな種類のうどんがあるんだぜ!」

「うどんは、うどんじゃないのかクマ!?」

「讃岐うどんは香川県だが、たらいうどんは徳島県だ!
 わりと違いがあってな・・・ 
 まあ、《百聞は一見に如かず》だ、食いに行ってみようぜ!!!」



 ◆◆◆



ガサガサ・・・ パキッ


「うう・・・ ここ、通っていいのかクマ?
 誰かの家の敷地だったりしないのかクマ?」

折れた小枝を踏みしめ、車がすれ違えるのかどうかも怪しそうな細い細い道を
灯りもなく歩いていくケルくん。

頭の上には、毟れんばかりに毛を握り締めたウメッピ。

「ウメさん、いたいクマ〜
 僕の頭頂部が無毛地帯になってしまったら、どうするクマ〜」

「オ・・・ オレは、鳥目なんだ!」 ブルブル



「あっ!!!」

突然、たくさんの車がとまった、少し開けた空間に出たケルくん。

「ウメさん、のれんが出ているクマ! きっとあそこクマ!」

たらいうどん1.jpg



   《 や っ て る よ 》



「やってるらしいぞ!」

「よかったクマ〜!」

(不安になる客が、多いんだろうな・・・)

たらいうどん2.jpg

季節ごとに変り種も出ている
たらいうどん3.jpg

「おっ! 蚊取り線香とは、なんとも風流だな!」

たらいうどん4.jpg

「いらっしゃいませ!」

店内に入ると、ケルくんたちは、
温かなオレンジ色の光に迎えられました。

たらいうどん5.jpg

「ほう、ここで靴を脱いで、畳の座敷にあがるようだな!」

土間から畳の間へとあがるケルくんたち。

たらいうどん6.jpg

店内は、歴史ある古民家を利用した造り
たらいうどん7.jpg

「外が見える、ここにするクマ!」

ケルくんたちは、縁側に接した円卓の席に座ることにしました。

たらいうどん8.jpg

「早速だが、この店の一番のオススメはなんだ!?」

「お豆腐に天ぷら、うどんにデザートの付いた
 『もみじやお勧めデザート付セット』ですね!」

「では、それを頼む!」

「釜揚げうどんと冷やしうどんは、どちらになさいますか?」

「ウメさんと僕で、それぞれにするクマ!!」



オススメのセットを頼んだケルくんたち。

しばらくして、まず運ばれてきたのは・・・・

「お豆腐になります!
 10分程して、火が消えましたら食べ頃ですので!」

「ほう、これは面白いな!」

「待ちきれないクマ〜」

昔ながらのあつあつ豆腐
たらいうどん9.jpg

豆腐の鍋とにらめっこしているケルくんたちの元へ
次に運ばれてきたのは・・・

「な、なんだあああ!?!?!??」


ジャーン!
たらいうどん10.jpg

「こんなに大きな天ぷら、見たことないクマ!」

「このさつまいもなんて、オレよりもデカイぞ!!」


ザクザクとした厚めの衣を噛み締めるケルくん。

「この、黒い四角い天ぷらは、一体何クマ?
 ちょっとしょっぱい味がするクマ!」

「これは、おそらく昆布だろう!
 初めて食ったが、肉厚で柔らかく不思議な食感で旨いな!!」

「エビも、プリップリクマ〜!!」

さつまいもの天ぷらの圧倒的な存在感
(内容は季節によって多少変動する)

たらいうどん11.jpg

そしていよいよ、お待ちかねの・・・


ドーン!
たらいうどん12.jpg

バーン!
たらいうどん13.jpg

「すごい迫力クマ! もう、テーブルの上に乗り切らないクマ!!」

テーブルの上の巨大な天ぷら、そして2つのたらいの迫力に
圧倒されるばかりのケルくん。



「そろそろ、豆腐ができたようだ!」

固形燃料が消えた鍋の蓋をとってみると・・・


「わっ! お豆腐ができてるクマ!」

たらいうどん14.jpg

豆乳はすっかり固まり、ほかほかの豆腐ができあがっていました。
つるんとした滑らかな食感は、まるで杏仁豆腐のようです。

「豆の甘みがあって、何もつけなくても旨いぞ!!」

たらいうどん15.jpg

たらいの中のうどんを、張り切ってお箸で掴んだケルくんは、
掬い上げてみてびっくり仰天!

「な、長いクマ!!!」

うんと背伸びして、お箸を高々と掲げても、
まだまだ先端がみえないうどん・・・

出汁の入った器に何度手繰り寄せても、まだ半分以上の長さが
たらいの中に残っています。

たらいうどん16.jpg

たらいの中のうどんは、もしかして全て繋がっていて
この1本しかないんじゃないだろうか・・・とケルくんが疑い始めた頃、
ようやくうどんは、ケルくんの器にちゅるんと全て収まりました。

「たらいうどんって、長いんだクマ〜」

すすりきれず噛み切りながら、もぐもぐとうどんを食べ進めるケルくん。



「いやあ、食った食った!!
 予想以上にボリューム満点だったな!!」

天ぷらと2つのたらいのうどんを完食したケルくんたち。

「そういえば、デザートも付いてるんだったクマ!」

豆腐ブラマンジェ
たらいうどん17.jpg

お豆腐で作った白玉あんみつ
たらいうどん18.jpg

「一人で3種類も食べられるなんて、贅沢クマ〜!」

「白玉に豆腐を使うとは、やるな!!」



すっかりおなかいっぱいで、レジに向かったケルくんたち。

店内では煮干や花かつお、芋焼酎など持ち帰りの品も販売している
たらいうどん19.jpg

「よかったらそこの縁側で、やっていってください!
 バケツも置いてありますんで!」

店員さんがレシートと一緒に、2匹に渡してくれたのは・・・
なんと線香花火!

たらいうどん20.jpg

「なんとも粋な心遣いだな!」

「綺麗クマ〜」

徳島の味と、終わりゆく夏の夜の匂いを
十分に堪能したケルくんたちだったのでした。


 ◆◆◆



熱々の釜揚げうどんと、コシの強い冷やしうどんを提供
たらいうどん21.jpg

ガラス越しに麺打ち・麺切りの様子を見学できる
たらいうどん22.jpg


築140年の古民家を改装した、風情のある
うどん専門店である

わかりにくい場所にあるので、ナビがあると◎


讃岐の釜揚げうどんと徳島のたらいうどんは別物であり、
丸亀製麺のような讃岐麺を想像していると、違いに驚かされる

たらいうどんはやや柔らかめでコシが弱く
太くむちっとした弾力で、かなり長いのが特徴

日本人はコシがありもちっとした食感を好むので
讃岐うどんを好む人の割合が多いといわれるが、
たらいうどんの素朴な味わいも、乙なものである


麺は常陸大宮市の契約農家から仕入れる地粉で
小麦、塩、水だけを使い丹念に踏み、鍛え上げ、丁寧に寝かし、
揉んでは麺棒で透かし打ち、手切り包丁で切り上げている

出汁については、京都の老舗乾物屋から仕入れる
こだわりの煮干、鰹節、昆布などを使用している


シンプルなたらいのうどんだけでなく
トマトうどん、カレーうどん、ゴマだれうどん、煮込みうどんなど
季節ごとに様々なうどんを出しているのも魅力!

「おなかいっぱいで帰ってもらいたい」という願いから、
気持ち多めで提供しているとのことで、
小食の人には苦しいほどボリューム満点なので、注意!


【たらいうどん 椛や (たらいうどん もみじや)】

アクセス:茨城県水戸市有賀町1021
水戸ICより車で10分(内原イオンから2km)

営業時間:11:00〜21:00(L.o.20:00)
TEL:029-259-4826
定休日:無休
http://taraiudon-momijiya.cocolog-nifty.com/


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.09.01 Monday
  • 08:00